【撮影記録】雨の日の阪急梅田駅

たとえ雨の日でも、ビル内にある阪急梅田駅なら濡れずに撮影できます。ということで、大阪に来てあいにくの雨に遭遇してしまった日、暇つぶしにと阪急梅田駅に立ち寄りました。

DSCN8988.jpg
駅の片隅から構内を一望すると、マルーンの電車がズラリと並んでいる光景が広がっていました。3つの系統(京都線・神戸線・宝塚線)が一堂に会する同駅には、何本もの線路とホームが用意され、巨大ターミナル駅としてのオーラが放たれています。

DSCN8990.jpg
京都線の2号線には3300系(3311F)が停車中でした。3300系も気が付くと製造から半世紀を迎え、関西を代表するオンボロ電車の一つになっています。

DSCN8991.jpg
宝塚線ホームに行くと、ちょうど6000系(6001F)が出発するところでした。急いで写真を撮ってみると、残念ながらブレ気味でした。

一般的な私鉄だと6001F=トップナンバーですが、阪急ということで2編成目です。

DSCN8992.jpg
最後に神戸線が発着する9号線に向かうと、8000系(8002F)が停まっていました。神戸三宮を通り越して神戸高速鉄道に乗り入れる、新開地行きの特急です。

DSCN8993.jpg
▲神戸線ホーム側から阪急梅田駅構内を一望して

20190528_142631.jpg
撮影後、京都線に乗って水無瀬まで往復してから、再度梅田に戻ってきました。雨が降っていなければ、水無瀬からJR島本駅まで移動して、島本を通過する電車を撮るつもりでしたが、あまりにも雨がひどく、外を出あるくことも難しいほどでした。

駅の車寄せから水無瀬の街並みを遠目に見物したのち、元来た道を戻りました。梅田に到着した後は、大阪駅ビルのスタバでタブレットの充電がてら、コーヒーを飲みながら暇をつぶすことに。

撮影日:2019年5月28日

あとがき

タイ行きの航空券が安すぎるあまり、ポチってしまいました。

近いうちに北海道に行こうと思って、ピーチの運賃を確認してみたんですよ。すると、予定日に限って往復3万円台に高騰していました。ちなみに前回利用時は往復2万強でした。

もういいやと北海道行きを諦め、HISでバンコク行きの航空券を検索してみると、ライオンエアが往復2万円を切っているではありませんか!今の時期、タイは雨期中ということでオフシーズンにあたります。しかし、ここまで安くなっているとは思ってもいませんでした。

ちなみに、スワンナプーム発着のタイ国際航空は、往復6万円台でした。

これまでタイに行かなかったのは、TGがあまりにも高すぎるからなんですよね。キツイ道中にはなりますが、それでも安いのがLCCの強みです。今回はお菓子を沢山買って帰りたく、復路だけ受託荷物(5kg)を設定しました。

今回は寝台列車に乗るため、チェンマイに向かいます。行きは特急13レを、帰りは急行52レを利用して、フアランポーンとチェンマイを往復する予定です。すでに往復分の切符を決済・発券済みということで、切符の売り切れを心配する必要はありません。

予約した時点で、13レの冷房2等寝台は最後の一席(上段)を残すだけになっていました。何とか確保できて良かったです。帰りはBTC1000系寝台車の雰囲気を感じたいと、非冷房下段を選択しました。間違いなく蒸し暑いでしょうが、せっかくの機会を逃すわけにはいきません。そう早いうちに消えないと思いますけど、結局乗らずじまいになるのが一番怖いのです。

<大まかな行程>
初日は到着後、前回行ったカオゲーンビュッフェ・チェーウライに行ってみようと思います。あそこは雨宿りする場所が少ないので、スコールに降られないことを願うばかりですが。

13レの出発時間が19時と遅く、それまでの間は何かをして時間を潰すことになります。どうせスコールが降るでしょうし、雨宿りを兼ねて、サイアムのショッピングモールに滞在することになりそうです。

翌日のチェンマイ到着時間は、定刻だと8時40分です。遅れても9時過ぎには到着するでしょう。52レの出発時間まで6時間もあります。それまでの間、チェンマイをめぐることになりますが、個人的には麺料理「カオソーイ」実食を一番の目的としています。

3日目はフアランポーンに早朝5時半到着の予定です。しばらく駅構内で撮影してから、ルンピニー公園に行ってみようと思います。その後はアユタヤに行くか、メークロンに行くか、どちらかを予定しています。

夕方以降の予定は前回と同じく、中心部のショッピングモールで土産物を、オート―コー市場でカノムを買い求め、20時までにはドンムアンに着いておきたいところです。
関連記事

Comment

libertyrail

こんにちは。

阪急梅田駅のホームは大手私鉄の中で一番と言える規模と雰囲気を持ち
ターミナル駅の名が似合う駅です。
私鉄の車両で1番から始まる編成がトップナンバーなはずが
阪急は0番から始まり阪神電鉄に直通特急で相互乗り入れてる
山陽電気鉄道も同じで
6000系も6000Fから始まってます。

マルーン色の車体がしっかり磨きあげ輝いてるのを見ると
鉄道業者として誇りを持って運行してるのが伝わります。
3300系も半世紀の間第一線で活躍してて
関西の私鉄は車両を大切にしてるなと感じ
いつ勇退する日が来るかわかりませんが
1日も長く活躍して貰いたいですね。

