お知らせ

4月11日:何度もテンプレートを変えてスイマセン・・・。野球がない腹いせに、南海ホークスをイメージしたレイアウトにしてみました。しばらくこれでやるつもり。
3月17日:ヘッダー画像を超絶シンプルにしてみました。
3月3日:ヘッダー画像を更新しました。~台湾新幹線の3並び~
1月1日:新年あけましておめでとうございます。
 

今回は2018年度になったばかりの宗像大社辺津宮をめぐっていきます。一口に辺津宮といっても、広大な境内には様々な祭祀施設があります。その中でも、これまで当ブログで扱ったことのない高宮祭場に足を運んでみようというのです。

DSCN5767.jpg
さっそく境内に入ると、満開の桜が出迎えてくれました。

毎年1週間弱という短い時期にしか見られないソメイヨシノの花ですが、今年は例年よりも桜を長く見られました。宗像では少なくとも10日は見られましたよ!

DSCN5768.jpg
桜咲く参道を進み、社殿方面を目指していきます。太鼓橋の近くでは、多くの参拝者が桜に見入っていました。

DSCN5770.jpg
神門前にやってきました。門前にはなんとも神々しい錦旗が掲げられていました。この旗に皇室の菊門をあしらっているものが、幕末時代劇によく登場する錦の御旗です。

DSCN5771.jpg
神門から社殿に入らず、右わきの道をずっと進むと、目的地の高宮祭場に至ります。普段なら静かな木陰道ですが、春休みシーズンということもあり、多くの参拝者でにぎわっています。どうやら団体さんもいらっしゃるようですね。さすがは世界遺産です。

DSCN5772.jpg
御神木「相生の樫」を通ります(写真上)。この木は根本付近で二つに分かれており、恋愛成就・夫婦円満に効果があるんだそうです。では遠慮なく、ひとつ祈っておきましょう。

DSCN5773.jpg
一旦道路を超えると、山越え区間が始まります。階段をのぼりに上り、山の上にある祭場を目指していきます。それにしても、すれ違う人の数が多いこと!

DSCN5774.jpg
ついに目的地の高宮祭場に到着しました。こちらは古い神社の形態を残した場所で、地面の上に祭祀を行う石段が設けられています。

普段は柵があって入れないのですが、ちょうど春季大祭が行われていたようで、運よく近づくことができました。なるほど、人が多かったのはそのためだったんですね。

撮影日:2018年4月2日

関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからYouTubeチャンネル登録できます。老舗チャンネルとしての誇りを胸に、背水の陣でYouTube続行中。どうか応援の方よろしくお願いいたします。
どんなに冷遇されても負けんばーい!

コメントを残す






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。