高千穂鉄道TR-300形&8620形48647号機 トンネルの駅(宮崎県高千穂町)

2000年8月、私は本来下車するはずだった延岡駅を通り過ぎました。

高千穂鉄道のホームには、乗車する予定だった「たかちほ号」高千穂行きが停車しています。本来ならば、TR-300形の大きな窓から、五ヶ瀬川の景色を満喫する予定でした。しかし時間がありません。急遽予定が変わり、泣く泣く「たかちほ号」を諦めました。

その6年後、台風の被害を受けた高千穂鉄道は、復旧を諦め廃止届を提出しました。結局高千穂鉄道に乗ることは、一度もかなわぬ夢となりました。

時は流れて2018年。今回、私は宮崎県高千穂町にある「トンネルの駅」に来ています。こちらでは、開業することなく放置された鉄道トンネルを、神楽酒造が酒蔵として活用しています。

DSCN6771.jpg
▲酒蔵として活用されているトンネル
トンネル内部はヒンヤリとしており、天然の冷房が効いています。夏場は涼しく、冬場は暖かいのが特徴です。だからこそ、酒の貯蔵地に選ばれたのでしょう。

DSCN6772.jpg
敷地内には滝もあります。夏場は思う存分に涼んでいけますね。

高千穂鉄道TR-300形「たかちほ号」

DSCN6763.jpg
そんなトンネルの駅には保存車両が2つあります。

1つ目は2000年に乗り損ねた、高千穂鉄道のTR-300形です。高千穂鉄道の復旧断念後、こちらにやってきました。当初はレストランとして使われていたようですが、現在は休憩所になっています。

DSCN6764.jpg
トンネルの駅に搬入された際、オリジナル塗装から赤をベースとした新塗装になりました。さらに、近年になって水色基調の塗装に変更されています。屋外での保存ですが状態は良好。

DSCN6762.jpg
車内には転換クロスシートが並び、車両中央部分はサロン席になっています。内外ともに、基本的な構造は秋田内陸縦貫鉄道のAN-8900と共通していますね。

DSCN6760.jpg
休憩所として開放されているのはTR-302のみで、もう一方のTR-301は倉庫状態になっています。

DSCN6759.jpg
乗降口付近には後付けの冷房が設置されています。おかげで夏場も快適です。

DSCN6757.jpg
全体的に窓が大きく、展望性に優れています。座席は転換式のクロスシート。

DSCN6777.jpg
巨大なテーブルはかつてレストランだった頃の名残です。テーブルがあるため、座席はボックス状に固定されています。過去の情報を見る限りだと、登場して間もない頃は、暖色系の座席モケットだったようです。

DSCN6774.jpg
18年遅れでTR-300形「たかちほ号」に乗車です。行先は予定していた亀ヶ崎ではありませんが、夢と希望を載せて、列車は今日も静かに佇んでいます。夢が一つかないました。

IMG_0836.jpg
▲このまま秘境駅「亀ヶ崎」まで行きたかった

DSCN6758.jpg
運転台は全く手つかずになっています。

DSCN6773.jpg
行先表示器は以下の通りになっていました。

試運転 ⇒ 回送 ⇒ 臨時 ⇒ 団体 ⇒ 高千穂 ⇒ 快速 高千穂 ⇒ 延岡 ⇒ 快速 延岡

8620形48647号機

DSCN6754.jpg
トンネルの駅に隣接する路盤跡には、SLが一両保存されています。かつてお召列車も牽引したという、8620形48647号機です。


動画版です。

DSCN6755.jpg
48647の真下には、だるま状態の有蓋車があります。倉庫に使われているのでしょう。

DSCN6756.jpg
有蓋車の横には古めかしい消防車も(日産製)。

DSCN6765.jpg
48647は未成線の橋梁上で展示されています。上屋の類はありません。状態は良くも悪くもなく、といったところでしょうか。

DSCN6766.jpg
48647が載っている橋梁は第1坂の下橋梁といい、一枚のプレートが鉄道橋として建設されたことを示しています。

DSCN6767.jpg
第1坂の下橋梁の高森側には、閉鎖されたトンネルが眠っています。かつては、高架橋が無数に聳えたっていました。しかし、2000年前後になって一斉に解体されたことで、当時の構造物はトンネルと第一坂の下橋梁ぐらいしか残っていません。

DSCN6768.jpg
トンネルと48647の間に残る路盤は、夢見路公園として整備されています。

DSCN6769.jpg
▲左から、C58-115動輪、48647、TR-300形
夢見路公園と保存車両の位置関係は、写真上のようになっています。動輪の置かれた場所が、ちょうど夢見路公園にあたります。また、第一坂の下橋梁に柵があるため、48647に近寄ることはできません。

DSCN6770.jpg
▲C58動輪と48647号機

撮影日:2018年8月
関連記事

Comment

とっつぁん

私は25年ほど前ですが、高千穂狭にバイクで行った事がありますので、きれいな山奥の風景が想像できます
 
トンネルの駅で酒蔵とは、なかなか良い感じですね 夏は涼しくてお酒も美味しそうでいいですよね(^^) 行ってみたいものです

2018年09月16日(日)13:56

焼きそば

時を越えて…

wraさんがいつも危惧されている、自然災害による地方の交通機関の被害が出てしまったケースなんですね。でも、時を越え再会、良かったと思います。


車両を休憩所にする、大宮の鉄道博物館にもありますが、屋外での保存は大変でしょうね。ボディカラーを塗り替えたり、座席を張り替えたりと、よく手入れされてる雰囲気が伝わります。


トンネルを酒蔵に再利用、思い付きませでしたね。道の駅なら、酒蔵列車とか出来そうな(笑)。

2018年09月17日(月)14:51
wra

wra

とっつぁん様

> 私は25年ほど前ですが、高千穂狭にバイクで行った事がありますので、きれいな山奥の風景が想像できます

山は奇麗だし水はうまいし、とにかく夏の疲れを癒すにはもってこいの場所だと思いました。
今や海外からのツアー客だけでなく、個人旅行者も結構いらしています。凄いですよねぇ。


> トンネルの駅で酒蔵とは、なかなか良い感じですね 夏は涼しくてお酒も美味しそうでいいですよね(^^) 行ってみたいものです

トンネルに入った途端、世界が変わるんですよ!
あまりに涼しすぎて、本当に夏かよ・・・って。一瞬ですが涼むことができて面白い場所でした。

2018年09月17日(月)22:57
wra

wra

焼きそば様

> wraさんがいつも危惧されている、自然災害による地方の交通機関の被害が出てしまったケースなんですね。でも、時を越え再会、良かったと思います。

この高千穂鉄道を皮切りに、災害を契機に切り捨てられる鉄道路線が続出しました。災害廃止自体は昔からありますが、近年になって頻度は高まったんじゃないかと思います。

最近だとJR北海道が災害を口実に廃止を乱発していますが、現状だとその流れは止まらなさそうです。元々収益が見込めない路線ばかりですし、利益だけを考えたら廃止はやむなしという状況です。


> 車両を休憩所にする、大宮の鉄道博物館にもありますが、屋外での保存は大変でしょうね。ボディカラーを塗り替えたり、座席を張り替えたりと、よく手入れされてる雰囲気が伝わります。

屋外保存だと塗装が結構劣化しやすそうなので、手入れはさぞかし大変だろうと思いました。


> トンネルを酒蔵に再利用、思い付きませでしたね。道の駅なら、酒蔵列車とか出来そうな(笑)。

トンネルの中にレールを敷いて、トロッコで酒を運搬するという類でしょうか?

2018年09月17日(月)23:04