お知らせ

3月17日:ヘッダー画像を超絶シンプルにしてみました。
3月3日:ヘッダー画像を更新しました。~台湾新幹線の3並び~
1月1日:新年あけましておめでとうございます。
 

2018年2月に就航したばかりの、タイ・ライオンエアSL314便に搭乗しました。ドンムアンを夜中に出て、福岡に早朝到着する「夜行便」で、福岡空港に発着するLCCの中でも、とりわけ長距離を航行するのが特徴です。

DSCN8486.jpg
今回、ドンムアン空港には19時ごろに到着しました。飛行機の出発時間は、日付が変わる直前の23時55分。4時間ほど余裕をもって到着したわけです。

まずターミナル内のフードコートで夕食を済ませ、まだ時間が空いていたので、スタバでアイスコーヒーを飲みながら時間を潰しました。ここならフリーWi-Fiも使えて便利ですよね。

DSCN8487.jpg
国際線ターミナルには、プミポン前国王の肖像画と写真が掲げられていました。ワチラロンコン国王の肖像画は、隣の国内線ターミナルにあります。

DSCN8488.jpg
出発時間まで2時間を切ったところで、保安検査・出国審査場に向かい、制限区域に移動します。

あとは何もすることがないので、出発ゲート前にある売店で、タイ最後の食事をしました。カオニャオマムアンです。値段は150バーツと、市中よりも2倍近くしますが、日本ではなかなか食べることができないので、しっかりと「食べおさめ」しました。

DSCN8489.jpg
売店のレジ裏にマンゴーがたくさん積んであって、注文したら、適宜それをカットして供しています。味は標準的なカオニャオマムアンでした。

DSCN8490.jpg
一方、出発ゲートには大量の中国人が屯しています。

この集団がなんとも酷いもので、四六時中わめきちらすのは当然のこと、足元は食べ散らかしやゴミで汚れていました。中国人は集団でいると、大方このような感じだと思います。数年前の台湾でも、中国人の集団が偉そうに喚き散らしていました。

おまけに行動様式も「地元仕様」になっていて、売店でカオニャオマムアンを注文しようとしたら、当たり前のように割り込みをされました。一応、ここはタイですよ。中国人が割り込みをするのは有名な話ですが、それを外国でも堂々とやってのけようとは。これだから中国人の集団は嫌なのです。

ドンムアン空港にはタイガーエアが就航しています。便数が少ないせいか少数でしたが、台湾人利用者を見かけました。彼らは節度をもって、かつ旅の思い出を楽しく語りながら、チェックインの列を作っていました。今でも一部の日本人は、このような連中と台湾人を一緒くたに扱うことがあります。これでも中国人と同類扱いをしますか?

DSCN8491.jpg
中国人集団のせいで不快な思いをしつつも、じっと出発までの時間を待ちました。やがて搭乗時間になり、飛行機が待機するスポットに向かうため、送迎バスに乗り込みます。




帰りの飛行機は夜行便ということもあり、大半の時間が睡眠時間になります。利用者の多くが寝静まっているようでしたが、このような環境で寝るのが難しい私には、ときおり態勢を変えながら、じっと瞑想するのが関の山でした。

DSCN8492.jpg
やがて、空が明るくなり、太陽が昇るタイミングで動画をまわしました。飛行機から眺める朝焼けは美しく、夜行便の面白さを少しだけ感じることになりました。

タイ・ライオンエアといえば、簡単な機内食(パン・ジュース)が付くことで知られています。今回は着陸1時間前になって、朝食のパン・ジュースが配られました。パンはいわゆる"あんパン"で、甘さが疲れた体に染みわたります。

DSCN8493.jpg
やがて飛行機はぶ厚い雲の中に入り、数十分間、雲の中をガタガタ揺れながら高度を下げていきます。やがて雲を抜けると、見えて来たのは箱崎ふ頭でした。普段なら、志賀島や糸島半島が見えたりしますが、今回は雲がぶ厚すぎて、あまり景色が見えないまま、福岡空港に着陸しました。

総括

今回、就航したばかりのタイ・ライオンエアSL314便に初搭乗しました。同便は0時前にドンムアンを出発して、早朝7時ごろ福岡に到着する夜行便です。

座席によっては足元のスペースが狭いため、寝ようにも辛いかもしれません。ただし、値段はスワンナプーム発のタイ国際航空に比べると、はるかに安く、値段をとるならライオン・エアを、快適さを選ぶならタイ国際航空を選ぶことになるでしょう。なお、両者ともにバンコク発福岡行きは夜行便になっていて、出発時間・到着時間は似通っています。

今後、福岡~ドンムアン間にはエアアジアも就航することになっています。この便もタイ・ライオンエアとほぼ同じ時間帯を航行することになっていて、今後、両者が競合する状況になると思います。どちらが使いやすいのか、いずれ比較したいところです。

撮影日:2019年3月20~21日

あとがき 喔熊組長の居場所

台湾から戻ってきました。一泊二日の滞在はチョット短すぎましたね。台鐵に関しては台北~万華を往復しただけで、結局ろくに写真も撮っていません。

個人的に思うのですが、オーベアのグッズはどこかに売ってないのでしょうか?

一応、グッズがあることは知っています。ただ、グッズ展開が積極的ではないようで、探そうにもむつかしいところがあります。心当たりのある方はお知らせください。
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからYouTubeチャンネル登録できます。老舗チャンネルとしての誇りを胸に、背水の陣でYouTube続行中。どうか応援の方よろしくお願いいたします。
どんなに冷遇されても負けんばーい!

コメントを残す






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。