ご当地キャラ博in彦根2018 (3)



あっという間に12時を迎え、昼食の時間帯になりました。さすがに、何も食わないまま動くわけにはいかず、屋台でホルモン焼きそばを購入することにします。

20181020_124518.jpg
一応私も自分自身という着ぐるみを被っているので、ほかのマスコット(所謂ゆるキャラ(R)とも)と同じように休憩が必要なのです。昔のように無茶はできません。20分ほど座って休憩を済ませ、再び会場に出向きます。

20181020_130050.jpg
大混雑の夢京橋キャッスルロードを避け、城下町の趣が色濃く残った路地を通っていきます。適度にマスコットを取材する一方で、適度に史跡を取材するのもまた一興です。夢京橋キャッスルロードの周辺は、とくに古い寺院が多く残っていますよ。

20181020_130536.jpg
▲左から、東近江のガオさん(八日市商工会議所)、おけわんこ
再び夢京橋キャッスルロードに戻り、京橋口駐車場に向かいます。その間にも、多くのマスコットがグリーティングをしたり、ミニ撮影会を開いたりと大賑わいです。

20181020_130841.jpg
下関市豊北町を中心に活動する、「ほっくん」に出会いました。なんでも、この丸い姿は水平線に沈む夕日と、特産品の柑橘・梨を掛け合わせたものなんだそうな。

20181020_131931.jpg
貴公子ちりゅっぴは京橋口駐車場にいました。先ほどは「しんじょうっぴ」でしたが、今度は「ひこっぴ」になっています。背後にいるのは「あいさいさん」(愛知県愛西市)。

DSCN7010.jpg
こちらは高知県安田町の「あんたろう」。見ての通り、鮎がモチーフのマスコットです。決してアンコウではないのでご注意ください。

DSCN7011.jpg
再び岩倉大好き「い~わくん」です。

DSCN7012.jpg
これも何かの縁、一緒に撮っておきましょう。

岩倉も結構見どころが沢山あるんですよね。春になれば五条川の桜並木が美しいし、名鉄電車も通っているし。あと、なんか変なおじさんも住んでいましたよね。

DSCN7014.jpg
そうこうしているうちに、「ちりゅっぴ」が近づいてきました。どうやら、これから夢京橋キャッスルロードに向かうようです。

DSCN7015.jpg
こちらは岡山県赤磐市のマスコット「あかいわモモちゃん」。

DSCN7016.jpg
再び京橋口に戻ると、協賛企業・田辺三菱製薬の「たなみん」がいました。

DSCN7017.jpg
「唐ワンくん」の様子を見に行ってみると、そこになんとみかわ丸「み~ちゃん」がいました。ちょちょちょ、ちょっと待ってくれ。この並びって、昔ならよくあったけど・・・今は超レアだぞ!

その場にいるみなさん、今のうちにジャンジャン撮っちゃってください。公開しないうちに遠慮なく、大量に!!

DSCN7018.jpg
ああああ・・・み~ちゃんの横に唐ワンくんがいる。これは夢じゃないのか。いや、これは現実なんだ。今まさに俺の目の前で起きている、実際の出来事なんだ!

DSCN7022.jpg 
おや、近くには「ゴーヤ先生」がいる。「ビズベア」も・・・。これは「ゆるキャラ(R)大集合in唐津2012」ではないか!うっ頭が・・・

DSCN7019.jpg
肥前夢街道の「にゃんにゃん丸」が見たら、きっと懐かしんで泣き叫ぶ構図ですな。俺だってクソ懐かしいんだからちくしょう!引退した剣源蔵頭目にも見せてやりたい・・・。


大崎一番太郎のブースにも顔を出してみました。扱いがやけにドライですが仕様です。

DSCN7021.jpg
左から、さなだぱぱまる、みくちゃん、さなだゆきまる。ゆきまるのパパということはつまり、モチーフは真田昌幸ですな。


細長い風船を手にした「まんべくん」、「ジンギスカンのジンくん」とチャンバラを始めました?

DSCN7023.jpg
北海道苫小牧市の「とまチョップ」がブース前に来ていました。さっきまで吸血鬼でしたが、どうやら元の姿に戻ったようです。

DSCN7024.jpg
やっぱりオリジナルの姿が一番ですな。

さっきは危うく、「じゅるじゅる」血を吸われるところでしたよ。・・・え、彼岸島ネタは止めるべきだって?ああ大丈夫大丈夫、どうせ反響なんて一切ないんだから心配ご無用に。

DSCN7025.jpg
とまチョップから少し離れた場所には、丹波市の「ちーたん」がいました。結構頻繁に見かけるイメージですが、よくよく考えたら、かなり久しぶりじゃない!?

ちーたん可愛いよちーたん。

DSCN7026.jpg
「さのまる」ブース前が妙に賑やかなので近づくと、ちょうど本人が降臨していました。

DSCN7027.jpg
「さのまる」には彼なりの「グリーティングの流儀」というのがありまして、お客さんが満遍なく写真を撮れるように、ゆっくりとグルグル回転してみせます。これなら撮りそびれがないですし、不公平感もありませんよね。

撮影日:2018年10月20日
関連記事

Comment