国見ヶ丘(宮崎県高千穂町)―日本神話ゆかりの尾根に立つ

宮崎県高千穂町は日本神話ゆかりの地として今に伝わっています。今回やってきた国見ヶ丘もまさに神話ゆかりの地といえる場所で、神武天皇の孫が九州を統治するため、ここで国見をしたと云われています。

DSCN6788.jpg
国見ヶ丘は高千穂町南部にある小さな尾根で、観光地化されています。駐車場に車を止めると、周囲には売店・遊歩道のほか、古びたレストハウスもありました(写真上)。

DSCN6786.jpg
売店では高千穂町の「うずめちゃん」が、いらっしゃいませと出迎えてくれます。このマスコットのイラストは、高千穂町内の観光地で結構見かけました。ちゃんと活用されているみたいでなにより。

DSCN6787.jpg
自販機にも「うずめちゃん」。何か見覚えのあるデザインだなと思いましたが、キャラクターデザインの常連・駒井瞭の作品でした。ずっとご当地キャラなんかを追っかけていると、イラストだけで誰の作品なのか、おおよその察しはつくのです。

DSCN6784.jpg
ここからは遊歩道を歩いていきましょう。銅像があるので近寄ってみると、それは両脇に豪族を従えた瓊瓊杵命(ニニギノミコト)の像でした。

この銅像がいったい何を示すのか、『日向風土記』によると、次のようなエピソードが伝わっているので見てみましょう。

ニニギが高天原から降りて来たとき、地上は闇に包まれていました。そんな時、ニニギは二人の豪族に出会います。それぞれ大鉗(おおくわ)・小鉗(こくわ)と名乗った二人は、ニニギにこう奏上しました。

「稲を手でほぐして籾とし、それを四方に撒けば必ず地上は明るくなるでしょう」と。

ニニギが言われた通りにしてみると、やがて空は明るくなり、地上に明かりが届きました。


もちろん、彼らは伝説上の人物にすぎません。しかし、それでも古代日本人が自分たちのルーツをどう記述していたのか、ちゃんと知ることは重要だと思います。

DSCN6782.jpg
遊歩道はやがて尾根になり、さらに続いています。

DSCN6780.jpg
遊歩道の終点には国見ヶ丘と書かれた標柱が建っています。周囲には遮るものがほとんどなく、高千穂の市街地や周囲の山々を一望することができますよ。ベンチがあるので、腰を下ろしてゆっくり眺めてみましょう。

DSCN6778.jpg
▲国見ヶ丘から西側(河内地区方面)を眺めて

DSCN6779.jpg
▲国見ヶ丘から東側(高千穂市街地方面)を眺めて

DSCN6781.jpg
この辺りでは国見ヶ丘が一番高い場所らしく、眺めはきわめて良好です。

撮影日:2018年8月

あとがき YouTube新チャンネル続報

YouTube新チャンネルの本格始動から1週間が経ちました。動画アップロード数は間もなく370本台になり、旧チャンネルからの動画移転を終え、従来通りの更新に戻っています。

チャンネル登録者は始動前の15人から65人アップの80人に増え、近いうちに100人台復帰ができそうな状況です。ただし1000人到達は非常に難しい問題だと思っています。なにせ、旧チャンネルの登録者自体、わずか1700人しかいません。2016年までに2000人、2018年までに4000人を目標にしていましたが、それどころではなく、年々登録者の増加ペースは落ちていました。

旧チャンネルの運営から学んだのは、世間が必要としない動画ばかりを乱造してきたということです。結局、自分が満足しても人が満足するとは限りません。世間を満足させることに失敗していました。

元々、私は動画投稿を通して、他のクリエイターとの交流ができることを楽しみにしていました。最近では、その交流自体もそれほど多くはない状況で、半ば無理して投稿活動をしていました。お金を一銭も貰っていないというのに、それでは全く楽しくないですよね。初心に戻ることを決意しました。

こうなったら方針を変えるしかない。YouTubeでも、ブログの内容を実践する時が来たんじゃないかと思いました。視聴者が見て何か学べるような、ブログ記事に準じた内容の動画もいくつか挙げていこうと考えています。

その一例として、台湾旅行に行きたい方をターゲットに、日本人が行くべき観光地・史跡を取り上げた「台湾旅のススメ」シリーズを連載する予定です。最初は旧チャンネル動画をベースに、若干アレンジしたものから投稿を始めていきます。それが終わったら、今度はスライドショー形式で、毎月5日・10日・15日・20日・25日・30日に紹介できればと思っています。

シリーズ化が確定しているのは以下の2つです。
●台湾旅のススメ
●保存車両列伝

あとは、従来の投稿作と親和性のある時事ニュースについても、取り扱っていけたらと考えています。先日、大濠公園花火大会の動画を投稿しましたが、あれは時事ニュースを試験的に取り入れたものです。視認性に優れた「クソサムネ」も積極的に取り入れます。

運営から酷い仕打ちを受けましたが、9年間の努力は決して無駄にはできません。来年はYouTubeでチャンネルを創設してから10年目です。節目に向けてチャンネルの魔改造を着々と進めていけたらと思います。

ブログをご覧の方でチャンネル登録がお済みでない方、ぜひとも登録お願いいたします!
関連記事
ゆるキャラ

Comment

オバ鉄

こんにちは

 wraさんの世間が必要としない動画ばかりを乱造してきたというお言葉
とても耳が痛いです。

私も自己満足・自己陶酔の域を出ていません。

今後 どうするべきか思考停止中です。

2018年09月20日(木)13:40
WRA

wra

オバ鉄様

いつもありがとうございます。

>  wraさんの世間が必要としない動画ばかりを乱造してきたというお言葉
> とても耳が痛いです。

いえいえ、とんでもない!
オバ鉄様の動画はいずれも、世間からちゃーんと求められているではありませんか!

私たち貧乏人は豪華クルーズ列車に乗ることができず、一体どんな旅を送れるのか、どんな車内インテリアなのか、知るのは決して容易ではありません。純粋に旅を楽しみたい中で、多くの方に旅の様子を発信してくださるお陰で、我々は「ななつ星」をはじめ、クルーズ列車の旅を疑似体験することができるのです。

> 私も自己満足・自己陶酔の域を出ていません。

世間に求められている動画を作っておられると思います。私は求められている動画を意識して作ってきましたが、全く相手にしてもらえないまま5年以上が過ぎました。個人的に、質の良い動画は無意識の中に秘められた、潜在意識によってつくられるものだと思っています。

それが証拠に、オバ鉄様のチャンネル登録者数は今のペースだと、年間4~500人ペースで上昇しているではありませんか。私なんて毎日投稿をしたところで、全く上がるどころか、YouTubeが大衆化する前よりも上昇率は落ちています。本当に羨ましい限りなんですよ。


> 今後 どうするべきか思考停止中です。

私は個人的に、これまで通りの動画を待ち望んでいます。
鉄道だけではなく、バスや船といった旅動画も楽しみにしていますよ。とくに行きづらい辺境地域の映像(礼文島・沖縄など)なんか、いつも参考になっています。

2018年09月20日(木)20:40