お知らせ

4月11日:何度もテンプレートを変えてスイマセン・・・。野球がない腹いせに、南海ホークスをイメージしたレイアウトにしてみました。しばらくこれでやるつもり。
3月17日:ヘッダー画像を超絶シンプルにしてみました。
3月3日:ヘッダー画像を更新しました。~台湾新幹線の3並び~
1月1日:新年あけましておめでとうございます。
 

新元号「令和」になってから初となる、博多どんたく港まつりが催されました。

今回は初日(3日)に行われた、どんたくパレードの様子を中心にお届けします。「中の人」の負担を考えてか、昨年はパレードに参加するマスコットが少なく、専ら演舞台を中心に見てきましたが、今年はどうでしょうか?



DSCN8815.jpg
地下鉄祇園駅を出た私は、櫛田神社の前を通って冷泉公園に向かいました。神社境内に演舞台があるため、一帯は来場者で混雑しています。普段は静かな櫛田神社ですが、どんたくと山笠の時だけは違います。

冷泉公園には毎年、どんたくパレード隊の準備基地がおかれています。マーチングバンドはここで最後のリハーサルを行うため、とくにパレード前は賑やかです。運が良ければ待機中のマスコット
(所謂ゆるキャラ®とも)にも遭遇できますが、今回はどうでしょう?

こっぽりー(福岡県柳川市)

DSCN8816.jpg
公園に入った瞬間、懐かしい姿が目に飛び込んできました。

その姿は間違いない、柳川市の「こっぽりー」です。まじで久しぶりじゃないですか!2016年春の「ゆるキャラ(R)ふぇすてぃばる in恋のくに筑後」で、村松ばりの豪快なヘッドスライディングを決めたあの時以来です。

あれから3年、こっぽりーはあのまんまでした(そりゃそうだよな)。もうどんたくには出ないとばかり思っていたので、見た瞬間マジで飛び上がりましたよ。「どろつくどん」どんたく隊の一員として、これからパレードに向かうようです。

DSCN8817.jpg
ついに「こっぽりー」が動き出しました。それまでの間、沿道の子供たちを相手にしながら、どんたくの雰囲気に慣らしていきます。いかんな、ドーパミンが大量に噴出してきた。

DSCN8818.jpg
明治通りに向かうと、パレードは中盤に差し掛かっていました。序盤に来ればもう少し、マスコットを目にできたのかもしれませんが、ちょっと来るタイミングが遅かったようです。



DSCN8819.jpg
「こっぽりー」の出番は刻々と近づいています。

DSCN8820.jpg
そろそろ他都市どんたく隊の時間です。

今回はマスコットの登場が殆どなく、見た限りだと「こっぽりー」ぐらいでした。さすがに城島町は「くるっぱダウン騒動」の一件もあって、自重という形でしょうか。

DSCN8821.jpg
いったん「こっぽりー」に別れを告げ、ゴールの福岡市役所前に先回りすることに。中洲の路地を抜け、天神地区に向かいます。

いくべぇ(青森県)

DSCN8824.jpg
天神のお祭り本舞台に戻ってくると、ちょうど青森県のマスコット「いくべぇ」が登場していました。これからステージに上がるのか、それとも帰る途中なのか、ステージ脇でグリーティングの真っ最中です。

DSCN8825.jpg
福岡市役所前で「こっぽりー」のゴールを見届け、引き続きパレード観察に入ります。西部ガスの「プーパ」はすっかりお馴染みの存在ですね。

nimocaフェレット(西鉄)

DSCN8827.jpg
西鉄のどんたく隊からは、nimocaのフェレットが二匹。あれだけ動画を録りまくっていた西鉄ですが、ここ最近ではご無沙汰状態です。8000形が消えてから、とうとう関心が失せました。

みらいくん&キューデンヴォル太くん(九州電力)

DSCN8828.jpg
九州電力どんたく隊からは、マスコットが二体参加しています。九電公式マスコットの「みらいくん」(写真上・左側)と、同ラグビー部キューデンヴォルテクスの「キューデンヴォル太くん」です。

「みらいくん」の方は九州屈指の古参キャラで、1990(平成2)年に誕生しました。「カパプー」や「ももピッ!」と同様、幼少期の私に大きな影響を与えたマスコットの一つです。

2011年の震災以降、あまり見なくなりましたが、最近になって「復権」を果たしつつあるようです。着ぐるみも新しそうですし、これからも九電の顔として大切にされることでしょう。一時期見なくなったときは、結構ショックだったんですよ。

DSCN8829.jpg
▲九電どんたく隊に参加する「みらいくん」「キューデンヴォル太くん」
そしてみらいくんバルーンも


ピコット(自衛隊福岡地本)

DSCN8830.jpg
海上自衛隊佐世保基地の音楽隊がやってきました。最後尾には自衛隊福岡地本の「ピコット」もついています(写真上)。

DSCN8831.jpg
▲明治通りを歩く自衛隊の「ピコット」

ペラ坊&ペラ美(ボートレース福岡)

DSCN8832.jpg
次にマスコットを伴ってきたのは、ボートレース福岡のどんたく隊。「ペラ坊」と「ペラ美」がプロペラを回転させながら、明治通りを練り歩きます。

DSCN8833.jpg
ペラ坊は福岡のイベントにちょくちょく登場するので、私も何度か見たことがあります。恥ずかしながら、ペラ美は初見です。

DSCN8834.jpg
ファミチキ先輩が大量発生です!

