【2018年2月】名門大洋フェリー「きょうとⅡ」に乗る (新門司⇒大阪南港)

2018年2月、名門大洋フェリー「フェリーきょうとⅡ」を利用して、新門司港から大阪南港まで移動しました。このフェリーに乗るのは今回で2回目となります。

同船に関しては、初回の乗船時に大方紹介済みなので、今回は旅行記スタイルを前面に出しております。船内の様子については、2017年3月発表の記事「名門大洋フェリー「フェリーきょうとⅡ」乗船記録 (新門司→大阪南港)」をご覧ください。

ゆったりとした船旅を満喫

DSCN5367.jpg
今回乗船した「フェリーきょうとⅡ」は第一便の船ということで、明るい時間帯に出港します。小倉駅からバスに揺られ、いつものように新門司港へとやってきました。この時ちょうど16時半、日没まで1時間以上もあります。

DSCN5368.jpg
▲新門司港から熊本行きのバスが出ている・・・熊本県民にはありがたい存在だ

とりあえずフェリーターミナルに入って、その足で乗船口に向かいます。専用ページからプリントした乗船明細を持っておけば、カウンターで手続する必要はありません。バスを降りて3分もしないうちに、「フェリーきょうとⅡ」に無事乗船することができました。

DSCN5369.jpg
今回はあまり乗船客がいないようで、寝床のあるエコノミー(2等)に入ると、先客は誰もおらずガランとしていました。予約時にも先客は1名だけでしたし、これならイビキに悩まされず、一晩安眠できそうです。この時はそう確信していました。

荷物を置いたら入浴と行きましょう。私自身にとって、乗船したらすぐ風呂に入るのが恒例行事になっています。浴場にはすでに数名の先客がいました。それでも混雑しているわけではなく、のんびり湯につかり、出港する直前に風呂から上がりました。

温まったところでプロムナードに向かい、続いて出港シーンを動画撮影します。最近のYouTubeでは、10数分~数時間の長時間動画が人気らしく、私も長時間作品を作成しようと思い立ったのです。




出港シーンを動画に録ったら、あとはすることがありません。しかし、完全消灯まで5時間近くもあるじゃないですか。何かして時間をつぶさないといけないのです。とりあえず、レストランに行って食事することにしました。1550円と高いですが、バイキング式なのでゆっくり食事することができます。

DSCN5370.jpg
幸いなことに、今回は普段よりも乗船客が多くありません。いつも大勢乗ってくる高齢者のお参りツアー客がおらず、レストランがずいぶんと空いています。これならレストランで1時間ほど過ごせそうですね。

DSCN5371.jpg
レストランで食事するうちに日没し、窓の外は真っ暗闇になっていました。腹一杯になったところでレストランを出て、さらにロビーで1時間過ごしました。

これから眠ろうと部屋に戻ってくると、なんと同室の乗船客が5人に増えていました。当日手続きの乗船客は結構いますし驚きませんが、ちょっと嫌な予感がしてきました。

やはり予感は的中しました。寝床に入って1時間後、隣の乗船客が凄まじいイビキを奏で始めたのです。ここまで豪勢なイビキを聞くのは久しぶりです。呼吸止まっちゃうんじゃないか・・・と心配するほどの轟音でした。

結局眠れなかったのは言うまでもなく、耳栓を持ってくればよかったと後悔しました。

翌朝は真っ暗闇から始まって


第1便の朝は早く、5時半に大阪南港に到着します。それに合わせて4時半に室内灯がつき、レストランでは簡単な朝食が提供されます。

DSCN5375.jpg
今回、レストランで夕食をとると、朝食が無料になるというキャンペーンが行われていました。そこで早速、レストランで朝食をいただくことにしました。ここではパン、ゆで卵、サラダ、ドリンクがバイキング形式で供されています。朝食のみの利用は大人300円。

DSCN5372.jpg
トースターでパンを焼き、熱いコーヒーを入れて、少し早めの朝食といきます。いつも旅行先では朝食に悩みがちですけれども、これなら悩まずに済みますね。もっとも、夕食をレストランで食べておけばの話ですが。

DSCN5373.jpg
レストランを出ると、すでに下船を待つ乗客がロビーに集まりだしていました。私も部屋に戻って荷物をまとめ、ロビーで下船までの時間をつぶすことに。

そして早朝5時半、「フェリーきょうとⅡ」は定刻通り大阪南港に到着しました。徒歩での下船客は少なく、大半がエレベータで自動車用甲板に移動しています。今回はトラックの運ちゃんが多かったようですね。

軽快なBGMに見送られて外に出ると、大阪南港は暗闇に包まれていました。船の轟音が鳴り響き、ときおり冷気が肌を突き刺します。寒さを避けるように早歩きして、そそくさと吹きさらしの桟橋を後にしました。

付録

DSCN5376.jpg
▲コスモスクエア駅に到着したニュートラム100形
少しずつ新車へと置き換えが進んでおり、2018年末の全廃が予定されている


DSCN5377.jpg
▲早朝の大阪市地下鉄中央線(ゆめはんな)20系の車内
IGBT化される前に乗っておきたかった・・・


撮影日:2018年2月
関連記事

Comment

こーたろー

船旅もいいですね!
でもひどいイビキに遭遇してしまうとは災難でしたね。

2018年02月27日(火)18:58

プルートパパ

船旅も好きです

四国で育ったので船旅はすきです。
船は眠れて、お風呂もあり、ゆったりして良いですね~
今の第一希望は小倉行きフェリーで北九州の友人の処に行きたいと思っています・・・

2018年02月27日(火)21:27
wra

wra

こーたろー様

ごろ寝大部屋で一夜を過ごすと、なぜか最低1人はイビキ大魔王に遭遇してしまうんですよ。なかなかイビキゼロの機会はないので、耳栓は必須ですね~

2018年02月27日(火)22:18
wra

wra

プルートパパ様

> 四国で育ったので船旅はすきです。

四国も各地から夜行フェリーが出ていますもんね。大阪南港をよく利用するので、オレンジフェリーや徳島に寄港するオーシャン東九なんかも気になっています。


> 船は眠れて、お風呂もあり、ゆったりして良いですね~
> 今の第一希望は小倉行きフェリーで北九州の友人の処に行きたいと思っています・・・

風呂があって寝具もあって、それでいて安価!
設備の割には割高な寝台特急よりもはるかに利用しやすい存在です。それでいて、寝台列車と同じような情緒がありますから、何度も利用したくなるものですよ。

新幹線よりも時間はかかりますが、時間があったらぜひともフェリーを使いたいところですよね。

2018年02月27日(火)22:21

焼きそば

こんばんは

見ず知らずの他人だと、起こす訳にもいかないでしょうからね…


修学旅行の延長みたいに、仲間内だけなら、踏んづけて起こしてやるとこですが(笑)。


耳栓は船旅に必須、覚えておかなきゃですね…。

2018年02月28日(水)23:00
wra

wra

焼きそば様

> 見ず知らずの他人だと、起こす訳にもいかないでしょうからね…

しかしまあ、これも船の楽しみの一つというものですよ(笑)


> 修学旅行の延長みたいに、仲間内だけなら、踏んづけて起こしてやるとこですが(笑)。
> 耳栓は船旅に必須、覚えておかなきゃですね…。

船だと耳栓、バスだと首に着ける浮き輪のようなクッションが必須ですね。
旅をこなすたびに、何が必要になるか毎度勉強させられます。

2018年03月02日(金)22:49