お知らせ

4月11日:何度もテンプレートを変えてスイマセン・・・。野球がない腹いせに、南海ホークスをイメージしたレイアウトにしてみました。しばらくこれでやるつもり。
3月17日:ヘッダー画像を超絶シンプルにしてみました。
3月3日:ヘッダー画像を更新しました。~台湾新幹線の3並び~
1月1日:新年あけましておめでとうございます。
 

今回は宗像市南東部、名残地区にある立山天満宮にやってきました。その名の通り、立山という名前の集落内にある天満様です。

DSCN7352.jpg
集落に入って少し進むと、神社入口が見えてきました。立山は小規模な集落で、民家は4~5世帯ほどしかありません。民家は山裾の一点に密集しており、神社はその脇の山に鎮座しています。

DSCN7353.jpg
境内には鳥居がなく、入口には石柱が1対あるのみです。その奥には整備された階段が延びていました。山奥の神社には整備が行き届かず、荒れ果てた場所も少なくありませんが、こちらは地元自治会が定期的に手入れしているようです。

DSCN7354.jpg
階段を登りきると、頂上の社殿に到着です。

DSCN7357.jpg
拝殿は決して大きくありませんが、それだけによく掃除されています。欄間の彫刻が美しい。

DSCN7355.jpg
頂上にはあまり物が置かれていません。石灯篭一対と水盤、社殿、そして祠が2つ鎮座しているだけです。シンプルな神社ですね。

小さな水盤には天保五年と刻まれていました。

DSCN7356.jpg
一番奥には石造の祠が鎮座しています。

DSCN7358.jpg
祠の横を見てみると、謎の穴が開口していました。穴からは土が流出しており、どういった経緯で形成されたのか気になります。小人でも住んでいるのでしょうか?

以上、立山天満宮からお届けしました。

撮影日:2018年12月25日

関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからYouTubeチャンネル登録できます。老舗チャンネルとしての誇りを胸に、背水の陣でYouTube続行中。どうか応援の方よろしくお願いいたします。
どんなに冷遇されても負けんばーい!

コメントを残す






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。