2019年06月12日(水)10:47

負鷺

関西私鉄は阪神以外どこも103系世代が主力で、しかもピカピカの状態で走っていて鉄道好きとしては本当に羨ましい
楽園といってもいい状況ですね
自分が鉄道に興味をもって約20年
世代交代が進んでいないのは嬉しい反面ヤバい気もしないでもないんですけど…


タイへも往復2万とは、その辺に新幹線で旅行に行くような感覚ですね
流石雨季
タイ国鉄の夜行は食堂車も繋いでいるんで、食レポも楽しみにしています


3日目の予定ですが個人的にはメークロン線を推しますね
鉄道好きなら特に
メークロン市場自体は観光地といった感じで大したことは無かったんですが、道中のマハーチャイ駅や地元タイ人で賑わうマハーチャイ市場のカオスっぷりは凄まじかったです
タイを通り越してインドに来てしまったような?感じでした
行かれる際には自分みたいに渡船からバーンレム駅への乗り継ぎで迷わないように注意してください…

アユタヤもレンタサイクルで巡るとなかなか楽しいんですが雨季となると厳しい気も…


何処に行かれるにしてもスコールに当たらない&自分みたいに野犬に襲われないことを願ってます
 

あんまり参考にはならないかとは思いますがメークロン線の記事
http://jinseigaikidomari.blog.fc2.com/blog-entry-799.html

2019年06月12日(水)22:23
WRA

wra

libertyrail様

いつもコメントありがとうございます。

> 阪急梅田駅のホームは大手私鉄の中で一番と言える規模と雰囲気を持ち
> ターミナル駅の名が似合う駅です。

阪急梅田駅を見てしまうと、西鉄福岡駅がちっぽけに見えてしまいます。
さすがは三系統が集う第ターミナルですよね!


> 私鉄の車両で1番から始まる編成がトップナンバーなはずが
> 阪急は0番から始まり阪神電鉄に直通特急で相互乗り入れてる
> 山陽電気鉄道も同じで
> 6000系も6000Fから始まってます。

おや、山陽もですか。関西私鉄は個性があって面白いかな~。


> マルーン色の車体がしっかり磨きあげ輝いてるのを見ると
> 鉄道業者として誇りを持って運行してるのが伝わります。

他の私鉄は数十年おきに色を変えたりしていますが、阪急は昔からマルーン一筋!
そこに痺れますし、憧れるんですよね。よく阪急を撮りに行く理由の一つがこのマルーン色です。


> 3300系も半世紀の間第一線で活躍してて
> 関西の私鉄は車両を大切にしてるなと感じ
> いつ勇退する日が来るかわかりませんが
> 1日も長く活躍して貰いたいですね。

2300系は思うように撮れなかったので、3300系はちゃんとした写真に撮れてよかったです。
あとは晴れの日に水無瀬辺りで動画にすれば、もう完璧なのですが・・・先日は見事な雨でやられました(笑)

2019年06月13日(木)00:31
WRA

wra

負鷺様

> 関西私鉄は阪神以外どこも103系世代が主力で、しかもピカピカの状態で走っていて鉄道好きとしては本当に羨ましい
> 楽園といってもいい状況ですね
> 自分が鉄道に興味をもって約20年
> 世代交代が進んでいないのは嬉しい反面ヤバい気もしないでもないんですけど…

一番怖いのは故障ですよね。
筑肥線103系もそうですが、故障が原因で遅れが出たりすることもありますし、老朽化対策は重要な課題だと思います。


> タイへも往復2万とは、その辺に新幹線で旅行に行くような感覚ですね
> 流石雨季
> タイ国鉄の夜行は食堂車も繋いでいるんで、食レポも楽しみにしています

寝台列車は2012年の「きたぐに」以来、じつに7年ぶりです。
客車フリークとしては、車内の細かい部分がどうなっているのか気になっています。

じつをいうと、仕事の息抜きを兼ねているんですけれどね。


> 3日目の予定ですが個人的にはメークロン線を推しますね
> 鉄道好きなら特に
> メークロン市場自体は観光地といった感じで大したことは無かったんですが、道中のマハーチャイ駅や地元タイ人で賑わうマハーチャイ市場のカオスっぷりは凄まじかったです
> タイを通り越してインドに来てしまったような?感じでした
> 行かれる際には自分みたいに渡船からバーンレム駅への乗り継ぎで迷わないように注意してください…

当該記事、全部読みましたよ。桟橋からバーンレム駅までの道中は災難でしたね。
地図で見る限りだと結構距離があって、これは迷っても不思議ではないなと思いました。

マハーチャイ駅の方がローカルな感じで良いとのことなので、しっかりと見てきます。


> アユタヤもレンタサイクルで巡るとなかなか楽しいんですが雨季となると厳しい気も…

午後の外歩きはかなり気を付けないと、大変なことになりそうですね。


> 何処に行かれるにしてもスコールに当たらない&自分みたいに野犬に襲われないことを願ってます

野犬はとにかく近づかないこと&いそうな場所を避けることで、個人的には回避しています。それでも群れでいる場所も多くて、マッカサン工場の南側にヤバイ場所を見つけました。

個人的な経験からして一番ヤバイのが、群れでいるケースです。これだから犬は大嫌いなんですよね。


> あんまり参考にはならないかとは思いますがメークロン線の記事
> http://jinseigaikidomari.blog.fc2.com/blog-entry-799.html

じつはかなり参考になりました。拍手をしたのも私です。

2019年06月13日(木)01:05