お知らせ

1月1日:新年あけましておめでとうございます。
 

北海道夕張市にある宿泊施設「ゆうばり ホテルシューパロ」の宿泊記です。

今回は廃止間近の夕張支線に乗車するため、夕張で一泊しました。夕張駅横のホテルマウントレースイも魅力的でしたが、スキー場併設のせいか、あいにく部屋は満室でした。一方、ホテルシューパロの方は安価でかつ、市中心部にある数少ないホテルということで、空きを見つけて即予約を入れました。

DSCN7954.jpg
ホテルでの夜食用に、スーパーでの食料調達を考えていましたが、なんと夕張市中心部にはスーパーがありません。その代わりに、夕張駅の近くにセイコーマートがあります。そこで夜食を買い求め、20分ほど歩いてホテルに向かいました。

ホテルに入ると、明らかに中国人の言葉が聞こえてきました。夕張も外国人旅行者に好評らしく、中国人・韓国人であふれかえっています。

フロントでチェックインを済ませると、部屋のカギを渡されました。今回は4階に宿泊します。翌日は朝食開始前の6時半にチェックアウトを予定しています。そこで、朝食なし素泊まりプランで宿泊しました。

DSCN7953.jpg
台湾以外でホテルに泊まるのは、じつに2016年の山口県宇部以来、およそ3年ぶりです。きれいに掃除されて暖かい通路を抜け、今晩の寝床に向かいます。

部屋に入るやいなや、凄まじい熱気に包まれました。なにせ外が氷点下ですから、暖房をガンガン効かせているのです。おまけに乾燥しきっています。これなら服が濡れていても、一晩で乾いてしまいそうです。

荷物を置いて浴衣に着替え、さっそく1階の大浴場に向かいましょう。あいにく胆振東部地震の影響で、ウリにしている温泉が供給できなくなっているとのこと。いわゆる熱水風呂を提供しているわけですが、フェリーの大浴場と同じだと思えばよいのです。

早く装置の復旧が終わり、温泉の供給が再開されると良いですね。

DSCN7952.jpg
これまた熱い風呂を出て、暖房ガンガンの部屋に戻ります。

あまりにも暑いので、翌朝用に買っておいたコーヒー牛乳をグイ飲みしてしまいました。少し体を冷ましてからソファーに座り、カップ麺を食べながらテレビを見て過ごします。

気ままに過ごせるのも、ホテル宿泊の良い所です。今回のように設備の充実したところなら、なおさら不便を感じませんし、何の不安もなく過ごせます。そして11時ごろ、翌朝のことを考えて就寝。

暖房ガンガン、おまけにカラカラですから、もう口の中が乾燥して乾燥して、耐えられず深夜に起きてしまいました。浴室のタオルを濡らして竿に掛け、加湿器代わりにして凌ぎます。ホテルは乾燥していることが多いため、濡れタオルは結構役に立ちますよ。

翌朝は6時前に目覚めました。外はまだ暗いですが、列車に乗り遅れないよう早めに動き始めます。冷蔵庫に入れておいたサンドイッチとコーヒー牛乳を詰め込み、6時半にチェックアウト。

総括

ここまで、ホテルシューパロでの一晩について書いてきました。

厳しい寒さに覆われた冬場でも、暖かく快適に過ごせました。現在は温泉が供給されていないものの、大浴場で体を温める分には全く問題ありません。

今回は朝食なしのプランで宿泊しましたが、朝食ありだとバイキング形式・セットメニューの朝食が提供されます。提供時間は7時から9時まで。夕食付きのプランにした場合、6月から8月までメロン食べ放題も提供されます。

現地での過ごし方や時期に応じて、部屋・食事プランを選ぶと良いでしょう。

撮影日:2019年2月20日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。

コメントを残す






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。