人生初の常磐線は新松戸から E231系&E531系で佐貫へ

人生初の常磐線は、新松戸駅からはじまりました。

なぜ上野駅じゃないかと言いますと、南浦和から武蔵野線経由でのアプローチを試みたからです。ここから常磐線を下って、竜ケ崎市への改称が予定されている佐貫を目指します。

我孫子駅に停車する常磐緩行線E231系
まずはE231系の慣行電車に乗って、我孫子に向かいます。早朝ということもあって、乗客はまだ増えていません。

JR常磐線我孫子駅の駅名標
我孫子駅で緩行線を降りて、E531系の中距離電車に乗り換えます。

我孫子駅に入線するJR常磐緩行線E231系
乗り換えの前に、E231系の増結作業を見ておきましょう。ちょうど朝ラッシュの開始時間ということもあり、基本編成と付属編成の併結作業が繰り返されていました。

龍ケ崎市駅に改称された佐貫駅
我孫子からはE531系に乗り込み、線形の良い常磐線を下っていきます。取手を過ぎるとデッドセクションを通り、ついに交流50Hz区間に突入。車窓風景に目をやると、徐々に田畑が目立ってきたではありませんか。

佐貫駅を出発する常磐線E531系
我孫子を出てから15分後、目的地の佐貫に到着しました。本音を言うと土浦、水戸をさらに抜けて、いわき、さらには富岡まで行きたいところですが、いかんせん時間がありません。時間の都合上、ここ佐貫で折り返したいと思います。

2020年春、福島第一原発の事故により不通が続いていた、富岡~浪江間が復旧されます。事故直後には「二度と復旧しない」「常磐線が放射能を持ち込む」などと、心無い言葉が飛び交っていましたが、それにも負けず、よくぞ全線再開の決定までこぎつけたなと思います。

常磐線の前途に思いをはせながら、佐貫駅のホームに降り立ちました。





撮影日:2019年8月16日
関連記事

Comment

中林20系

フィールド!

仕事で長年月二回、我孫子に通ってますから、この辺は庭(笑)です。
で、武蔵野線は便利だなと思います…遅延や故障が起こらなければ、ですが。

首都圏の鉄道は主に中心から放射状に伸びてるので、こういう風に弧状や縦方向に結ぶ路線はありがたいのです。しかも貨物線からの後発だけに踏切のない路線…これまた面白いですね!

かつては佐貫のうどん屋さんが『佐貫うどん』を出していたという話がありましたが、現存しないような…デッドセクションを名前に折り込めば、利用者も三割くらい増したかも。

今後も楽しみです!

2019年09月30日(月)20:44
wra

wra

中林20系様

> 仕事で長年月二回、我孫子に通ってますから、この辺は庭(笑)です。
> で、武蔵野線は便利だなと思います…遅延や故障が起こらなければ、ですが。

ほぉ~そうだったんですか!
でしたら、我孫子界隈のことはよくご存じなんですね。


> 首都圏の鉄道は主に中心から放射状に伸びてるので、こういう風に弧状や縦方向に結ぶ路線はありがたいのです。しかも貨物線からの後発だけに踏切のない路線…これまた面白いですね!

「交通網が放射状」という特殊性がゆえに、埼玉県は県内を東西に結ぶ路線が少なくて、半独立状の経済圏が複数あるような状態だと思います。大宮、所沢、秩父、熊谷が同じ県とは思えないほど、それぞれ地域色が強い印象を受けるのです。


> かつては佐貫のうどん屋さんが『佐貫うどん』を出していたという話がありましたが、現存しないような…デッドセクションを名前に折り込めば、利用者も三割くらい増したかも。

ああ~「さぬき」と「讃岐」をかけてるんですね!!

2019年10月01日(火)23:00