キモ可愛い!?シフォンケーキづくりに失敗したら「妖怪が爆誕」

抹茶味のシフォンケーキを作ってみました。どうやら加熱の仕方が良くなかったみたいで、オーブンから出してみると、側面に大きな穴が開いてしまいました。

とりあえず冷ましてから、切り分けようと皿に置いてみます。すると、シフォンケーキが顔の形をしていることに気が付きました。

それを写したのが下の写真です。どうでしょう?

20190611_173618.jpg
▲早く人間になりたーい!

大きく空いた穴が、まるで口のようにパックリと裂けています。その両脇には、まるで目のように小さなくぼみも二つ空いていました。まさに顔!

家族は「妖怪だ!」と言っていましたが、私はシロイルカ(ベルーガ)っぽいかなと思いました。抹茶の粉を入れたおかげで、舌が緑色になっているように見えて、それが妖怪っぽさを引き立てたのかもしれません。

可愛いような、不気味さがあるような・・・面白い失敗作ができました。
関連記事

Comment

焼きそば

こんばんは

失敗は、むしろチャンス。ただで起きたらいけませんね(笑)。


最近のSNSでは、失敗した料理を、あえて競っている方々もいるそうですけど、「ばえる」写真ばかりよりは、余裕があって楽しそうです。


ただ、故意に失敗しようとすると面白味が無くなり…自然が一番ですね。

2019年06月15日(土)02:57

とっつぁん

あらほんとだ(^^)顔の形になってますね(^^)抹茶の色がぴったり合って、ほんと妖怪のようですね(^^) 

でも、抹茶の苦味とケーキの甘さがマッチして、とても美味しそうですね(^^)

時には失敗が成功より上回る事もありますね(^^)

2019年06月15日(土)16:40
wra

wra

とっつぁん様

でしょ!?
失敗したらいつも凹んじゃいますけど、今回ばかりは大笑いでしたね。

写真を撮ったら早速切り分けて食べましたが、味はバッチリグーでした。

2019年06月15日(土)23:37