珍しい地名「蚫島」にせまる (宗像市深田) 付録:宗像大社前の古建築

宗像市のうち、平成の大合併まで玄海町に属していた地域では、小字の位置を簡単に同定することができます。これは、旧玄海町が編纂した『玄海町誌』に小字一覧が記載されているためでして、フィールドワークをするうえで大いに役立っています。

今回は宗像大社に近い、深田地区へとやってきています。こちらには宮前・日南・寿美・小路・荒開といった集落名のほか、数十もの小字名が付与されています。その中でも、とくに「蚫島」(あわびしま)という地名が気になっていました。

今回は蚫島にあたる地域をめぐってみようというのです。

DSCN6978.jpg
蚫島にあたる場所は、宗像大社の広大な駐車場の裏側に広がっています。写真上でいうと、樹木が鬱蒼と生い茂った場所が、まさに蚫島です。この周囲には、前田・塘ノ内・夕尺という耕地名があります。

DSCN6979.jpg
周囲が水田になっているのに対し、蚫島地内だけはこんもりとした丘のようになっていて、屋敷・畑・雑木林が立地しています。

深田地区では1990年前後に耕地整理が行われましたが、根本的な地形は変わっていないようです。整理前の航空写真(1960年代)を見てみると、蚫島の敷地形状が、今とほぼ変わらないことが分かります。

DSCN6980.jpg
蚫島地内を散策していると、地蔵堂を見つけました。堂内には地蔵が6体安置されています。いずれも大切に扱われているようで、青色の奇麗な前掛けを付けていました。

どこにも名前を記した札がないので、あくまでも憶測ですが、こちらの地蔵堂も「蚫島」を冠しているのでしょうかね?

DSCN6981.jpg
蚫島を後にして、宗像大社の前にやってきました。境内横の三角地には宮前集落が広がっています。そんな宮前地内を移動中、古びた2階建ての木造建築を見つけました。

どうやら1階部分は店舗に使われていたようで、現在はシャッターが下りています。果たして、この建築物は何に使われたものでしょうか。

(追記)
この建物は元々役場として建てられたものらしく、のちに診療所に転用されたとのことです。つまり、この建物は旧田島村役場として使われたものとみて良いでしょう。鳥島様、情報提供ありがとうございました。

撮影日:2018年10月
関連記事

Comment

鳥島

古い洋風?建物は

80歳くらいの方が、小さい頃は診療所で、その前は役場だったと言われてました。
宗像湾が無くなってできた潟を田畑にしたので、深い沼地→深田なんでしょうかね。

2018年10月19日(金)13:43
wra

wra

鳥島様

> 80歳くらいの方が、小さい頃は診療所で、その前は役場だったと言われてました。
> 宗像湾が無くなってできた潟を田畑にしたので、深い沼地→深田なんでしょうかね。

あの建物、やっぱり色々と歴史のある物件だったんですね。ということは、田島村の役場だったということでしょうか。建物の使われ方に、旧南郷村役場っぽさを感じます。

そういえば田島公民館の石碑を見ていたら、湿田化対策という一文を目にしました。元々入り江でしたから、湿気が出やすい土地だったのでしょうねぇ。

2018年10月19日(金)15:09