お知らせ

1月1日:新年あけましておめでとうございます。
 

2000年代前半期まで、宗像市内にはいくつもの「第4種踏切」がありました。この第4種踏切というのは、警報器も遮断機もない踏切のことで、昔の日本には当たり前のように存在していたそうです。もちろん、私が幼少期を過ごした糸島市内にもたくさんありました。

しかし、遮断機がないため安全性に問題があり、列車が接近しているときでも容易に線路に立ち入れるため、2000年頃から急速に姿を消し始めました。現在の宗像市内には1か所しかなく、そこもほぼ廃道状態になっています。

今回は宗像市に最後まで残った第4種踏切を求め、市東部の武丸地区にやってきました。

DSC00302.jpg
ありましたありました!ちょうど城山トンネルの入口付近に、第4種踏切「城山口踏切」は残っています。たしかに警報器も遮断機もなく、昔懐かしい第4種踏切の形態をとどめていますね。

踏切を超えた先は鬱蒼とした山林になっており、先へと続く道も草に覆われています。この様子だと、踏切を使う人は殆どいないのかもしれません。むしろ、通行人がいないからこそ、この踏切は廃止されることもなく第4種踏切のまま残ったのでしょう。

DSC00303.jpg
踏切の前には警報器の形をした木型が建っています。「とまれみよ」の看板も懐かしいですね。2000年頃までは、市西部の村山田地区にも第4種踏切がたくさん残っていましたが、今ではすべて閉鎖されて通れなくなりました。

よくよく見てみると、看板には踏切の所在地も記されていますね。大字だけでなく、小字もしっかりと明記されています。なるほど、踏切のある場所は尻掛石というそうです。浦ヶ谷ではないんですね。

DSC00305.jpg
踏切から右手を見ると、城山トンネルの坑門が口を開けて鎮座しています。見た限りだと撮影に適した場所ですが、個人的には危なっかしくて通う気になりません。だって、ここを特急電車が高速で駆け抜けるんですから・・・

DSC00301.jpg
最後にちょっと余談です。城山口踏切のすぐ近くには、古代の街道「西海道」の駅家があったそうで、それを示す看板が建っています。気になったので見てみると、なんでも付近にある空地から、大規模な建物の遺構が出土したとのこと。建物跡の規模や構造から、そこに駅家があったと推測されました。

これまで宗像市内を縦横無尽にめぐってきましたが、もう本当に沢山の遺跡があるんですよね。市の辺縁部はとくに未開発の場所が多いので、まだまだ未発掘の古墳や遺跡は沢山あると思います。

古代ロマンをひしひしと感じながら、ウグイスのさえずり聞こえる城山口踏切を後にしました。

撮影日:2018年3月

関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。

コメント(4)



名前:レラティー
タイトル:
第四種踏切、道外では時々見ますよね。
危険なので鉄道会社は廃止したいが、地元住民が不便になり反対し、なかなか停滞しているとか、記事か何かで見ました。

歴史が一杯あるのは、道外では特に感じますし、世界遺産を抱える貴市では、尚更ですよね。

(交流協会、道新の記事で、日本台湾交流協会という名前に変わったと知り、驚きました。

また、希望すれば、日本人も台湾先住民の結婚式が出来るのにも驚きました。)

https://www.hokkaido-np.co.jp/sp/article/172879


https://www.hokkaido-np.co.jp/sp/article/172866?rct=n_topic
2018年03月17日 21:03 | URL | #rcEo15nI [edit]
名前:焼きそば
タイトル:こんばんは
第四種踏切は、俺自身、実物は見た事はありません。


我が街の京成押上線も、立体化を進めていますので、普通の踏切も数を減らしていくだろうと言う時、凄い貴重なスポットかもしれませんね。


しかしまあ、警報器も無いとこを特急が通るなんて、驚きですね。
2018年03月18日 17:57 | URL | #t50BOgd. [edit]
名前:wra
タイトル:レラティー様
> 第四種踏切、道外では時々見ますよね。
> 危険なので鉄道会社は廃止したいが、地元住民が不便になり反対し、なかなか停滞しているとか、記事か何かで見ました。

鹿児島本線のように、幹線クラスだと風前の灯火状態ですが、地方のローカル線では未だにパラパラと残っているようですね。奈良線の勝手踏切にしてもそうですが、踏切一つとっても地域問題になりえるのが大変なところです。


> 歴史が一杯あるのは、道外では特に感じますし、世界遺産を抱える貴市では、尚更ですよね。

それでもやはり、世界遺産登録の集客効果はそれほど無かったのかなと思います(人でごった返さないので良いことですが)。長期的な目線に立って、現地の食材を使った食品提供など、成功した点をうまく活用しながら来客を呼び寄せるべきだと感じさせられるこの頃です。
2018年03月19日 00:28 | URL | #9MBBB9Tg [edit]
名前:wra
タイトル:焼きそば様
> 第四種踏切は、俺自身、実物は見た事はありません。

都内だと、都電や世田谷線にあるそうです。
両者とも路面電車の延長線上みたいな電車ですし、路地と交わる場所が多いから残っているんでしょうね。


> 我が街の京成押上線も、立体化を進めていますので、普通の踏切も数を減らしていくだろうと言う時、凄い貴重なスポットかもしれませんね。

都会も田舎も、踏切は徐々に減っているということですね。


> しかしまあ、警報器も無いとこを特急が通るなんて、驚きですね。

遠くから見るだけでも恐怖を感じる踏切でしたよ!
渡る気には到底なれません・・・(笑)
2018年03月19日 00:34 | URL | #9MBBB9Tg [edit]

コメントを残す






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。