お知らせ

4月11日:何度もテンプレートを変えてスイマセン・・・。野球がない腹いせに、南海ホークスをイメージしたレイアウトにしてみました。しばらくこれでやるつもり。
3月17日:ヘッダー画像を超絶シンプルにしてみました。
3月3日:ヘッダー画像を更新しました。~台湾新幹線の3並び~
1月1日:新年あけましておめでとうございます。
 

福岡県飯塚市の勝盛公園で保存されている、蒸気機関車D60-46号機が再塗装されました。長期にわたって塗装されず、外板が荒れてボロボロになっていましたが、奇麗な状態になっています。

DSCN7245.jpg
さっそく勝盛公園にやってきました。車体が奇麗になっているのは、遠目でもすぐに分かりました。ナンバープレートや前照灯は従来のままですが、車体に新たな塗装が施され、黒光りしています。

なお、同機はD50形の数少ない生き残りでもあります。オリジナルのD50は2両しか保存されておらず、うち1両(140号機)は晩年を筑豊で過ごしました。D50を改造したD60自体も1号機、27号機、46号機、61号機を残すのみで、大量に保存されているD51とは対照的です。

D60-46号機自体はD50-157号機がベースになっており、製造当初は19956号機を名乗っていました。当初は北海道・東北地方を中心に使用され、のちに九州へと転属してきました。製造から90年以上になる老兵です。

DSCN7239.jpg
一般的な保存SLと同じように、連結器・手すり・煙室扉・ランボードが白く塗装されています。基本的な塗分けは、従来と変わりないようです。

DSCN7240.jpg
近くに寄ってみると、車体外板が滑らかになっているのが分かります。整備前は塗装の劣化が進んでおり、その一部が剥がれ落ちてうろこ状になっていました。塗装が劣化することで、外板自体の腐食が危ぶまれましたが、これで応急処置になったのではないでしょうか。

DSCN7241.jpg
テンダー車も再塗装されています。

DSCN7242.jpg
窓枠やキャブ内の計器類も従来通りです。

DSCN7243.jpg
D60-46には部品の欠損が多く、キャブ内の計器類は写真上のように、大部分が失われています。外観に目をやっても、汽笛・ナンバープレート・前照灯がすでに存在しません。

DSCN7244.jpg
内陸部に保存されているため塩害はなく、外板の状態は比較的良いD60-46号機。保存からすでに40年以上がたち、あと数年で保存期間が現役時代を上回ろうとしています。

SLの記憶を後世に残すためにも、コストはかかりますが保存する価値はあります。その姿がいつまでも、勝盛公園で見られるのを願ってやみません。

撮影日:2018年11月

関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからYouTubeチャンネル登録できます。老舗チャンネルとしての誇りを胸に、背水の陣でYouTube続行中。どうか応援の方よろしくお願いいたします。
どんなに冷遇されても負けんばーい!

コメント(4)



名前:こーたろー
タイトル:
D50はD51の基になった釜ですが
存在は自体もあまり認識されていないような気がします。
でもD60も含めて数輛でも静態保存されていてよかったと思います。
2018年11月20日 21:04 | URL | #- [edit]
名前:焼きそば
タイトル:こんにちは
D60って、滅多に名前が出てきませんよね。D50もそうですけど。


マイナーな車両は博物館でさえ手を出さないのかな、と。その辺は列車・機関車と自動車、あんまり変わらないのかな。車庫や納屋で朽ち果ててる車を見かけると、現役時の姿を思い出しちゃいますんで。


せめて外観だけでも維持してもらえれば、と思います。大変でしょうけど。
2018年11月25日 10:58 | URL | #t50BOgd. [edit]
名前:wra
タイトル:焼きそば様
> D60って、滅多に名前が出てきませんよね。D50もそうですけど。

D51に比べて数が少なく、時期も大正時代になるので認知度は低いんじゃないかなと思います。
保存車両も少ないですしね。

D60にいたっては、保存車両はすべて福岡・山口県内だったりします。


> マイナーな車両は博物館でさえ手を出さないのかな、と。その辺は列車・機関車と自動車、あんまり変わらないのかな。車庫や納屋で朽ち果ててる車を見かけると、現役時の姿を思い出しちゃいますんで。

保存車両に関しては、色々と法的手続きが厄介そうな印象を受けます。
鋼製だとサビの進行が速く、あっという間に塗装の下に錆が潜り込んでしまうので、屋外に置いたら痛みが進むのは速いです。


> せめて外観だけでも維持してもらえれば、と思います。大変でしょうけど。

内陸保存のSLだと結構丈夫なきらいがあります。

海沿いになると逆で、もう悲惨なことこの上ありません。
うまく外観を処理しても、海沿いだとボロボロになってしまうので、近年解体されるケースが頻発しています。

勝盛は内陸部なので、これからも末永く保存されることを願うばかりですよね。
2018年11月29日 00:23 | URL | #9MBBB9Tg [edit]
名前:wra
タイトル:こーたろー様
> D50はD51の基になった釜ですが
> 存在は自体もあまり認識されていないような気がします。
> でもD60も含めて数輛でも静態保存されていてよかったと思います。

大正時代の優美な造りはまさに、鋼製に残したい一要素だと思います。
一時期どうなるかと心配でしたが、ひとまず再塗装されたようで安心です。数年後にどうなるかは予想できませんが・・・
2018年11月29日 00:26 | URL | #9MBBB9Tg [edit]

コメントを残す






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。