お知らせ

4月11日:何度もテンプレートを変えてスイマセン・・・。野球がない腹いせに、南海ホークスをイメージしたレイアウトにしてみました。しばらくこれでやるつもり。
3月17日:ヘッダー画像を超絶シンプルにしてみました。
3月3日:ヘッダー画像を更新しました。~台湾新幹線の3並び~
1月1日:新年あけましておめでとうございます。
 

まだ雪深い2月下旬、北海道安平町にあるJR追分駅に降り立ちました。

今回ここに来たのには、いくつか理由があります。第一の理由は、本数の少ない石勝線の普通列車を待つため。そして、第二の理由は追分機関区の跡地を見るためです。

石勝線といえば特急しか走らない区間があることで有名ですが、普通列車もちゃんと設定されています。そんな普通列車を乗り継ぎながら、2019年春で廃止される夕張駅を目指そうというのです。

ところが、スケジュールの都合上、列車の運転間隔がかなり空いている時間帯に来てしまいました。空路で新千歳空港に降り立ってから、夕張に行く列車が来るまでの間、様々な場所で時間を潰してみましたが、それでも列車の時間まで余裕があります。そんなわけで、夕張までの道中にある追分駅に降り立ったのです。

追分駅といえば、国鉄における蒸気機関車終焉の地といわれ、火災の悲劇に見舞われた旧追分機関区が知られています。あれから40数年が経った今、追分駅はどうなっているのでしょうか。

DSCN7917.jpg
追分駅に到着すると、空はすでに薄暗くなり、夜が近づこうとしていました。まだ日没までに時間はあります。駅を出て南側にある跨線橋に向かいましょう。

DSCN7916.jpg
駅前にはD51-465号機の動輪が保存されています。このカマも追分機関区火災の犠牲になった一両で、もし火災が起きなければ、どこかで丸々保存されていたでしょう。

この火災で焼損した機関車の中には、長く熊本機関区に所属した79602号機も含まれます。北海道転属に際してデフレクタが切り詰められ、変形キャブ&切り詰め門鉄デフという珍要素を備えたカマでした。

DSCN7918.jpg
雪深い駅前を抜け、跨線橋に入ります。壁板にはキハ183系「クリスタルエクスプレス」のイラストが描かれていました。この列車、良いデザインしていますよね。

アルコンやトマサホ、フラノエクスプレスにニセコエクスプレスといった観光列車が多数走っていたのも今は昔。北海道のジョイフルトレインは今後どうなるのでしょうか。

それにしても、キハ56系(アルコン)やキハ80系(フラノ・トマサホ)からの魔改造は見事なものでしたね。さすがは苗穂工場です。走っている頃に見たかった・・・。

DSCN7919.jpg
ついに追分駅を俯瞰できる場所に到着です。右手には駅舎・ホームが、左手には機関区跡地が広がっています。室蘭本線と石勝線が交差する「ジャンクション」のため、今でも広い構内を有しています。

室蘭本線の本数や利用状況が厳しい一方で、石勝線系統の特急が多数停車するのは、追分駅にとってせめてもの救いだと思います。「スーパーとかち」の全列車と、「スーパーおおぞら」の一部列車が追分に停車します。

DSCN7920.jpg
苫小牧・南千歳方面を振り返ってみると、信号機がズラリと並んでいました。架線が無いので見晴らしがよいですね。

DSCN7921.jpg
駅構内の端に向かうと、線路が一本だけ奥に伸びていました。

この線路を辿ると、一番奥には保線車両の格納庫があります。周囲は機関区跡地を活用した住宅街になっていて、その中にはD51-320号機が保存されている「安平町鉄道資料館」も立地しています。

DSCN7922.jpg
列車を動画撮影しているうちに、日没間近となりました。寒くなってきましたし(元から寒いですが)、苫小牧行きの列車を撮影してから、駅へ戻ることに決めました。



DSCN7925.jpg
苫小牧行きの列車はキハ40系2両編成でした。この駅を出入りする普通列車は大方1両ですが、さすがに朝夕の時間帯は2両になるようです。

厳しい経営状況の中、北海道の鉄道はまだまだ頑張っています。キハ40系の後姿を見送ってから、雪深い追分駅に戻りました。

撮影日:2019年2月19日

関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからYouTubeチャンネル登録できます。老舗チャンネルとしての誇りを胸に、背水の陣でYouTube続行中。どうか応援の方よろしくお願いいたします。
どんなに冷遇されても負けんばーい!

コメントを残す






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。