【九州人として】「世界キャラクターさみっとin羽生2019」の過ごし方【考える】

全国のご当地キャラファンの皆さん、どうもこんにちは。福岡在住のwraです。

週末はいかがお過ごしでしょうか?秋になるとマスコット(ゆるキャラ®とも)系のイベントが多いですから、毎週末どこかに行ってるなんて方も多いと思います。

さて11月といえば、日本最大級のマスコット系イベントが催されます。場所は埼玉県羽生市、「世界キャラクターさみっとin羽生」というイベントです。以前は「ゆるキャラ(R)さみっとin羽生」と呼ばれていましたね。

私もず~っと行きたかったのですが、いかんせん会場は関東地方。
九州のような辺境から埼玉県まで、そう簡単には行けないのです。

今じゃLCCが縦横無尽に飛んでいますから、ジェットスターやピーチを使えば片道1万程度(福岡~成田)で行けます。それでも移動経路を考えると、どうしても割に合わなくて、結局その分を台湾への旅費に回すことで、羽生行きを回避してきました。

blog_import_532bfb3c2b0a7.jpgblog_import_532bfb3f8f15d.jpg

しかし、どうしても行きたい・・・ムジナもんのホームグラウンドに!そして、沢山の関東キャラをブログに掲載したい!そんな思いを抱きながら、ついに2019年秋を迎えました。すなわち・・・

今年は行きます、羽生に。

はい、だから何だと言われそうですが、そういうことです。私がどうのこうのは別にいいんですよ。今回お伝えしたいのは、九州からの来場組がどのようにして会場入りするのか、一つ考えてみようということです。

飛行機を使って福岡~羽田&成田へ

福岡から東京へのアクセス手段としては、新幹線バス、そして飛行機の3つがあります。

S1440001.jpg
まず新幹線ですが、こちらは定時性に優れ、かつ乗る直前に切符を購入できるので、便利っちゃ便利です。しかし、いかんせん運賃が高すぎる!片道2万もしますからね。新幹線だけでしめて往復4万。よほど金持ちでない限り、新幹線は極力避けた方が良さそうですね。

体力に自信のある方は、バスを使うという方法もあります。博多駅からだと、西鉄の「はかた号」やツアーバスタイプの「オリオンバス」が運行されています。

ただし、乗車時間がかなり長いため、移動だけで体力を消耗するかもしれません。それに、翌朝の到着時間が結構遅い(はかた号は9時19分にバスタ新宿着、オリオンバスは10時頃に新宿着)ことから、イベント会場(羽生水郷公園)への到着が遅くなるという欠点があります。せめて、10時までには会場入りしておきたいですよね。

DSCN9381.jpg

ということで、個人的には飛行機利用を強く勧めます。とくにLCCを利用すると、廉価で移動することができます。時間帯によっては若干値上がりしますが、それでも移動時間が短い点を考えると、決して悪くないと思います。

今回、私は金曜夜(イベント前日)の飛行機で羽田に向かい、向こうで一泊してから会場入りしようと考えています。仕事終わりで疲れた状態ですが、効率的に動きたいので、あえてそのような行程にしました。土曜朝の飛行機で行くことも可能ですが、そうなると会場到着はおのずと遅く(午前11時以降)なります。

第一、そんなことまでしてマスコットに会いたいなんて、そんな人・・・ごく少数だと思います。だからこそ、今回はガチファンの方に絞ったうえで、お伝えしているわけです。

羽生駅から会場(羽生水郷公園)まで

イベントは羽生市東部にある「羽生水郷公園」で催されることが決まっています。東武羽生駅から直線距離にして5キロ程度と、だいぶ離れています。

彦根(ご当地キャラ博)の場合、会場が彦根駅の近くということで歩いて行けますが、さすがにこの距離では歩きたくないです。そんなときはバスを利用しましょう!

羽生駅西口から臨時バス(往復運賃込み)が出ており、これを使うのがベストです。いや・・・ベストというよりも、比較すべき他の公共交通機関が脆弱すぎるので、臨時バスを使うほかないと思います。

羽生駅を出たら、西口から臨時バスですよ!

会場の雰囲気は?

ごめんなさい・・・全然行ったことがないので分かりません。

少なくとも、彦根よりもふなっしーが元気なのは察しがつきます。参加マスコットも来場者も、東日本勢がマジョリティでしょうし、間違いなく僕ら(九州キャラを含む)はアウェー状態でしょう。会場に入って早々、ビジターゲームを見に来たホークスファンの境地に陥るのは、ほぼ間違いないと思います(笑)

しかし、そんなことを言っていたらキリがありません!

だって、台湾キャラ勢だってアウェー状態なんですから。それに来場者である以上、ここまで気負いすぎる必要はないと思うのです。しかし、昔からマスコットに着目している身としては、やっぱり誰よりも強い信念をもって撮りたいですし、取材もしたいです。

・・・ということで、彦根に続いてSNSフル活用でお届けしたいと思います!YouTubeへの投稿は数日後になると思いますが、Twitterでは最新の情報を順次、投稿する予定です。

関連記事

Comment

Trip-Partner スカウトチーム

旅行情報発信メディアでの記事執筆依頼

平素より楽しくブログを拝見させて頂いております。 弊社はTrip-Partner(https://trip-partner.jp/ )という新しい旅行情報メディアを運営しております。 弊社はwra様のような内容に富んだ日本国内情報の記事を扱い、読者に読んで納得感が有る様なメディアにしたいと思っています。 もし宜しければwra様の記事を弊社のサイトに投稿して頂きたいと思いまして、ご連絡差し上げました。 報酬は1記事3000円~5000円を考えています。 もしご興味ありましたら範國(ノリクニ)宛(japan-director@trip-partner.jp)にメールを頂けますでしょうか? その際メールにブログのURLを記載頂ければ幸いです。 宜しくお願い致します。

2019年11月06日(水)16:26