ブログヘッダー画像
(当ブログにはプロモーションが含まれています)

【ブリックフィールズ】インド料理店「ABC ONE BISTRO BANANA LEAF」のナシレマ

あれは2020年1月のこと。マレーシア滞在の最終日にあたる4日目朝、いまだ「アレ」を食べていないことに気づきました。

マレーシアといえばナシレマ!これを食べずして帰国はできないと思ったのです。今回宿泊したインド人街「ブリックフィールズ」の一角に、おしゃれな店を見つけたので、そこでナシレマをいただくことにしました。

ブリックフィールズのマレー料理店

ということで、KLモノレールの駅真横にある「ABC ONE BISTRO BANANA LEAF」にやってきました。ビストロという名の通り、カフェ調のお洒落な造りが特徴です。早朝から営業しているらしく、多くの市民が食べに来ていました。

街角でマレー料理を食べる

適当な席に着くと、すぐに店員がメニュー表を持ってきました。この店はインド料理店にあたりますが、ちゃんとナシレマも置かれています。これとアイスのハイナンコーヒー(=コピタレ)を注文すると、小さな札を渡されました。

どうやら、この札が伝票代わりになっているらしく、会計時にこれをレジに持っていけば良いみたいです。

街角でマレー料理を食べる

今回は道路沿いの席につきました。南国の陽ざしが射す中、行きかう車の騒音や人の談笑が耳に飛び込んできます。アジアの風が吹き込んで心地いい!これが異国情緒というものでしょうか。

KLモノレールの駅

見上げると、KLモノレールの軌道が架かっています。ときおり電車の音が聞こえてくるので、レイルファンにおススメしたい店です。

マレーシアで朝食にナシレマを食べる

それほど待たずにやってきました、。マレーシア名物ナシレマです!

しゃれた純白の皿に、ココナッツミルクで炊いたご飯、ゆで卵、ピーナッツと煮干し、サンバルソース、そして輪切りのキュウリが入っています。これぞナシレマ、まさにナシレマ!

味はしつこくなく、シンプルですがこれで十分です。それでいて、サンバルソースのピリリとした辛さが良いアクセントになっています。辛くなりすぎたら、甘ったるいコーヒーで中和すればもう完璧です。辛いからって怖いものなんかありません。

あっという間に完食してしまいました。簡単にペロッといける軽さが良いですね。

撮影日:2020年1月16日
関連記事
マレーシア

COMMENT