今回は北海道江別市にある、JR野幌駅をめぐります。駅番号はA07。今でこそ単なる中間駅にすぎませんが、かつては夕張鉄道の始発駅として、「夕張への玄関口」としての性格も有していました。

DSCN9669.jpg
そんな野幌駅は2011年に高架化され、夕張鉄道時代の面影を見出すことはもはやできません。見た目は今どきの高架駅で、基本的な造りは本州以南と同じです。ぱっと見だと、ここが北海道の駅とは思えない佇まいでした。

DSCN9668.jpg
ついでに駅周辺も散策してみました。駅から歩いて10分ほどの場所には、レンガ積みの工場跡を改装した物産店「EBRI」があります。中にはカフェや特産品の販売所が入っており、北海道の江別だからこそ手に入る、魅力的なお土産を手に入れることができましたよ!

札幌から近いですし、土産物に困ったときはここに立ち寄るのも一手です。

DSCN9670.jpg
ここからは野幌駅構内に入っていきます。改札口前には広々とした待合室があり、ベンチに座って列車を待つことができます。冬の寒い時期になると、ずっとホームで待つのは酷になりますから、こういった場所はありがたいものです。

DSCN9671.jpg
ホームは相対式の2面2線と、かなりシンプルな構造になっています。折り返し・待避機能は、近隣の江別駅が担っています。

撮影・動画収録に関しては、札幌側のホーム端がよく撮れます。実際に動画を収録してみましたが、障害物が少なく、かなり良い仕上がりの動画になりました。

撮影日:2019年7月19日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。

  コメント
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):