お知らせ

1月1日:新年あけましておめでとうございます。
 

(目次)
【旅行記】18きっぷで飯田線完乗&東京おのぼり旅2019(1)
【旅行記】18きっぷで飯田線完乗&東京おのぼり旅2019(2)
【旅行記】18きっぷで飯田線完乗&東京おのぼり旅2019(3)
【旅行記】18きっぷで飯田線完乗&東京おのぼり旅2019(4)
【旅行記】18きっぷで飯田線完乗&東京おのぼり旅2019(5)



4日目は上尾のネットカフェで始まりました。

この日やるべきことは、鮫洲駅にある京急公式ショップでけいきゅんをお持ち帰りすること。これさえ終われば、あとは東海道本線を下っていくだけです。余裕があれば、箱根湯本にも立ち寄っておこうと思います。

常磐線に初乗車!目指すは改名されるあの駅

DSCN9997.jpg
京急のショップが開くまで時間があります。まずは電車で浦和に向かい、京浜東北線に乗り換えて南浦和へ。そこから武蔵野線で新松戸を目指します。ここから千葉方面に向かおうか迷いましたが、雨雲の向きを考えて進路を東にとりました。

常磐線に揺られ、2020年に竜ケ崎市へと改称される佐貫駅に向かいます。

DSCN0001.jpg
佐貫駅に到着すると、今にも雨が降りそうな天気でした。空は分厚い雲に覆われ、ときおり激しい風が吹く有様です。とりあえず何かしようと、関東鉄道竜ヶ崎線の列車を動画に収めてから、駅前の食堂「四季蕎麦 佐貫駅前店」で朝食をとることに。

蕎麦と卵かけご飯のセットを注文しましたが、いやぁ~これが美味い!店内に「唐辛子の醤油漬け」というものがあって、それを使って卵を溶くと、ものすごく美味しいのです。ピリ辛で食欲が増してきます。

20190816_084223.jpg
おいしい朝食後、常磐線で上野方面に戻っていきます。今回は奮発してグリーン券を購入して、上野までのひと時を過ごしました。普通車は硬めのシートですが、こちらは特急と同じリクライニングシート。リッチな気分で常磐線を上っていきます。

都心で史跡&時代劇の聖地めぐり

20190816_102317.jpg
上野に着いたところで、いったん電車を降りて上野公園に入っていきます。ここからは、公園内を通り抜けて、秋に休止される上野動物園モノレールの撮影に向かいます。相変わらず、空は今にも雨が降りそうな色ですが、降らないようにと願いながら撮影を始めました。


上野モノレールといえばJR東日本の特急型と同じMHで知られていますが、こちらもちゃんと収録できました。天気が心残りですが、一つ目的を達成して、上野を後にします。続いては山手線、中央線と乗り換えて信濃町へ。

信濃町といえば宗教タウンで有名ですが、そちらとは真逆の方に向かいます。駅から5分ほど歩くと、目的地の神宮外苑が見えてきました。こちらには、樺太の北緯50度線に置かれた「天測標」のレプリカが置かれています。戦前、樺太庁によって設置された由緒あるものです。

天測標レプリカを見終えた後は、外苑から建設中の国立競技場の横を通って、千駄ヶ谷駅に向かいます。付近にはヤクルトスワローズの本拠地、神宮球場があります。この日は静まり返っていましたが、試合のある日は、傘を持ったヤクルトファンで賑わうのでしょうね。

20190816_114834.jpg
千駄ヶ谷から中央線で数駅移動して、御茶ノ水でまた途中下車。今度は時代劇『銭形平次』の舞台に近い、神田明神に向かいます。湯島聖堂を横目に通りを進み、観光客でにぎわう神田明神へとやってきました。

本殿わきに建つ銭形平次の石碑を見てから、元来た道を戻って御茶ノ水駅へ。なんとか雨に降られることなく、東京散策を終えました。

けいきゅんを持ち帰る

ここからは時間をかけて東京から離れていきます。その前に京急電車に乗って、鮫洲駅に向かいました。こちらには京急の公式ショップ「おとどけいきゅう」という店舗があると聞いて、やってきたのです。オンラインで買い物するのも悪くないですが、実際に店で品定めするのも良いかなと思いまして。

鮫洲の改札を抜けると、目の前に先代1000形の運転台が置かれていました。ちょうど子供が運転台で遊んでいます。

店内に入ると、狭い店舗ながら沢山のグッズが置かれていました。どちらかというと、子供向けの商品が多いのかなと思いました。ベイスターズとのコラボ商品もあったので、けいきゅんと一緒にお持ち帰りすることに(ああ・・・部屋がホークスと横浜のグッズだらけになってしまう)。




