タイを走る日本製電車 バンコクMRTパープルラインに乗る(タオプーン~バンパイ運河)

2016年8月、バンコクメトロ(MRT)パープルラインのタオプーン~バンパイ運河間が開業しました。この路線は日本のODAによって建設され、日本製の車両(総合車両製作所製造)が導入されました。

今回はそんなパープルラインに乗車して、どのような路線なのか探ってみようというのです。

DSCN8313.jpg
まずはパープルラインの南側の起点、タオプーン駅にやってきました。同駅はブルーラインと接続しており、国鉄のターミナル、フアランポーン駅から乗り換えなしで来ることができます。

金属探知機を通って駅構内に入ると、日本の支援で建設された旨を伝えるプレートが、目に飛び込んできました(写真上)。ブルーラインとパープルラインいずれも、日本の支援が入っています。

DSCN8314.jpg
ホームに上がると、車両が停車していました。この車両こそが、総合車両製作所のブランド「sustina」を採用した電車です。

バンコクメトロの車両は、すべて1000番台を名乗っており、具体的な形式名を持っていません。今回は便宜上、パープルラインの車両を「P1000系」と、ブルーラインの車両を「B1000系」と表現したいと思います。

DSCN8316.jpg
電車は沢山の乗客をのせ、バンパイ運河を目指して動き出しました。バンコク中心部には直通していないものの、利用者はそこそこあります。今後、タオプーンから南に延伸すれば、さらに利用客は増えるかもしれません。

バンコクは都市化が進んでいる一方で、鉄道空白地帯が多く、道路の慢性的な渋滞が問題視されています。その救世主として、MRTやライトレールといった鉄道システムが、バンコク都市圏に構築されつつあります。

DSCN8317.jpg
タオプーンを出てから40分後、バンパイ運河駅に到着しました。タオプーンからここまで、およそ21キロ離れています。

DSCN8319.jpg
車両だけでなくホームドアなど、構内の様々な設備にも、日本色が濃厚に織り込まれています。ただし、蒸し暑い熱帯ということもあって、全体的に壁は少なく、風が沢山吹き込んできます。

もしスコールが降ったら、駅ホームは一体どうなるのやら。

DSCN8325.jpg
日本製ということもあり、車内レイアウトは関東地方の標準的な通勤電車と似通っています。雨期になると、突然スコールが降ることもあるタイでは、濡れてもすぐに拭き取れるよう、FRP製の座席を多く採用しています。現地の環境に合わせて、うまくカスタマイズされていますね。

DSCN8326.jpg
車番ステッカーには、総合車両製作所とsustina・東芝の名前が刻まれています。

DSCN8327.jpg
ドア真上にはフルカラーの案内表示があります。

DSCN8328.jpg
再びバンパイ運河を出て、元来た道を戻っていきます。



DSCN8329.jpg
現状、全区間において地上を走行します。延伸が実現すれば、いかにもMRTらしい地下区間を走行することになりますが、それはまだ数年先のことです。

DSCN8330.jpg
列車は途中、チャオプラヤー川を渡ります。

DSCN8331.jpg
おりしも、チャオプラヤー川を巨大な艀が航行していました。

DSCN8332.jpg
タオプーン駅に戻る前に、バンソン駅で降りてみました。ここで列車の到着シーンを写真・動画で収めることに。

基本的に、駅ホームはあまり撮影に向いていません。障害物がホーム先端部に多く、電車がそれに隠れてしまいがちです。もし、沿線に構想の建物があって、窓から見えるのであれば、そこから収めるのが一番ではないかと思いました。

DSCN8333.jpg
バンソンでタオプーン行の電車を待っていると、遠くに鉄道の高架橋が見えました。あの真下には、タイ国鉄の東線が通っています。バーンスー駅のターミナル化にあわせて、東線の市内区間が立体交差化されるのでしょう。

タイ国鉄の急激な変化を感じながら、タオプーン行きの電車に乗り込みました。

撮影日:2019年3月19日
関連記事

Comment