ブログヘッダー画像
(当ブログにはプロモーションが含まれています)

福岡県最大の離島「宗像市大島」を歩く(1)―高規格が勿体ない県道バイパス

2011年春に訪問した、宗像市の離島・大島の様子をお届けします。

大島へは神湊港からフェリーに乗って移動し、20分ほどで大島に着きます。フェリー(おおしま)と旅客船(しおかぜ)の2種類があり、所要時間は旅客船の方が短いです。

つい最近、大島には海洋体験施設うみんぐ大島がオープンしました。そのせいか釣り客をよく目にします。今回は釣りをするわけではないので、猫を探しながら町の中心部を東に歩いて行きました。



大島港~宮崎:夢の小夜島に立ち寄る



宗像市大島にある夢の小夜島
▲大島にある名所の一つ、夢の小夜島

浜千鳥 声うちそへて おほしまの 波の間もなく 誰を恋ふらん

と飯尾宗祇に詠まれたこともある島であります。時刻はまだ7時過ぎ・・・海面が光って綺麗でした。

宗像市大島の宮崎集落

かんす海水浴場を過ぎ、大島東部の宮崎集落に到着しました。実はこの漁村でとてつもない発見をしました。

宗像市大島を流れる志美川
▲大島を流れる数少ない河川のひとつ、志美川の河口付近

総延長は非常に短いですが、立派な河川として機能しています。

宮崎集落:小島に海あり里あり


漁村風景が広がる宮崎地区ですが、ちょっと内陸の方に入ると田園風景も広がっていました。漁業メインなのは間違いありませんが、農業もごく僅かながら行われているようです。

宗像市大島の田園風景

田園風景を見ながら進むと、道路脇に「溝」が見えました。先ほど海岸沿いで見つけた志美川のいわば上流部です。

やがて県道のバイパスにぶつかりました。道路は本土並みに整備されていますが、交通量は微小にすぎません。後ほどバイパスの方にも行ってみたいと思います。

宮崎集落を抜け、東の果てを目指します。そして道路の行き止まりに到着。先(加代海岸方面)を見ると・・・

宗像市大島の海岸から玄界灘を見る
▲断崖絶壁!

険しいです・・・

宗像市大島から地島を眺めて

隣には猫がたくさんいる地島が浮かんでいます。大島には猫がほとんどいません・・・
ほんの少しだけいるかもしれませんが、二匹だけしか見つけることができませんでした。

先へ行くことができないみたいなので、引き返して宮崎集落の中心部に戻りました。すると、まさか大島で見ることになろうとは思いもしなかった風景が待っていたのです。

宗像市大島の古民家

茅葺屋根をトタンで覆った古民家を発見。地島にはなかった缶詰屋根ですが、なんと大島にありました!
これには大感激です。「まさか、他にもあるんじゃ・・・」と思い、中心部をさらに歩くと・・・

宗像市大島の古民家

さらにもう一軒ありました。予想外の大発見に興奮した筆者は一路島の北部を目指し、さらなる発見を求めることにしたのです。

県道バイパス:高規格でも車の往来ゼロ


blog_import_532bdad5e9499.jpg

宮崎集落の元茅葺屋根のところまでやってきました。宮崎集落をはずれ、続いて内陸の方に入っていきます。

宗像市大島の田園風景
▲奥に入っていったところから、宮崎集落を見た風景

離島ではおなじみ漁業の他、わずかながら農業も行われているのです。島の西部にある牧場では、牛の飼育もおこなわれています。

宗像市大島の県道バイパス(需要ほぼなし)
▲奥まったところにある広い道路

県道541号大島循環線の整備区間で、道のせまい村中心部をショートカットする「バイパス」的な道路に出ました。

宗像市大島の県道バイパス

九州本土の山間部によくあるような風景です。ちなみに車とは一度もすれ違うことがありませんでした。本土の主要地方道並みに整備されていますが、一日何台の車が通るのでしょう?

宗像市大島の県道バイパス

宮崎地区付近から、一路北海岸を目指しました。交通量のない、県道大島循環線の整備区間。志美川に沿って進みましょう。

宗像市大島を流れる志美川

このあたりにくると、志美川はもう上流域です。

ここ大島は福岡県最大の離島ですが、全国各地の島と比較するとまだまだ小さいほうでしょうか。民家が一軒ある以外は、周囲にあるのはウグイスの鳴き声が聞こえる森林 と水田だけです。

島を縦断するため、チョットした山越えになっています。坂道の上はいったいどうなっているのでしょう?

宗像市大島の県道バイパス

頂上が近付いてきたようですが・・・

宗像市大島の県道バイパス

坂道の頂上まで行ってみましょう。峠のようになっているのでしょうか、それとも・・・

坂を登るにつれ、波の音が聞こえてきます。どうやら海沿いに出るようです。

宗像市大島の北岸部

北海岸のT字路に出ました。右へ行くと加代海岸に至り、左方面は大島循環線の続きで快走路となっています。

宗像市大島の岩瀬から加代海岸に向かう道

加代海岸へと続く道はこのような感じになっています。すぐに幅員が狭くなり、暫く進めば加代海岸のキャンプ場に出ます。

宗像市大島の県道バイパス

今回は進路を西に変え、T字路を左へ進むことにしました。ドライブに適した道ですが、車とは一台もすれ違いません。

もう一度書きます。一日に何台の車が通るのでしょうか?

撮影日:2011年5月5日

関連記事
宗像市

COMMENT