札沼線石狩月形駅から歩いて10分の場所にある「月形温泉ホテル」に宿泊しました。ホテルのある月形町内には大きな宿泊施設がなく、ここが月形町を代表する宿泊施設にあたるのではないかと思います。

DSCN9515.jpg
月形温泉ホテルは思ったほど大きくありません。外観は少年自然の家や保養施設を思わせる佇まいです。平日でかつ温泉施設の休館日(後述)に来たせいか、駐車場はガランドウとしていました。

DSCN9516.jpg
ホテルのすぐ隣には、日帰り温泉施設の「ゆりかご」があります。ホテルとは通路を介して繋がっており、宿泊者は無料で大浴場を利用できます。こちらは火曜休館らしく、私が来たときはあいにく閉まっていました。

DSCN9513.jpg
外観を見たところで、続いて月形温泉ホテルの館内に入っていきます。

フロントにはロビーとレストランがあります。館内ではここロビーにだけ、フリーWi-Fiが置かれています。インターネットにつなぎたいときは、ロビーに行きましょう。

DSCN9514.jpg
ロビーには日本ハムファイターズに所属していた、大谷翔平(現エンジェルス)・新垣勇人(現東芝コーチ)両投手のサインが展示されています。

DSCN9512.jpg
▲レストラン

DSCN9511.jpg
もし「ゆりかご」が開いていれば、朝10時から夜10時まで大浴場を利用できます。

DSCN9510.jpg
もし「ゆりかご」の休館日に出くわしても、ちゃんと温泉は利用できます。その辺はご心配なく。

フロントから別館に続く通路を進むと、宿泊者専用風呂が見えてきます。こちらもちゃんとした大浴場で、宿泊者の少ないオフシーズンの平日だと、ほぼ貸し切り状態で温泉を満喫できますよ。けっこう熱めに加熱されていました。

DSCN9506.jpg
ここからは別館の様子をご紹介します。別館はフロントから若干離れた位置にあり、ちょうど本館の裏側にあたります。館内には会議室やサロンスペースがあって、研修施設としても利用できるようになっていました。

DSCN9507.jpg
客室横には共用の冷蔵庫・電子レンジが置かれています。冷蔵庫は小型のものが客室内にありますが、もし客室の冷蔵庫に入らないような、大きめの食品を買ってきたときに、この冷蔵庫が重宝しますね。

DSCN9508.jpg
冷蔵庫・電子レンジの横にはサロンスペースがあります。マッサージチェアも置かれていました。この雰囲気が良いですね。リニューアル前の「トワイライトエクスプレス」のミニロビーを思い出します。

DSCN9509.jpg
客室入口は引き戸になっています。鍵をクルンと回して扉を開けましょう。また、部屋には番号だけでなく、花の名前も割り当てられています。

DSCN9504.jpg
部屋に入ると、畳敷き6畳の和室が広がっていました。中にはテレビ・金庫・冷蔵庫・給湯器は設置されていますが、洗面所やトイレはありません。浴衣の横にはアメニティグッズが用意されていました。

DSCN9505.jpg
布団はすでに敷かれていました。夏場は冷房をかけると、心地よく熟睡できます。夜が明けて朝になると、窓の外には緑いっぱいの風景が広がっていました。

2020年春には月形町内を通る札沼線が廃止されます。沿線をゆっくり散策したいという場合は、月形温泉ホテルに一泊するのも一つの手です。決して高くないですし、のんびりと寛げました。何と言っても、都会の喧騒からかけ離れているのが良いですね。

撮影日:2019年7月
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。

  コメント
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):