早朝の姫路城散歩を楽しむ(兵庫県姫路市)

姫路に何度も来ていながら、姫路城をゆっくり散策したことがありません。久々に姫路で一泊した2019年の大晦日、せっかくここまで来たのだからと、朝の時間を利用して姫路城に行ってみました。


まずはJR姫路駅前から大通りを通って、姫路城を目指します。

思い返せば2010年夏、はじめて青春18きっぷで大阪まで行ったときにここで一泊したものです。山陽姫路駅前にあるカプセルホテルに宿をとり、そこで一晩過ごしました。あの頃は旅慣れしていないせいか、食事を飛ばしたり簡単に済ませたりすることが多く、あの晩もホテル内でカップ麺を食べて寝ました。

あれから10年近くが経ち、心身ともに成長しての姫路再トライです。


大通りを通った先にあるのは分断された石垣です。これを抜けると姫路城への入口がある、姫路城前交差点に至ります。


ここで姫路市のマスコット「かんべえくん」と「しろまるひめ」のパネルを発見。さすが姫路、ご当地キャラに力を入れていますね。

ちなみに「かんべえくん」は塩崎キャラなんですって。福岡
(ふくおか官兵衛くん)にも姫路市にも似たようなのを作るところ、さすがは塩崎ファミリー・・・。

DSCN1246_20200214212709598.jpg
姫路城を取り巻く遊歩道に入っていきます。まだ朝早い8時半ということもあって、城を見て回る観光客の数は少なく、ゆっくり見て回ることができました。まだ土産物店が開いてない時間帯ですが、朝早いうちに来ても損はないですよ。

DSCN1247_20200214212711887.jpg
すぐに姫路市立動物園の門が見えてきました。

DSCN1248_202002142127129b2.jpg
遊歩道を進むにつれて、姫路城の天守閣が迫ってきました。近くで眺める白鷺城は美しい!

DSCN1249_20200214212714cf7.jpg
そして石垣も見ごたえ抜群です。時代劇フリークの私は思わず、忍びだったらどう上に登るのか考えてしまいました。風車の弥七目線で一枚(写真上)。

DSCN1252_20200214212715ee4.jpg
さすがは白鷺城の異名を持つ姫路城。近づいてもタージマハルのごとく汚れているわけではなく、美しく白光しています。もちろん修復から間もないというのもありますが、それでも昔から美しいことには変わりないのです。

DSCN1262.jpg
やがて城の東側に出てきました。

DSCN1263_202002142127185a4.jpg
レンガ積みが特徴の姫路市立美術館が見えてきました。ここからはお濠に沿って南下して、姫路城前交差点に戻っていきます。それにしても腹が痛いな・・・。

DSCN1265_20200214212720787.jpg
鯱のモニュメントがあったので、姫路城を背景に一枚撮ってみました。腹が痛くて苦しい・・・トイレは近くにないと?

DSCN1266_2020021421272198d.jpg
腹が痛くてたまらんので道を急ぎます。すると右手に、正月の飾り付けを済ませた姫路護国神社が見えてきました。そうか、次の日は1月1日・・・元日でしたね。

DSCN1267_202002142127234f4.jpg
姫路護国神社の制札には、昭和天皇の御歌が書かれていました。

  静かなる神のみそのの朝ぼらけ 世のありさまもかかれとぞおもふ

DSCN1268.jpg
護国神社前には「姫路藩剣道師範之碑」が鎮座しています。

DSCN1269_20200214212726d6a.jpg
姫路城前交差点に戻ってきたところで、ようやく公衆トイレを見つけました。

いやいや、このタイミングで見つかってよかった!汚い話ですが、朝は毎日トイレに行きたくなるので、散策するにしても油断できません。道沿いにトイレがないときはそれこそ「極限クラスの戦い」になりますから(笑)

撮影日:2019年12月31日
関連記事

Comment

のんびりはん

はじめまして

いつも楽しく拝見させて頂いております。
ところで日本ブログ村のランキングにおいて、
こちらのブログ更新が反映されていない様に
お見受けしますので、一度設定を見直されては
如何でしょうか。

2020年02月15日(土)15:01

負鷺

姫路城は良いですよね
熊本城もですが繁華街のビル街の後ろに聳えたつ姿がたまりません
自分も2016年の年末に訪れましたが冬の太陽に照らされ輝く天守閣は言葉にならないくらい美しかったです
それこそ雄大な自然風景を見ているような感覚で
人間が作ったものででここまで感動するとは思いませんでした
空襲で焼けなくて良かったです

2020年02月16日(日)23:20
wra

wra

負鷺様

> 姫路城は良いですよね
> 熊本城もですが繁華街のビル街の後ろに聳えたつ姿がたまりません

まさに日本らしいランドマークですよね。


> 自分も2016年の年末に訪れましたが冬の太陽に照らされ輝く天守閣は言葉にならないくらい美しかったです
> それこそ雄大な自然風景を見ているような感覚で
> 人間が作ったものでここまで感動するとは思いませんでした
> 空襲で焼けなくて良かったです

これが数百年建っていると思うと、歴史の雄大さを感じずにはいられません。そして日本の木造建築技術の凄さも、同時に感じさせられます。修復と同時に耐震・防火への備えを一新して、これからも多くの人を魅了していくことだろうと思います。

2020年02月17日(月)00:15
wra

wra

のんびりはん様

> いつも楽しく拝見させて頂いております。

コメントありがとうございます。


> ところで日本ブログ村のランキングにおいて、
> こちらのブログ更新が反映されていない様に
> お見受けしますので、一度設定を見直されては
> 如何でしょうか。

えっそうなんですか!?なんでいつもこうなるんだろう・・・。
あまり弄っていないので、ちょっと原因は不明ですが・・・調べてみます。

2020年02月17日(月)00:17