ちどりん(福岡スクールオブミュージック専門学校)

DSCN8836.jpg
続いてFSMこと、福岡スクールオブミュージック専門学校のどんたく隊が来ました。まさかマスコットを伴っているとはつゆ知らず、良い意味で不意打ちをくらいました。

その名も「ちどりん」という、鳥のマスコットです。チドリモチーフなんでしょうかね。目が音符マークになっているところが、いかにも音楽学校らしい。

20190503_162633.jpg
▲明治通りを練り歩く「ちどりん」

ため蔵(福岡市南区)

20190503_163752.jpg
どんたく隊の流れに逆らいながら、呉服町拠点に戻ってきました。これから南区どんたく隊に参加するため、同区マスコットの「ため蔵」が近づいてきました(写真上)。

DSCN8837.jpg
「ため蔵」は軽快な足取りで、明治通りを進んでいきました。

かし丸(佐賀県鹿島市)

20190503_171453.jpg
過去数年の実績からして、残るマスコットはふくやどんたく隊の「かわりみ千兵衛」ぐらいです。そろそろ帰る準備をしようと背伸びしたその時、見覚えのあるマスコットが視界に入りました。佐賀県鹿島市の「かし丸」です。

しかもなんか、カメラを向けると反応がメチャクチャ良い!なんか2012年の「にゃんにゃん丸」を彷彿とさせますが、気のせいか?いや、気のせいじゃないかも・・・

サンキューるみすと
▲カシマル待機中!!
READY TO GO!!




DSCN8839.jpg
塩崎ハンターのツル氏に酷評された「かし丸」ですが、デザインとしてはまあ良くできている方だと思います。塩崎一族によくあるパーツ流用はどうかと思いますけど。

それはともかく、まもなく「かし丸」擁する鹿島市おどり隊が出発すると聞き、先回りして待つことに。

DSCN8840.jpg
やがて、鹿島市おどり隊が近づいてきました。「かし丸」は付き添いのスタッフもなく、足早に踊りながら近づいてきます。かなりの熟練者と見ました。

かわりみ千兵衛(ふくや)

20190503_172609.jpg 
そろそろ「かわりみ千兵衛」登場か?そう思った私は、元来た道を戻りました。すると予想通り、スタンバイの列にその姿を見つけました。暑すぎるのか、スタッフに扇いでもらっています。効果かは未知数。

DSCN8842.jpg
「かわりみ千兵衛」の存在を確認してから明治通りに戻り、ふくやどんたく隊の通過を待ちます。

DSCN8843.jpg
空が暗くなりだした頃、ついにふくやどんたく隊が近づいてきました。

DSCN8844.jpg
おや、「かわりみ千兵衛」の様子がちょっとおかしいですよ?頭がグラグラしているようで、スタッフの支えを受けながら、なんとか歩いています。この状態で福岡市役所までは、さぞかしキツかったことでしょうね。

ふくやどんたく隊が過ぎたら、ついにお待ちかね粕屋町どんたく隊の出番です!毎年どんたくパレードの大トリを飾る同どんたく隊は、大音量のBGMに合わせて、よさこい踊りを舞いながら明治通りを練り歩きます。

こうして、5月3日のどんたくパレードは全行程を終えました。

あとがき

令和初の博多どんたく港まつりは、ジンクスを跳ね返す好天に恵まれました。各地からの来場者が集まる博多駅前には、大小二つの演舞台が置かれ、駅前は大音量に包まれます。その様子はまさにどんたくならではの光景です。

博多区内には数か所の演舞台が置かれ、歩きながら演舞台巡りを楽しむことができます。区役所前の博多区演舞台は、設置場所が移転されたことにより、以前よりも大きな会場になりました。

時間帯・場所によっては、どんたくの起源「博多松囃子」の隊列を見ることができます。行程はリーフレット・公式ページに掲載されているので、気になる方は行程を把握したうえで、探してみると良いでしょう。

天神地区にはお祭り本舞台という、どんたく最大の演舞台があります。オーソドックスな伝統舞踊のほか、各地からの他都市どんたく隊も登壇するなど、とにかくバリエーション豊富なのが特徴です。運が良ければ、どんたく隊や協賛企業のマスコットにも遭遇できますよ。

ここ数年、パレードに参加するマスコットは少なく、昨年の様子からして「演舞台に登場しやすい」と予想していました。しかし、今年はパレードに参加するマスコットが多く、とくに「通りもん型」で多く目にすることになりました。もしマスコットを見たい場合は、お祭り本舞台・パレード両方をチェックした方が良さそうです。

撮影日:2019年5月3日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからYouTubeチャンネル登録できます。老舗チャンネルとしての誇りを胸に、背水の陣でYouTube続行中。どうか応援の方よろしくお願いいたします。
どんなに冷遇されても負けんばーい!

コメント(2)



名前:焼きそば
タイトル:ふくや
トラックの荷台のボードに描かれたキャプテンキャップを被ったキャラ、ふくやの公式なんでしょうかね?

有楽町のアンテナショップでふくやの商品を購入した時には、特に目立ったキャラはいなかった気がするので・・・。
2019年05月10日 22:55 | URL | #t50BOgd. [edit]
名前:wra
タイトル:焼きそば様
> トラックの荷台のボードに描かれたキャプテンキャップを被ったキャラ、ふくやの公式なんでしょうかね?

公式ですよ~。
頭を支えられながら歩いているのと同じ個体です。


> 有楽町のアンテナショップでふくやの商品を購入した時には、特に目立ったキャラはいなかった気がするので・・・。

ふくや店舗ではないので、目に入りにくいのかもしれませんね。
とはいえ、ふくや本家でも店舗によって「千兵衛さん」の影が薄い場合も多々あります(笑)
2019年05月15日 23:57 | URL | #9MBBB9Tg [edit]

コメントを残す






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。