鮫洲から再び品川に戻ると、ちょうどお昼時になりました。JR改札内の立ち食い食堂「スタンドひおき」で、麻婆豆腐・唐揚げ付きのご飯を昼食としました。まだ1日半もありますし、しっかり食べとかんと。

箱根温泉でユッタリ午後を過ごす

20190816_144810.jpg
そうそう、忘れていました。JRの改札を通る前に、小田原までのグリーン券を買っていたのでした。品川から小田原まで、東海道線のグリーン車で移動したいと思います。あいにく2階席が混んでいたので、小田原までの道中、地面スレスレの1階席で過ごすことに。

静かで快適なグリーン席の恩恵か、殆ど疲れを感じないまま、小田原駅で列車を降りました。ここで一旦JRに別れを告げ、箱根登山鉄道で箱根湯本を目指します。ここからは、この旅二度目となる温泉湯治の時間です。

DSCN0107.jpg
小田急1000形の不気味な走行音を聞きながら数駅。目的地の箱根湯本に到着しました。次いでビックリ!なんと、すぐ横に新型の70000形「GSE」が停車していたのですから。改札を出て駅の外から、GSEの出発シーンを動画に収めました。

20190816_161848.jpg
それにしても、風が強くなってきましたね。どうやら台風の吹き返しらしく、いつまで経っても強い風は収まる気配を見せず、GSEの出発シーンにも風音が入り込んでしまいました。風音対策を練りなおした方が良いのかもしれません。

GSEを録り終えたところで、温泉街を通って日帰り入浴のできるところを目指します。一口に日帰りと言っても、じつに様々な場所がサービスを提供しています。値段や設備も施設によって異なるため、よ~く吟味していく必要があるのです。今回は駅から少し遠いですが、「木もれびの宿 ふるさと」にしました。

川沿いを歩くこと30分、隠れ家のような宿が見えてきました。あと1時間で日帰り入浴が終わるそうなので、急いで浴場に向かいます。それぞれ小さいですが、室内風呂と露天風呂があって、貸し切り状態で温泉を満喫できました。

入浴後は休憩室があるというので、そこでお茶を飲んだり荷物を整えたりしながら、10分ほど過ごしました。もうちょっと長居したいところですが、いかんせん、あと20分で日帰り入浴の時間が終わってしまうのです。それに、箱根湯本駅に戻る送迎バスの時間も迫っています。

ということで、箱根湯本までは100円で乗車できる送迎バスを利用しました。私と同じように、日帰り入浴してきた旅行者が、たくさん乗り込んできます。歩きで30分かけた距離を、ものの5分で戻ってきました。

最後に駅の売店で箱根土産を買い求めてから、小田原に戻ります。ちょうど50000形VSEが入線するというので、その様子を動画に収め、小田原行の電車に乗り込みました。



関東チェーンの日高屋でバクダン炒めを実食

DSCN0143.jpg
さて、小田原に着いたところで腹が減ってきました。関東に来てから気になっていたのが、中華チェーン「日高屋」の存在でした。駅の近くによくあるので、関東に入ってから何度も目に入りました。もちろん、小田原駅前にもあります。ちょうどいい機会だと思い、夕食のため入ってみることに。


今回はピリ辛の野菜炒め「バクダン炒め」の定食を注文しました。ご飯によく合う濃い味付けに加えて、香ばしさが食欲をそそります。ちょうど野菜が欲しかったので、野菜タップリの爆弾炒めには救われました。

夜の東海道線をえんえんと下る

さて、腹も膨れたことでJRの旅を再開します。時刻は19時半頃ということで、空はすでに真っ暗闇に包まれています。順調に下っていけば、その日のうちに豊橋まで行けそうです。E233系で熱海へ。

熱海では次の島田行きに乗り換えできますが、その後に来る浜松行きに、途中の興津で追い越されます。どうせ途中で乗り換えるならと、熱海で数十分待って浜松行きに乗ることにしました。

せっかく熱海に来たのですから、駅前の商店街は覗いておきましょう。温泉町独特の、ゆったりとした風情が良いですよね。熱海のマスコット「あつお」も、程よい感じに存在をアピールしていました。熱男つながりでマッチを応援してくれているようで、ありがたい!

