お知らせ

1月1日:新年あけましておめでとうございます。
 

タイ三日間の行程はついに最終章へと突入しました。

真っ暗なオート―コー市場で

時刻は夜18時半。バンコク滞在を終えた私は、ターミナル21を出てMRTスクンビット駅に移動しました。これから電車・バスを乗り継いで、ドンムアン空港に向かうこともできますが、その前にやっておくことが一つあります。それが、オート―コー市場での買い出しです。

買い出しと言ってもそんなに多くありません。カノム(タイ菓子)を購入できたら万々歳です。

前回(2019年3月)、オート―コー市場でカノムを買って帰ったところ、家族に大好評でした。とくにキャラメルのような、茶色いココナッツ味の菓子が大好評でして、今回は数箱買って帰ろうと考えています。

さて、MRTスクンビット駅に向かうと、なんと、帰宅ラッシュの真っただ中でした。ホームには長蛇の列ができあがり、凄まじいことになっています。とりあえず、列の最後尾を探して並ぶことに。

電車は約5分おきに到着しますが、すでに前の駅で大量に乗車しているため、乗れたとしてもごく一部だけ。当然積み残しが発生します。5本近くやり過ごしたでしょうか、ようやくタオプーン行に乗ることができました。

車内はすし詰め状態をゆうに超え、「くろがねの堅パン」状態になっています。身動き一つ取れず、息苦しいまま数駅間過ごしました。フアイクワンだったと思いますが、乗客がどっと大量に下車したことで、ようやく車内にゆとりが出てきました。

それにしても、凄まじい混雑ラッシュでした。東京屈指の混雑路線で有名な埼京線も、このような感じなのでしょうか。

DSCN9327.jpg
オート―コー市場最寄りのカンペンペット駅に着いた時点で、すでに19時半をまわろうとしていました。急いで市場に向かうと、入口は開いていましたが、中は静まり返っています。すでに閉まっている店が多く、どこも明かりがついていません。もう営業中の店はないのでしょうか?

DSCN9329.jpg
いいえ、ほんの一部だけ営業を続けていました。ドリアンなどを扱う果物店が2~3軒ほど、明かりをつけて営業しています。しかし客の姿はなく、通路では従業員と思しき若い女性がふざけ合っています。

DSCN9328.jpg
果物店が営業していることで、希望が見えてきました。もしかすると、菓子店も営業しているかもしれないと思い、ダメ元で店まで行ってみることに。上の写真で赤い丸を付けた場所が、目的地の菓子店です。

おや、ちょっと明かりがついていますね・・・。これはもしかしたら!

DSCN9330.jpg
結果、無事にカノムを買って帰ることができました。ダメもとで行ってみたところ、菓子店はまだ営業を続けていました。真っ暗闇の中、菓子店にだけ明かりがついていたのです!

ちょうど、店のオバチャンは店じまいの準備をしようというところでした。急いでカノムを買い求め、欲しいものはすべて買いだすことに成功。袋いっぱいに菓子箱を詰めて、これにてオート―コー市場での目的は達成です。

ドンムアン空港で帰国準備

DSCN9331.jpg
モーチットでA1バスに乗り換え、ドンムアン空港には20時半に到着しました。セブンイレブンで最後の買い出しをしてからチェックインを済ませ、構内のスタバで休憩に入ります。

今回も搭乗2時間前にチェックインをしました。

チェックインに際して受託荷物を軽量してみると、なんと6キロをゆうに超えていました。今回は5kg分の受託荷物を申請しています。あわてて荷物を組みなおし、なんとか5.0kgジャストで荷物を預けることに成功しました。もしかすると、カウンターのお姉さんが便宜を図ってくれたのかもしれませんが。

DSCN9332.jpg
スタバで30分の滞在を済ませたのち、出国審査を経て制限区域に向かいます。売店で水を買ってから搭乗ゲートに向かい、あとは搭乗開始を待つばかりです。

前回はうるさくて散らかす中国人に出くわしてしまいましたが、今回は比較的まともな乗客が多く、おとなしく深圳行きを待っていました。お陰で不快な思いをすることなく、福岡行きSL314便の搭乗時間が訪れました。

DSCN9334.jpg
帰りも行きと同じく窓際です。隣のエプロンには、ノックエアとエアアジアの機体が止まっていました。

DSCN9335.jpg
ノックエアは、クチバシだけのロゴマークがシュールで面白い。

SL314便で福岡空港へ帰還

DSCN9336.jpg
ついにSL314の離陸時間になりました。

これにて3日間にわたるタイ滞在は幕を閉じます。タイは本当に面白い国ですし、何といっても飯が美味い。鉄道も客車ばかりで魅力的ですし、何といっても寝台車が走っているのが良い。次は南線でハジャイに行くことを考えつつ、バンコクの夜景を動画に収めました。

DSCN9338.jpg
離陸後、まもなくして機内食が配られました。パンはいわゆるカップケーキで、バナナの香りがしました。昔、家でバナナケーキを作ってもらったのを思い出します。しっとりしてパサつきがなく、あっという間に平らげてしまいました。

DSCN9339.jpg
夜はそこそこ眠れましたが、首を横に曲げすぎてしまい、首や肩を痛めてしまいました。飛行機やバスでの睡眠は、首を痛めやすいので好きではありません。

DSCN9340.jpg
やがて朝を迎え、窓の外には青々とした空が広がっていました。



DSCN9342.jpg
そして朝7時をまわった頃、福岡空港に到着しました。窓の外には行きと同じく、桃園行きのバニラエアが駐機されています。

DSCN9343.jpg
タラップを伝って外に出ると、福岡の乾燥した空気が出迎えてくれました。6月の福岡もそこそこ暑いですが、タイの蒸し暑さに比べたらはるかにマシです。

バスに乗り換えて入国ゲートを通り、荷物を受け取ったら、あとは税関検査を受けるだけ。3日間の滞在に加え、受託荷物も抱え込んでいましたが、とくに聞かれたり検査を受けたりすることはなく、無罪放免と相成りました。

あとは地下鉄・JRを乗り継いで自宅に戻るだけです。帰宅後すぐに出勤と、ハードな朝になりましたが、なんとかブッ倒れることなく業務をこなしました。

DSCN9344.jpg
夜になってようやく荷物整理がはじまります。冷蔵庫に入れておいたカノムを外に出し、家族にふるまいました。キャラメル風の茶色い菓子は相変わらず人気で、あっという間になくなってしまいました。

タイ旅行の余韻に浸るのは、まだこれからです。

撮影日:2019年6月20~21日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。

コメントを残す






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。