同じウォンウィアンヤイでも、BTSとメークロン線はだいぶ離れています。暑さから少しでも逃れようと、BTS改札前のドリンクスタンドでタピオカミルクティを買い求め、飲みながら歩いて移動することに。



ウォンウィアンヤイ⇒ウォンウィアンヤイ BTSからメークロン線に乗り換え

途中で大通りを渡ろうと歩道橋に入ると、そこにいたのは煤汚れた乞食でした。缶に入った黄色く粘り気のあるものを、かき混ぜて食べようとしています。目はうつろで、這うようにして動いています。缶に入っているのが一体何か、私にはまるで分りません。人が食べるようなものでないのは確かでした。

歩道橋を渡ると程なくして、大きな広場が見えてきました。メークロン線のウォンウィアンヤイ駅は、その手前から路地に入った先にあります。BTS駅からここまで、歩いて10分かかりました。

DSCN9278.jpg
到着した場所はまさに、一昔前の新豊橋駅です。路地に沿って棒線ホームが伸び、その先端は車止めになっていました。ホームにはマハーチャイ行きの列車が止まり、出発の時を待っています。

時刻表を見ると、あと2分で出発することが分かりました。窓口でマハーチャイまでの切符を買い求め、すみやかに乗車します。運賃は10バーツ。

ウォンウィアンヤイ~マハーチャイ

先頭車のボックスシートに腰かけると、すぐに動き出しました。FRPの座席に響くほどエンジンを吹かし、ウォンウィアンヤイ駅を後にします。車両の状態は決して良いとは言えず、車内の壁には穴が開き、埃にまみれていました。エンジンの状態も良くなさそうです。

DSCN9280.jpg
▲ワットシン駅

DSCN9281.jpg
▲カンケーハ駅

DSCN9282.jpg
▲ランポー駅でウォンウィアンヤイ行きと交換

DSCN9284.jpg
▲交換設備のあるランポー駅

DSCN9286.jpg
沿線にはバナナの樹が沢山生えています。実はまだ小さく、青々としていました。そんな風景が日常的に見られるのも南国ならではです。

DSCN9287.jpg
バンコク郊外から徐々に離れ、風景は農村へと移り変わっていきます。

ときおり並走・交差する水路にはジャンボタニシが多く、壁にはピンクの卵が張り付き、大きなジャンボタニシが沢山住み着いていました。車窓からでも識別できるほど、ジャンボタニシは大きく成長しきっています。凄まじいものを見てしまいました。

DSCN9285.jpg
▲サムイェーク駅

DSCN9288.jpg
さすがは私鉄由来の路線なだけあって、列車はこまめに停車していきます。

DSCN9296.jpg
寝台列車で寝足りなかったのか、徐々に眠くなってきました。半分眠りかけているうちに、終点のマハーチャイ駅に到着です。ウォンウィアンヤイから約1時間の短い旅でした。



マハーチャイで市場散策

DSCN9292.jpg
マハーチャイ駅を出て、とりあえず駅周辺を散策してみることに。今回は時間の関係で、バンレーム駅やメークロンには向かいません。バンレームへ向かう渡船の桟橋を確認してから、再び駅に戻ります。



DSCN9294.jpg
マハーチャイ市場の軒先に大人しい茶トラ猫がいました。ちょっと眠そうな顔をしています。

マハーチャイ~ウォンウィアンヤイ

DSCN9301.jpg
マハーチャイに一時間ほど滞在してから、ウォンウィアンヤイ駅に戻っていきます。

DSCN9302.jpg
乗車前、マハーチャイ市場の青果店でランブータンを40バーツで購入しました。車内で食べようと思って買ったものですが、オバチャンは思った以上にたくさん袋に入れてくれました。数にしてなんと20個!

はたして、ウォンウィアンヤイに到着するまでに食べきれるでしょうか?

DSCN9303.jpg
毛むくじゃらの皮を剥くと、茹で卵のような白い実が露になりました。味はほんのりと甘く、冷凍では味わえない瑞々しさもあります。皮が厚いので剥くのは大変ですが、食べてみる価値はあります。結局、40分かけてランブータン20数個を食べつくしました。

その後、土産物を買おうとターミナル21に行った際、地下のスーパーでランブータン10個入りを見つけました。値段を見てみると、120バーツとマハーチャイの倍以上もするではありませんか!買う場所が違えば、値段も違ってくるということです。マハーチャイで買って正解でした。

DSCN9304.jpg
ランブータンを食べ終え、前面展望に目をやると、列車はバンコク中心部に入ろうとしていました。左右には家屋が立ち並び、樹木の枝が列車を叩きつけます。

DSCN9305.jpg
再びウォンウィアンヤイ駅に戻ってきました。時刻は昼の13時をまわろうとしています。

DSCN9307.jpg
こうして初のメークロン線乗車は終わりを迎えました。バンレーム~メークロン間には乗車していないため、完乗というわけにはいきませんが、メークロン線の大まかな雰囲気は感じ取れたと思います。

さて、ウォンウィアンヤイ駅に戻ってきたところで、お昼時になりました。これからお昼ご飯を求めて、駅構内を散策することにします。

ここウォンウィアンヤイ駅には、たくさんの食堂が入居しているそうです。一体どんなタイ料理が待っているのでしょうか?

撮影日:2019年6月20日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。

  コメント
素晴らしい
愉快な体験旅ですね~

言葉はどのようにして通じているのですか?
プルートパパ #- [ 編集 ]    2019年07月01日(月) 22:02
澄み切った青空が綺麗ですね
雨季とは思えません
ランブータンという果物は初耳です
そういえばあんな赤い実が店の軒先に有ったような無かったような

自分はマハチャイで屋台の焼き豚串とイカ焼きしか食ってないです…
負鷺 #TxMwtzck [ 編集 ]    2019年07月03日(水) 00:08
負鷺様
> 澄み切った青空が綺麗ですね
> 雨季とは思えません

結構雨を心配していましたが、9月頃に比べたら降雨量は全然少ないみたいで、全くの杞憂でした。
バンコクで好天に恵まれて良かったです。


> ランブータンという果物は初耳です
> そういえばあんな赤い実が店の軒先に有ったような無かったような

今の時期、ランブータンやマンゴスチン、生のライチなんか売ってあります。
ライチも買って食べようと思いましたが、ランブータンのあの多さにたまげてしまい、買うのをやめました。


> 自分はマハチャイで屋台の焼き豚串とイカ焼きしか食ってないです…

あの辺は海産物店が多かった印象を受けます。
渡し船の桟橋付近に、真っ白なイカが並べてあったのを思い出します。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2019年07月04日(木) 21:38
プルートパパ様
基本的に英語を使っています。
どうしてもという場合(ローカル屋台など)は、指さしたりタイ語の簡単な単語を使ったりしますね。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2019年07月11日(木) 23:18
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):