ナイター観戦 SBホークスVS西武ライオンズ(2019年5月16日)

あれだけ福岡ゆかりの球団と言われていながら、私はこれまで西武戦を見たことがありません。

30年続いた平成が終わり、令和の時代になった2019年5月16日、ようやく西武ライオンズのプレーを観戦する日が訪れました。まいどお馴染み福岡ヤフオクドームで、ソフトバンクホークス対西武ライオンズ戦を観戦します。

2018年オフシーズンに大規模改装されたヤフオクドーム。黒を基調とした内装に生まれ変わり、よりカッコイイ球場になりました。ドーム前には商業施設「マークイズ」が進出し、ホークスタウンがあった頃とは、また随分と雰囲気が変わったそうです。

DSCN8899.jpg
唐人町から歩いてドームを目指すと、目の前に巨大なビルが見えてきました。これこそ、2018年末に開業した「マークイズ福岡ももち」です。

DSCN8900.jpg
館内には試合前に一息つける飲食店街のほか、地元住民が日常生活で利用できるよう、スーパーマーケット・日用品売り場も充実しています。一通り館内を散策した後は、スタバでコーヒーを飲んで時間を潰しました。入場開始時間の17時半をめどに、スタバを出てドームへ。

平日ということもあり、列はそれほどできていません。これがもし休日のデーゲームだったら、ものすごい混雑で一苦労だったでしょう。待つことなく入場口を抜けて、指定されたゲートに向かいます。

今回は「藤井ゲート」こと、15番ゲートから指定席に入ります。大規模リニューアル後、藤井ゲートがどのように整備されたのか、以前から気になっていました。

DSCN8910.jpg
入場口からほどなくして、15番「藤井ゲート」に到着しました。ダイエーホークスで中継ぎ投手として活躍し、2000年に夭折した藤井将雄投手を紀念して、彼が背負った背番号と同じ15番のゲートが、「藤井ゲート」として整備されています。

負け続きのホークスが勝てるよう、藤井投手に願いを込め、15番ゲートからスタンドに入ります。

DSCN8906.jpg
15番ゲート内には、藤井投手の写真や実働5年間の経歴・実績が掲示されています。

DSCN8907.jpg
藤井投手が急逝してから間もなく20年になりますが、あれから15番は欠番になっています。

私が久保寺雄二を知らなかったように、若いファンは藤井将雄を知らないかもしれません。しかし、それでもダイエー時代からのファンにとっては、忘れられない選手の一人として、いつまでも心の中に現役でいます。

DSCN8902.jpg
15番という番号から分かるように、指定された席はちょうど3塁と本塁の間です。ライトスタンドの応援団は、グラウンドを挟んで真向かいにいます。

場所が場所なだけに、観客のテンションは低いかもしれませんが、とりあえず頑張って応援していきますよ~。内野席だろうが構わん、こうなったら一人応援団開始ばーい!!

DSCN8903.jpg
試合開始が近づき、マスコットが続々と出てきました。「ふうさん」と「こふうさん」は相変わらず、ハリーたちと別行動で怪しげに歩いています。時折倒れますがご安心ください、仕様です。

DSCN8904.jpg
ふうさんとこふうさん、二体仲良くお昼寝中。まもなく試合が始まるので起きてください。

PIC_0054.jpg
今回の協賛はゆめタウンということで、マスコットの「ユーくん」「メーちゃん」も来てくれました。見ての通り、ヒツジがモチーフのマスコットです。CMで見たことのある方も多いのではないでしょうか?

PIC_0055.jpg
勝手に寝だした「こふうさん」を気にする、ユーくん&メーちゃん。

PIC_0056.jpg
ハリーとふうさんもやってきました。

PIC_0058.jpg
近づきすぎるふうさんを制止するハリー。

PIC_0059.jpg
静止しても止まらないのがふうさん。真面目一本のハリーも匙を投げちゃうほどです。

PIC_0060.jpg
セレモニーが終わり、ユーくん&メーちゃんは一旦ベンチ前に戻ります。

PIC_0062.jpg
甥っ子三人衆(ハック・リック・ホック)もやってきました。

PIC_0063.jpg
ふうさん&こふうさんは相変わらず、グラウンド内をウロウロしています。

PIC_0064.jpg
前に進んだり、交代したり、右へ左へ・・・。

右左歩き分ける、センスはもうたまらない、ふうさんの散歩から、始まるんだそれ行け!

