JR千歳線 千歳駅(北海道千歳市)―石勝線鈍行が発着する高架駅

今回は北海道千歳市にある、JR千歳駅をめぐっていきます。所属路線は千歳線、駅番号はH13。

その名の通り、千歳線の路線名になった駅です。所在地の千歳市は新千歳空港を市南部に抱え、北海道の玄関口として機能しています。また、道都札幌のベッドタウンでもあり、10万人弱の人口を有しています。

ちなみに、福岡県で同規模の自治体を挙げるならば、筆者の地元宗像市が当てはまります。


DSCN7872.jpg
さて、そんな千歳市の中心部にある千歳駅は、近代的な高架式になっています。駅西側には市役所などの公的施設や繁華街が、東側には閑静な住宅街が広がっているようです。

DSCN7898.jpg
さっそく改札を抜けて駅構内に入ります。札幌近郊ということで本数は比較的多いですが、特急は札幌~室蘭を結ぶ電車特急「すずらん」が停車するのみです。

「スーパー北斗」「スーパーおおぞら」「スーパーとかち」を利用する際は、一駅隣の南千歳駅から乗車することになります。駅の重要度は、空港に近く石勝線が分岐する南千歳が上のようですね。

DSCN7869.jpg
発着線の構造は上下線ともに、退避可能な2面4線になっています。ただし、一般的な2面4線の駅とは異なり、内側の線路が待避線、外側の線路が本線です。列車撮影には向いていません。

DSCN7870.jpg
▲電光掲示板「特急すずらん7号 15:03 札幌」

DSCN8024.jpg
▲電光掲示板「普通 10:38 夕張」
千歳駅は石勝線を走る普通列車の始発駅に設定されています。2019年2月現在、1日6本の普通列車が追分・夕張方面に直通しています。

石勝線はあくまでも特急メインの路線ですから、普通列車は南千歳~夕張間で細々と走るだけです。新夕張~新得間に至っては普通種別自体が存在せず、「青春18きっぷ」で同区間を特急利用できるのは有名な話です。

DSCN8023.jpg
千歳駅で退避する731系を2本撮影しましたので、最後にお届けします。こちらはG-108編成。なお、隣に停車中のキハ40系は夕張から来た列車です。

DSCN8030.jpg
こちらは731系のG-109編成です。以上、千歳駅からお届けしました。

撮影日:2019年2月19~20日
関連記事

Comment