お知らせ

4月11日:何度もテンプレートを変えてスイマセン・・・。野球がない腹いせに、南海ホークスをイメージしたレイアウトにしてみました。しばらくこれでやるつもり。
3月17日:ヘッダー画像を超絶シンプルにしてみました。
3月3日:ヘッダー画像を更新しました。~台湾新幹線の3並び~
1月1日:新年あけましておめでとうございます。
 


(目次)

【旅行記】リバイバル急行弓張&九十九島&出島の旅2008(1)
【旅行記】リバイバル急行弓張&九十九島&出島の旅2008(2)
【旅行記】リバイバル急行弓張&九十九島&出島の旅2008(3)
【旅行記】リバイバル急行弓張&九十九島&出島の旅2008(4)
【旅行記】リバイバル急行弓張&九十九島&出島の旅2008(5)

臨時列車の宿命か、ノロノロ運転のすえに太宰府信号場で長時間停車に入りました。定期列車を数本やり過ごし、いよいよ出発の時間です。


813系をやり過ごし、ようやく先への道が開けました。


▲キハ58-716電流計


▲キハ58-716電圧計


急行型といえばデッキと洗面所です。比較的良好な状態で残されていました。


なおも列車はこまめに停車しつつ、定期列車に道を譲ります。原田では熊本行きの寝台特急「はやぶさ」に追い越されました。なるほど、だからホームに人が集まっていたのか!


鳥栖で長崎本線に入るも、相変わらず通過待ちが続きます。

IMGP0393.jpg
前方列車との間隔が広がったのか、佐賀を出ると順調に進みだしました。最高速度の95キロというわけにはいかないようですが、それでも急行らしい走りといえます。

IMGP0395.jpg
▲バルーンさが駅を通過

IMGP0396.jpg
もし晴れていれば、広々とした佐賀平野を一望できますが、この日はあいにくの曇り。景色は残念でしたが、雨が降らないだけマシだと思いましょう。


肥前山口から佐世保線に入り、大町駅で最初の下車タイムとなりました。さっそくキハ58-716の製造銘板を一枚。JR九州のプレートも付いていますね。


博多~早岐、佐世保~長崎間で先頭にたつキハ28-2444も見ておきましょう。こちらの貫通扉にはホロが付いています。

IMGP0404.jpg
大町を出たところで、昼食のお弁当が配られました。「長崎本線全通110周年記念」の特別仕様です。弁当の「弁」が旧字体なのに、当は新字体のままなのは内緒。

IMGP0405.jpg
包み紙の下には、大正時代の長崎駅をプリントした紙が敷かれていました。

IMGP0406.jpg
お弁当の中身はそぼろご飯でした!これ大好きなんですよ。牛そぼろがあれば、ご飯なんて軽く3杯は行けます。あっという間に平らげると、列車は有田に差し掛かろうとしていました。


再び車内散策に戻ると、面白い張り紙を見つけました。なんでも、長崎駅で「急行出島ラテ」を販売しているとか云々。


列車はカーブの連続する険しい区間を抜け、早岐駅に到着しました。ここで方向転換のため、数分停車します。ここでも下車タイムが設けられました。改めて急行「弓張」ヘッドマークを一枚。


大町ではキハ28-2444を撮りましたが、今度は反対側のキハ58-716を撮ってみました。外観はまんま、吉都線や指宿枕崎線で乗車経験のあるキハ58系九州色そのものです。


早岐で方向転換した列車は、ほどなくして佐世保に到着しました。

ここでは3時間近い滞在時間が設けられ、改札外に出ることができます。最後に側面サボを撮ってから、佐世保市内に出るべくホームを後にしました。とりあえず、名物の佐世保バーガーは食べておこうじゃないですか。
~つづく~

撮影日:2008年11月28日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからYouTubeチャンネル登録できます。老舗チャンネルとしての誇りを胸に、背水の陣でYouTube続行中。どうか応援の方よろしくお願いいたします。
どんなに冷遇されても負けんばーい!

コメントを残す






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。