さて、このフレーズはとあるホークスOBの応援歌をいじったものです。誰でしょう?
ホークスOBというよりもむしろ、阪急OBと言った方が良いのかもしれませんが。

PIC_0067.jpg
ベンチに目をやると、選手が試合に向けて最終調整中です。
内川元キャプテンとグラシアルが並んでストレッチ。

PIC_0069.jpg
ストレッチ中の内川元キャプテン。

PIC_0071.jpg
ベンチのメンツは昨年とちょっと違いますね。もちろん、内川、松田、高谷といったベテラン勢は健在ですが、とくに目立つのが若手選手。主力が続々と怪我で戦列を離れた結果、若手が一軍で活躍しています。

なお、この日から若手キャッチャーの九鬼隆平が、初の一軍昇格を果たして、捕手三人体制になりました。

PIC_0073.jpg
リックとユーくん&メーちゃん、何をしゃべってるのかい?

PIC_0074.jpg
またまたベンチをのぞき見しました。デスパイネの存在感が凄まじい!そして俊足周東君の背番号23番が眩しい!!村松と城所の良いとこ取りしたような選手なので、今後に期待しています。

それはそうと、早く城所外野守備走塁コーチが見たい。

PIC_0075.jpg
いよいよ、野手が守備位置に向かいます。ハリーはドライアイスを吹かしながら、選手たちを見送っていきます。演出の一つ一つがとにかく豪快、それがハリーホークの持ち味なのです。

今回の先発投手はサブマリン投法の高橋礼。地面すれすれに腕を振り、相手打者を打ち取っていきます。一方の西武も手ごわく、両軍ともになかなか点数が取れません。三~四者凡退が多く、試合はサクサクと進んでいきました。ちょっとこれ、石川柊太なみにテンポ良くない?

そんな中、ついに「あの人」がやってくれました。グラシアルです。ソロホームランで一点先制して、最後はもちろん「高谷おじさんをボコボコ」にしてからベンチに戻りました。

PIC_0078.jpg
しかし西武の山賊たちも黙っちゃいません。おかわり君こと中村剛也が、ベテランの意地を見せました。堂々たるソロホームランを放ち、これで勝負は振り出しです。

PIC_0080.jpg
五回裏の終了後、再びふうさん&こふうさん登場です。グラウンド整備の時間もこうして、マスコットが出てきて観客を楽しませてくれるのが、野球の醍醐味だと思います。

PIC_0081.jpg
ホックと仲良く歩くのは、ゆめタウンのユーくん&メーちゃん。甥っ子三人衆は仕草や歩き方があざといですね。

PIC_0084.jpg
タオルを持つハリーと、リック・ホック。

PIC_0085.jpg
ベンチで一番存在感を放つのは、何といってもデスパイネ。以前はひげでおなじみ藤本博史が一番でしたが、2019年から三軍監督に就任しました。

PIC_0089.jpg
ハニーに先導され、グラウンドを後にするユーくん&メーちゃん。全国で活動する企業マスコットなので、またどこかで会う日が来るでしょう。それまで達者でな~。

PIC_0091.jpg
試合は終盤に入り、両軍ともに点数が入らない状態が続きます。それを打ち破ったのは7回裏、正捕手甲斐拓也の一発でした。続いて8回裏にはグラシアル・内川がタイムリーを放ち、5-1の状態で9回表に入りました。

PIC_0092.jpg
最後はクローザー森唯斗が三者凡退でキッチリしめ、ホークスは久々の勝利を掴みました。高橋礼はこれで5勝目。大竹君にも白星を分けてやりたい・・・

PIC_0093.jpg
最後は勝利の花火が打ちあがります。ふうさん&こふうさんはもちろん、グラウンドの片隅で倒れたまま動きません。打ちあがって地面に落ちた、白いジェット風船になりきっているのかもしれませんね。

