本格カレー店「筑前インド 月と亀」の筑前カレー定食(朝倉市秋月)

本格的なカレーを提供するインド料理店は、福岡県内だけでも数えきれないほど存在します。その中でもとくに、「月と亀」という店のカレーが美味しいという話を聞き、さっそくお店のある朝倉市秋月へと向かいました。

DSCN7284.jpg
目的の店は秋月市街地の北側にありました。向かい側には秋月郵便局があります。この郵便局を目印にすると良いでしょう。

店舗はいわゆる古民家をリフォームしたもので、周囲の景観に溶け込んでいます。カレーの旗に気付かないと、思わず素通りしてしまいそうです。

店舗の裏側に駐車場が用意されているので、そこに車を止めて、ついに入店と行きましょう。

DSCN7285.jpg
先述のように、本格インド料理を扱うお店です。メニュー看板を見る限りだと、1000円前後で美味しいカレーをいただけそうですね。

DSCN7282.jpg
靴を脱いで店内に入ると、そこに広がっていたのは古民家の雰囲気を活かした「和の空間」でした。靴を脱いで入るため、のんびりと寛げます。

種類が多く、どのメニューにしようか迷うところですが、今回のお昼は「筑前インド定食」に決めました。カレーは数種類の中から1つ選べるそうで、私はチキンカレーを選びました。1150円なり。

DSCN7283.jpg
「筑前インド定食」はいわゆるターリーをアレンジしたもので、ライスの周囲にはサラダ、ラッサムスープ、豆カレー、野菜カレー等が並べられています。やはり手作りのアチャール&パパドもしっかりと用意されています。

あとはお好みでカレーをライスにかけながら、食べ進めるだけです。

はじめのうちは、辛さをそれほど感じることがなく、辛さ控えめかと思いましたが、侮ってはいけません。スパイスというのはジワジワと体に、口にしみわたってきます。食べ終えるころには体が温まり、胃袋が元気になっているような感覚を覚えました。

これだから本格インド料理は病みつきになるのです。いずれ本場インドに出向いて、ターリーなりミールスなりを食べ歩きしながら、鉄道旅をしたいと思っています。そう遠くないうちに、実現できれば良いと思いますけれども。

撮影日:2018年12月4日
関連記事

Comment

焼きそば

こんばんは

古民家に漂うカレーの香り…「どこかで昼飯の準備かな?」とか思っちゃいますね。


たまには本格カレーも食べなきゃいかんかなあ。レトルトばかりじゃなく(笑)。

2018年12月13日(木)21:52
wra

wra

焼きそば様

> 古民家に漂うカレーの香り…「どこかで昼飯の準備かな?」とか思っちゃいますね。

そのカレーの匂いもどこか本格的で、思わず気になっちゃうんですよねぇ。


> たまには本格カレーも食べなきゃいかんかなあ。レトルトばかりじゃなく(笑)。

本格カレーもランチは安かったりするので、節約志向者には大助かりのジャンルなんですよ。
おまけに辛いですから、そりゃもう楽しいのなんの。

2018年12月16日(日)22:56