【施設紹介】JR山陽新幹線/山陽本線/呉線 三原駅(広島県三原市)

今回は広島県三原市にある、JR三原駅をめぐっていきます。所属路線は山陽本線。海沿いを走る呉線が分岐しているほか、山陽新幹線のホームもある大きな駅です。

DSCN0171_201910022041510fc.jpg
三原駅はいわゆる高架駅で、高架下に窓口・改札が、上にホームが設置されています。

DSCN0169_201910022041530cd.jpg
▲三原駅前の様子

DSCN0170_201910022041546f3.jpg
▲三原駅の駅前広場

DSCN0168_20191002204156819.jpg
一階には待合室、窓口、改札口があります。改札口は在来線・新幹線の供用になっており、その奥には新幹線用の改札口が別途、用意されています。

全体的に白を基調とした、シンプルな造りになっていますね。

DSCN0172_20191002204201c8d.jpg
▲瀬戸内マリンビューを模した、手作りの記念撮影パネル

DSCN0173_20191002204201c6f.jpg
▲新幹線改札口
新幹線利用者は二度、改札口を通る形になります。新幹線用改札の奥にも、小さな売店と待合室が置かれていました。

完成時期が違うだけに、新幹線乗り場周辺は、在来線のそれよりも古さを感じますね。抽象的な言い方ですが、「昭和っぽさ」が残っていると思います。

撮影日:2019年8月17日
関連記事

Comment