DSCN8905.jpg
お立ち台に上がったのは、先発高橋礼と女房役の甲斐拓也。高橋は8回まで1失点に抑え、拓也は7回裏に勝ち越しのホームランを放ちました。

観客がぞろぞろと帰っていく中、ふと天井を見上げてみると、屋根が少しづつ開いている所でした。ドームの屋根が開く瞬間なんて、殆ど目にしたことがありません。応援団の二次会を少し見てから、勝利の余韻に浸りつつドームを後にしました。

次のホークス戦観戦は、5月28日の対オリックス戦(京セラドーム)を予定しています。「KANSAI CLASSIC 2019」の4試合目となるこの日、ホークスは南海のユニフォームを、オリックスは阪急ブレーブスのユニフォームを着用します。

「ブレービー」の登場もさることながら、南海選手の応援歌演奏も楽しみにしています。とりあえず現地の雰囲気になじめるように、まずは通販でニューエラの南海キャップを買いました。じきに届くと思います。

撮影日:2019年5月16日
関連記事

Comment

焼きそば

こんばんは

ライオンズ、平和台球場の頃は野武士軍団でしたね。今じゃ山賊、いずれにせよ剛のイメージ。


それにしても、さすがはwraさん、球団マスコット以外のキャラの詳細もしっかり説明してくれてますね。


俺なんかは、ハマスタ行ってもざっくり過ぎてね。電化製品販売のNojimaとか、SMBCのキャラとか来ても、ブログに書く時は名前だけしか触れてないからなあ。


ホークスOBと言うより阪急OBのフレーズ…誰のヒッティングマーチだろう?思い浮かぶのは…松永は阪神経由で当時のダイエーに来たような…。


ネット裏近くでガチ応援してもいいじゃないですか。最近は、そんなファンも少なくないだろうし。


チームが勝ったし、ドームの屋根が開いたとこも見れたしで、良い日でしたね。次回の遠征も、良い日になりますように。福岡と広島では、まだ試合を見た事がないので、いつかは遠征してみたいものです。

2019年05月20日(月)01:38
wra

wra

焼きそば様

> ライオンズ、平和台球場の頃は野武士軍団でしたね。今じゃ山賊、いずれにせよ剛のイメージ。

ライオンズにしてもホークスにしても、福岡に縁のある球団はとにかく強い!
暗黒だったホークスが、福岡に来て上昇軍団に這い上がり、本当に良かったと思います。


> それにしても、さすがはwraさん、球団マスコット以外のキャラの詳細もしっかり説明してくれてますね。

なにせ元祖福岡のご当地キャラ追っかけを自負していますからね。
今は平日休みの勤務形態なので、なかなかイベントには行けません。こういった時にしっかり収集しておかないと!


> 俺なんかは、ハマスタ行ってもざっくり過ぎてね。電化製品販売のNojimaとか、SMBCのキャラとか来ても、ブログに書く時は名前だけしか触れてないからなあ。

とくに球場だと、被写体がかなり小さくなるので、どうしても「撮りにくいなぁ~」でスルーしちゃいますもん。
私も5年ほど前まではそうでした。


> ホークスOBと言うより阪急OBのフレーズ…誰のヒッティングマーチだろう?思い浮かぶのは…松永は阪神経由で当時のダイエーに来たような…。

ピンポーン!
松永浩美、正解です!!


> ネット裏近くでガチ応援してもいいじゃないですか。最近は、そんなファンも少なくないだろうし。

ヤフオクドームのホークスファンは、どちらかというと大人しいんですよ。
良く言えば上品というべきでしょうか。

試しに今宮の裏歌詞を大声で歌ってみたら、少しだけ近隣の歓声が大きくなりました(笑)


> チームが勝ったし、ドームの屋根が開いたとこも見れたしで、良い日でしたね。次回の遠征も、良い日になりますように。福岡と広島では、まだ試合を見た事がないので、いつかは遠征してみたいものです。

なかなか点数が付かないので、どうなるかと思いましたが良かったです。
福岡へはLCCが便利ですよ~。お待ちしております!

2019年05月21日(火)01:07