岡本とうふ店の裏に廃線跡発見 おまけに廃車体まで・・・(熊本県小国町)

まさか、あの岡本とうふ店の裏側に宮原線が通っていたとは思ってもいませんでした。

昭和59年に廃止された国鉄宮原線の廃線跡を航空写真でたどっていると、小国町にある老舗豆腐店「岡本とうふ店」に行きつきました。ぶ厚い油揚げで有名なこの豆腐店には、これまで何度も立ち寄っています。まさか、すぐ横に廃線跡があろうとは・・・

たまたま近くを通る用があったので、岡本とうふ店から廃線跡まで歩いてみました。ちょうど雑草の枯れている冬ですし、果たして、路盤上に立つことはできるのでしょうか。

DSCN5327.jpg
豆腐店を出て3分もしないうちに、廃線跡が見えてきました。道路との交差部分にはガーダー橋が架かっていたようで、現在では橋台だけが残っています。

DSCN5326.jpg
▲橋台を挟み、恵良方面から肥後小国方面を眺めて
橋台は肥後小国側にのみ残っていました。恵良側の方は切り崩されて消滅しています。橋台前後の廃線跡はいずれも林道として活用されており、近隣の取付路から路盤上に入ることが可能です。

DSCN5325.jpg
早速恵良方面の路盤に上がってみると、そこには古めかしい自動車の廃車体が打ち捨てられていました。車の正体について調べたところ、どうもマツダの初代ファミリアらしいです。アクセラの遠いご先祖様ですね。

DSCN5324.jpg
宮原線は豆腐店よりも一段高い場所を通っていました。築堤とΩカーブで標高を稼ぎ、涌蓋山麓の高原地帯を横断していたのです。林道はいかにも線路らしい緩やかなカーブを描き、森の奥へと続いていました。

今回の捜索はこれにてオシマイです。

撮影日:2018年1月21日
関連記事

Comment

レラティー

廃線跡や未成線跡って、意外と残っているものですよね。
ただ、古い地図で調べてから行かないと、見逃してしまいますが。

この路線、2県に跨るうえ、非常に短いので、何のためにあったのか未だに不可思議です。

2018年02月02日(金)07:37
wra

wra

レラティー様

> 廃線跡や未成線跡って、意外と残っているものですよね。
> ただ、古い地図で調べてから行かないと、見逃してしまいますが。

そうなんですよ!古い地図がない状態で行くと、途中で廃線跡からそれてしまうことがあります。
中高生の頃に宮原線の探索をしたことがありますけど、苦労させられましたよ。


> この路線、2県に跨るうえ、非常に短いので、何のためにあったのか未だに不可思議です。

元々、瀬高から菊池・肥後小国を経由して玖珠町を結ぶ路線として計画されていました。その計画がとん挫すると単なる赤字ローカル線でしかなくなり、晩年の輸送状況はひどかったそうです。

2018年02月03日(土)18:50

レラティー

中高生の頃から遠くにいらっしゃったとは!すごいパワーですね。

宮原線がこの路線ですね。
私の場合、幸い昭和57年頃の北海道の道路地図があり、廃線跡がどうしても見たいとき、予めチェックします。
まあ、北海道の場合、市街地以外は気づくことも多いですが、それでも年月が経過し、中々大変になりつつあります。

今、昭和39年の地図を見ていますが、確かに、菊池と小国の間に、予定線を意味するだろう破線があります。
他にも、北海道の北の島が「樺太(サハリン)」となっていたり、樺太周辺に国境線が一切無い、地名も「オオトマリ」「ホント」等日本語になっているなど、半世紀前の地図は興味深いです。

2018年02月04日(日)02:08
wra

wra

レラティー様

> 中高生の頃から遠くにいらっしゃったとは!すごいパワーですね。

一人でいろいろ回ることもありましたし、親に無理言って連れて行ってもらったこともありました。両親にはただただ感謝するばかりです。


> 宮原線がこの路線ですね。
> 私の場合、幸い昭和57年頃の北海道の道路地図があり、廃線跡がどうしても見たいとき、予めチェックします。
> まあ、北海道の場合、市街地以外は気づくことも多いですが、それでも年月が経過し、中々大変になりつつあります。

とくに市街地から外れると、区画整理で線路が畑に飲み込まれて消滅していることも多いと聞きます。実際、士幌線平地区間の捜索には苦労させられました。糠平近辺は結構残ってるんですけれどね。


> 今、昭和39年の地図を見ていますが、確かに、菊池と小国の間に、予定線を意味するだろう破線があります。
> 他にも、北海道の北の島が「樺太(サハリン)」となっていたり、樺太周辺に国境線が一切無い、地名も「オオトマリ」「ホント」等日本語になっているなど、半世紀前の地図は興味深いです。

この時期は南樺太の返還運動が民間レベルで行われていましたからね。まだまだ樺太の日本語地名が慣用されていたのでしょう。南樺太・千島が日本領に復帰したら、長期滞在しながら地名や史跡の捜索をやってみたいところです。

世間の大半が北方領土問題の解決は無理だと言ってるようですが・・・まあ今の状態だとそうでしょうけれども(笑)

2018年02月12日(月)14:05