ブログヘッダー画像
(当ブログにはプロモーションが含まれています)

JR石勝線普通2633D 乗車記(追分→夕張)【キハ40-1703】

2019年春に廃止される夕張支線をたずね、JR石勝線の普通列車に乗車します。

今回乗車する2533Dは夕張行きの最終列車にあたり、北海道ではメジャーなキハ40系の単行列車です。追分から終点の夕張まで乗車しました。

北海道中央部のJR線運賃表示

夕張への旅は、夜の追分駅から始まります。ここから夕張まで840円の切符を買い求め、列車が来るまで駅待合室で待つことに。

JR石勝線追分駅の発車表示

千歳始発の2633Dは追分駅を18時17分に出発します。追分には14分停車するため、列車が到着してから出発するまで、かなり余裕があります。あわてず改札を抜け、ホームに向かいました。

追分駅で出発を待つキハ40-1703夕張行き

跨線橋を越えて2番乗り場に向かうと、1両の気動車がたたずんでいました。

乗客は少なく、ホームは静寂と積雪に包まれています。夕張支線の廃止が近いせいか、レイルファンが数名乗車していました。長い停車時間を利用して、各々がホーム上で撮影を楽しんでいます。それでも、乗客は合計10人もいなかったはずです。

石勝線夕張支線のサボ

追分について交換されたのか、側面のサボは「夕張⇔追分」になっていました。

JR北海道キハ40-1703車内

今回はキハ40-1703に乗車します。

長らく北海道のローカル線で重宝されたキハ40ですが、老朽化が進んでいることから置き換えが計画されています。じきに新型気動車H100形が台頭することでしょう。

JR北海道キハ40-1703車内

車内はガランドウです。ボックス席には空きが多く、のんびりと過ごすことができました。

2月の平日でしたから、このような状態でした。これが3月以降や廃止間際なら、話が変わってくると思います。おそらくボックスは満席状態、駅ホームも撮影者だらけになっているはずです。このタイミングで来ることができて良かった。

JR北海道キハ40-1703運転台

運転席は一般的なキハ40形です。

JR北海道新夕張駅
▲新夕張駅に停車

列車は定刻通りに動き出しました。真っ暗闇の中を東に進んでいきます。

北海道の他の路線と同じく、石勝線では近年になって不採算駅の廃止が進み、東追分・十三里が信号場化されました。廃止になった駅の様子は真っ暗闇で見えず、列車の走る音を聴きながら時間を潰します。

追分を出て30分、夕張支線の起点にあたる新夕張駅に到着しました。列車はここで6分間停車します。ここで停車時間を利用して、ホーム上に出てみました。

新夕張駅に停車するキハ40夕張行き

新夕張駅ホームには真新しい雪が積もっていました。春が近づく九州とは対照的に、北海道はまだまだ厳しい冬真っただ中です。

雪に覆われたJR石勝線新夕張駅

新夕張の駅舎には分厚い雪が覆いかぶさっていました。まさに雪国です。

新夕張駅に停車する石勝線キハ40夕張行き

そろそろ発車時間です。車内に戻って出発を待ちましょう。

石勝線新夕張駅ホーム

18時54分、列車は新夕張駅を出発しました。ここから石勝線本線に別れを告げ、夕張支線に入っていきます。

元々、追分~夕張間は「夕張線」という運炭路線でした。やがて、根室本線の滝川~新得間に代わる道東への路線が計画され、南千歳~追分間・新夕張(紅葉山)~新得間の新線「石勝線」が開業しました。これに伴い、夕張線は石勝線の一部に組み込まれ、運炭路線から道東へのメインルートに生まれ変わりました。

その一方で、新夕張~夕張間はメインルートから外れ、おまけに運炭路線としての使命も失われ、支線として細々と残ってきました。



雪に覆われたJR夕張駅

列車はゆっくりとした速度で、夜の夕張市内をひた走り続けます。そして19時20分、列車はついに終点の夕張駅に到着しました。

夕張に着いた時点で乗客は数名だけとなり、やはり追分で見たレイルファンは全員、夕張まで乗り通していました。私と同じように、わざわざ遠くから足を運んできたのかもしれません。

ここまで乗ってきた列車は、わずか数分で折り返し2634Dとして追分に戻っていきます。彼らと一緒に、雪深い夕張駅から去っていく列車を眺め、夕張駅を後にしました。

列車がいなくなると、もう何も聞こえてきません。あるのは静寂と雪だけです。



▲今回収録した走行音です。
高評価&チャンネル登録お待ちしております!


撮影日:2019年2月19日
関連記事
鉄道北海道

COMMENT

シマキチ

九州から夕張まで行かれたんですか!お疲れ様です。やっぱりキハ40は良いですよね。

2019年03月06日(水)20:22
うらたつき

wra

シマキチ様

超絶弾丸旅でしたから、夕張に長居したいという名残惜しさとヘトヘト感がありました。飛行機がもうちょっと福岡発を早く、千歳発を遅く設定すれば、少しは変わるんでしょうけれども。さっぽろ雪まつりに行きたかったな・・・。

北海道のキハ40は何といっても、デッキ付きなのが良いですよね。全く寒さを感じませんでした。

2019年03月11日(月)00:54