2018年7月中旬のJR折尾駅・建設状況

立体交差化が進められている、JR折尾駅にやってきました。さて、工事は一体どこまで進んでいるのでしょうか。前回訪れたときはたしか、若松線側の高架橋が断片的に完成していましたね。

http://wra5.blog.fc2.com/blog-entry-2285.html

あれから3か月たった今、若松線の高架橋やホームがどうなっているのか、非常に気になります。

DSCN6382.jpg
若松線ホームは、ずいぶん形が出来上がっていました。前回確認できなかったホームや上屋も形になっており、新生折尾駅が完成形に近づきつつあります。

DSCN6383.jpg
かつて旧ホームのあった場所は、完全に作業現場と化しています。あの場所に古めかしいホームがあったなんて、まるで信じられませんよ。

現在の若松線をまたぐレンガ橋台は、まだ辛うじて土台部分だけ残っています。今回も確認できました。現在の若松線は高架切り替え後、果たしてどう変化していくのでしょうか。

撮影日:2018年7月
関連記事

Comment