【撮影記録】早朝6時台の南海浜寺公園駅 2019年5月

早朝の駅撮りはいつやっても面白いもの。旅先では早朝から動くことが多い私にとって、朝ラッシュ前の駅ホームは格好の撮影地です。夜行フェリーで大阪・神戸入りする際には、南海本線や阪急神戸線、阪神本線での撮影を好んでやっています。

DSCN8942.jpg
泉大津で夜行フェリーを降りた私は、南海電車で浜寺公園駅を目指しました。今回は早朝の同駅で、南海電車を撮影しようというのです。泉大津から7100系の普通に揺られ、目的地を目指します。

DSCN8943.jpg
浜寺公園駅に到着すると、ホームは静寂に包まれていました。まだ朝ラッシュ前のようで、乗客の姿はほとんど見当たりません。和歌山市方面の待避線には、1000系の回送列車が停車中でした。

DSCN8944.jpg
旧駅舎が保存されている浜寺公園駅には、古い構造物が随所に残されています。ホーム上の待合室もレトロなデザインを濃厚に留め、今でも待合室として現役です。

DSCN8945.jpg
ここ浜寺公園駅には、上下線ともに待避線が設置されていますが、うち難波方面のホームは、なんとも奇妙な形状をしています。待避線に入る列車は一旦、本線ホームを通過してから入線する形になっているのです。

DSCN8946.jpg
そうこうしているうちに、列車が頻繁に通過していきます。どうやら通勤通学の時間帯になったようです。これはチャンス!やってくる列車を動画に収めていきましょう。

DSCN8948.jpg
撮影を始めてから20分もしないうちに、ホームが利用者で賑やかになってきました。利用者の映り込みを考慮して、そろそろ駅から引き上げることにします。20分ほどの滞在時間を経て、難波行きの普通列車で浜寺公園駅を後にしました。

撮影日:2019年5月28日
関連記事

Comment