熱海駅の売店でご当地ドリンク「丹那コーヒー」を見つけ、一つ買ってからホームに向かうと、相変わらず強い風が吹き荒れていました。帽子を飛ばされまいと、頭を抑えながら待つこと数分、浜松行きの電車が入線しました。当然ながらオールロングシートの、211系と313系による混結編成でした。

313系側の座席に陣取り、売店で買ったサラダチキンをかじりながら、浜松までの果てしなく長い道のりを過ごします。当初はガラ空きだった車内も、清水で一気に乗客が増え、賑やかさを保ったまま、終点浜松駅に到着しました。

浜松駅では311系の豊橋行きが待っています。久々の転換クロスシートに腰を沈め、40分ほど過ごすと、ようやく終点豊橋駅に到着です。ここから、上り最終岡崎行きに乗り換えることも考えましたが、キリの良い場所で止めておこうと、初日に続いて豊橋で一泊することに。

S1240004.jpg
ふと「ムーンライトながら」が来るのでは思い、電光掲示板を見たところ、あと30分で来ることが分かりました。せっかくここまで来たのですから、駅ホームで「ムーンライトながら」を収録しておきましょう。


ながらを収録したのち、夜の道を歩いて初日に入ったネカフェに向かいます。

来た時間が遅かったのか、フルフラットの禁煙ブースは満室でした。喫煙ブースに入るのは嫌ですし、リクライニングソファを選びました。あまり寝付けないだろうと思っていましたが、なんとスンナリ寝入ってしまいました。よほど疲れていたんですね。

撮影日:2019年8月16日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。

コメント(5)



名前:中林20系
タイトル:JR東日本の普通列車グリーン車
これ、他社も導入してはと思うことがあります。グリーン車なのに自由席?料金払ってても座れないことがあるの?などなど、主に利用しないと思われる方々からの批判もありますが、通勤時間帯以外ではまず座れますし。

リクライニングがいいんですよね。あと、大抵は静かですし。
18きっぷ旅のスタート時(=うちから始発)はいつも、グリーン車利用です。まずガラガラですから買ってきた朝食も楽しめますし、ラジオも普通車よりは受信状況が好いのです。

つづきも楽しみにしてます!
2019年08月24日 19:46 | URL | #- [edit]
名前:焼きそば
タイトル:おとどけいきゅう
お持ち帰り、おめでとうございます。

この日も精力的に回っておられたのですね。平次親分に上野動物園、日高屋と、こちらに遊びに来てくれたんだなあ、と実感してます。

185系、タイミングよく撮影出来て何より。そうそう、ロマンスカーと言えば、再来年あたりに博物館が出来ますね。関東再遠征時には、思い出してやってください。
2019年08月27日 21:27 | URL | #t50BOgd. [edit]
名前:wra
タイトル:焼きそば様
> お持ち帰り、おめでとうございます。

無事にお持ち帰り成功しました!


> この日も精力的に回っておられたのですね。平次親分に上野動物園、日高屋と、こちらに遊びに来てくれたんだなあ、と実感してます。

もうちっと天気がよければ、行動範囲も広かったのになと悔しい思いばかりですが、次の宿題にしておきます。


> 185系、タイミングよく撮影出来て何より。そうそう、ロマンスカーと言えば、再来年あたりに博物館が出来ますね。関東再遠征時には、思い出してやってください。

ほう!小田急も博物館ですか。
西鉄はそういう類を一切作らないので、羨ましい限りです。
2019年08月28日 00:11 | URL | #9MBBB9Tg [edit]
名前:wra
タイトル:中林20系様
> これ、他社も導入してはと思うことがあります。グリーン車なのに自由席?料金払ってても座れないことがあるの?などなど、主に利用しないと思われる方々からの批判もありますが、通勤時間帯以外ではまず座れますし。

近年、有料席の導入が続々と進んでいますね。JR九州は特急に重点を置きすぎていますが、もうちょっと快速系統のテコ入れもしてほしいと思っているこの頃です。


> リクライニングがいいんですよね。あと、大抵は静かですし。

けっこう着席率は高い方でしたが、静粛性に優れていました。特急の客席並みに静かでしたね。


> 18きっぷ旅のスタート時(=うちから始発)はいつも、グリーン車利用です。まずガラガラですから買ってきた朝食も楽しめますし、ラジオも普通車よりは受信状況が好いのです。

最初からキツイ思いはしたくないですからね。これも一つの楽しみ方・18きっぷ旅の攻略方法だと思います。


> つづきも楽しみにしてます!

いつもありがとうございます~!
2019年08月28日 00:22 | URL | #9MBBB9Tg [edit]
名前:libertyrail
タイトル:
こんばんは。

今年夏のムーンライトながらは
8月から半月弱で臨時運転が終わってしまいまして
例年は7月終盤から1ヶ月程度運行してますが
ここまで運転日が減ったのは衝撃を受けてます。

10年前の春定期運転から季節運転に降格になり
それまで373系が毎日運転していた時代の
ありがたみを感じながら乗ってたのを記憶しています。
185系が引退が迫ってるのは聞いてますがE257系でもずっと走り続けて欲しいです。
2019年08月29日 22:14 | URL | #- [edit]

コメントを残す






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。