台鐵彰化駅裏にある保存客車をたずねて

保存車両はもちろん、台湾にも多数存在します。今回はその中でも、彰化駅の裏側に保存されているという32200系客車を求めて彰化にやってきました。

この32200系というのは、簡単に言うと近郊型客車にあたります。日本でいう所の50系客車に近い性格の車両ですが、50系とは異なりデッキが存在しません。扉も両開きで、都市圏での通勤輸送に特化しています。また、台湾では珍しいインド製の車両なのです。

そもそも、この32200系という区分自体も、「通勤型客車」という大きなグループを細分したものにすぎません。当ブログではこの「通勤型客車」を第一世代のTP32600から取って、32600系とも呼称しています。詳しくは当ブログ「台湾・台鉄客車の系譜(2) ―20メートル級の世代へ」を参照のこと。

そんな32200系が3両・・・いや、厳密に言うと3.5両が、彰化駅の裏側に保存されているというのです。さっそく現地に出向いてみました。

彰化駅から駅裏側へ

DSCN7525.jpg
彰化駅を出て跨線橋を渡り、駅の裏側に移動します。跨線橋からは広い駅構内を一望することができ、ちょうど留置中のEMU300形やE1000形、さらに数量の事業用客車が見えました。

DSCN7523.jpg
とくに注目すべき車両は、工事客車のES32638(ES32600形)です。この車両はSPK32600形を改造したもので、作業員の宿舎がわりに使用する目的で生み出されました。同様の車両が数両、各地の主要駅に常備されています。

第八月台モーテルのTP32200形2両

DSCN7526.jpg
跨線橋を渡り終えて裏側に出ると、もう見えてきました。ビルと駐輪場の隙間に、苔だらけの客車が2両置かれています。車番はうち1両のみ、TP32251と確認できました。

DSCN7529.jpg
どうやらホテル敷地に保存されているようで、すぐ横には「第八月台モーテル」という看板が聳えています。

DSCN7528.jpg
状態はあまり良いとはいえず、老朽化が進行しています。内陸部ということで外板の腐食は進んでいませんが、先述のように苔むしています。床下からツルが伸びていました。

麻吉楽園のカットボディ(TP32200?)

DSCN7530.jpg
なお、この「第八月台モーテル」横には、さらにもう1両保存客車があります。ただし車体は半分にカットされており、台車はなくダルマ状態です。福島県の小川郷駅前に保存されている、ナヤ11のような姿になっています。

先ほどの2両は荒れるに任せていましたが、こちらはちゃんと活用されています。どうやら「麻吉楽園-彰化海盜館」という、いわゆる屋内遊園地のレストランになっているようです。看板を見る限りだと、こちらはイタリア料理がメインのレストランではないかと思いました。

DSCN7531.jpg
表通りから見える場所に置かれているため、塗装も新たに施され、保存状態は良さそうです。開いてしまわないように、扉部分には錠が付いていました。このカットボディは「麻吉楽園」がある限り、今後も大切に使われていきそうです。

といったところで、彰化駅裏の保存車両3.5両についてのレポートは終了です。以上、彰化県彰化市からお届けしました。

撮影日:2018年12月29日
関連記事

Comment

負鷺

2年前に訪台した際、オレンジ色に白ラインの客車は清水や鶯歌などの主要ではない駅にも停められていて、いったい何なんだろうと思っていました。
まあ保線関係なんだろうなあぐらいの検討はついていましたが、まさか作業員の寝床だったとは…。

韓国製の通勤型&日立製の電車特急の大量投入で、台鉄の客レ天国もいよいよ終わりが近づいてきた感がありますが、こういう工事用客車を見れるのもそう長くはないのかもしれませんね。

台湾行きたい…

2019年01月23日(水)23:01
wra

wra

負鷺様

> 2年前に訪台した際、オレンジ色に白ラインの客車は清水や鶯歌などの主要ではない駅にも停められていて、いったい何なんだろうと思っていました。

結構いろいろな駅に止めてありますよね。動いている所は見たことがありませんし、どうやら常備車のようです。


> まあ保線関係なんだろうなあぐらいの検討はついていましたが、まさか作業員の寝床だったとは…。

オヤ10のようなもんでしょうねぇ。


> 韓国製の通勤型&日立製の電車特急の大量投入で、台鉄の客レ天国もいよいよ終わりが近づいてきた感がありますが、こういう工事用客車を見れるのもそう長くはないのかもしれませんね。
>
> 台湾行きたい…

散々やらかしまくりの韓国製を嫌々受注せざるを得なかった台鐵には気の毒ですが、今後どう変わっていくか気になるものですね。数年後に登場するであろうEMU3000形(仮称)が登場することで、PP自強も置き換えが始まるでしょうし・・・。目下のところ、手動扉の莒光号、3671・3672次は重点を置いて取材したほうが良いと思います。

次回は海線の木造駅舎&3671次&三仙台、すべて巡れたら良いですね!楽しみにしております。

2019年01月26日(土)23:48