お知らせ

4月11日:何度もテンプレートを変えてスイマセン・・・。野球がない腹いせに、南海ホークスをイメージしたレイアウトにしてみました。しばらくこれでやるつもり。
3月17日:ヘッダー画像を超絶シンプルにしてみました。
3月3日:ヘッダー画像を更新しました。~台湾新幹線の3並び~
1月1日:新年あけましておめでとうございます。
 


(目次)

【旅行記】リバイバル急行弓張&九十九島&出島の旅2008(1)
【旅行記】リバイバル急行弓張&九十九島&出島の旅2008(2)
【旅行記】リバイバル急行弓張&九十九島&出島の旅2008(3)
【旅行記】リバイバル急行弓張&九十九島&出島の旅2008(4)
【旅行記】リバイバル急行弓張&九十九島&出島の旅2008(5)

佐世保では長時間滞在が用意され、参加者は休憩・観光に時間を充てることができました。

私と連れはまず、佐世保市内に保存されているD51を見るべく交通公園に向かいました。その帰りに佐世保バーガーを買い、滞在を終えて駅に到着。天気は良くありませんでしたが、雨に降られることはなく、やることはすべてやれたと思います。

IMGP0416.jpg
佐世保からは大村線を経由して長崎まで、急行「九十九島」の旅が始まります。経路自体は特急「シーボルト」とほぼ同じですが、リバイバル列車ということで長与経由です。


弓張の博多~早岐間と同じく、キハ28-2444が先頭に立って走ります。


続いて最後尾に回り、「九十九島」ヘッドマークを付けたキハ58-716を一枚。


急行「九十九島」のヘッドマークは、教会堂の尖塔と九十九島をモチーフにしたもので、古い教会が多い長崎らしいデザインです。

九十九島といえばこの方を忘れてはいけません。ホークス川島慶三選手(佐世保出身)が、地元九十九島にちなんで背番号を「99」にしたのは記憶に新しいですね。


それでは改めて、急行「九十九島」に乗車します。

IMGP0419.jpg
やがて、783系特急「みどり」が到着しました。まもなく出発時間です。

ハンバーガー
列車が動き出し、急行「九十九島」としてのアナウンスが始まりました。

アナウンスを収録したあとは、購入したハンバーガーを食べますよ。注文してから焼いたりするので、素材が新鮮でジューシーなんです。これだから堪らないのですよ、佐世保バーガー!


早岐から大村線に入った列車は、一駅目のハウステンボスに停車しました。ここでも下車時間が設けられ、ハウステンボスを背景に撮影することができました。


こんな光景、もう二度と見ることはできないでしょう。今にも雨が降り出しそうな天気ですが、気が済むまでしっかりと収めておきます。

IMGP0437.jpg
続いては「海沿いの駅」千綿で下車タイムとなりました。天気が悪い&寒い&風が強いですが、最低でも一枚は撮っておきます。


荒れ気味の大村湾を背景に、キハ28-2444を一枚。ここでかすかに、雲の切れ間から西日が射しこんできました。不幸中の幸いといっては大げさですが、まあ良しとしておきましょう。


天気はさらに悪くなり、ぽつりぽつりと小雨が降ることもあったと記憶しています。大村線を南下するうちに空は暗くなり、諫早を出発する頃には真っ暗になっていました。


真っ暗になると、もう撮るものはありません。あとは長崎到着を待つばかりです。喜々津から旧線に入るも、いつ本川内のスイッチバック跡を通過したのかすら分からないほど、車窓風景は夜の暗闇に染まっていました。


こうして私たちを乗せた急行「九十九島」は、夜の長崎駅に到着しました。簡単に撮影を済ませてから、夕食にとエキナカの中華レストランに向かいました。

まだ高校生だった私にとって、親を伴わない外食は少なく、かりに機会があっても入るほどの勇気はありませんでした。今回は連れがいるため入店しましたが、いったん入ってしまうともう慣れます。それでも完全に慣れて、個人経営の店に入れるようになるまでには、あと5年かかりました。

食後、予約していた駅前の東横インに入り、これにて1日目は終了。翌日に備えてはやめに就寝しました。やはり親を伴わない宿泊は初のことで、これからの旅行人生を歩むうえで大きな一歩になったのは言うまでもありません。
~つづく~

撮影日:2008年11月28日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからYouTubeチャンネル登録できます。老舗チャンネルとしての誇りを胸に、背水の陣でYouTube続行中。どうか応援の方よろしくお願いいたします。
どんなに冷遇されても負けんばーい!

コメントを残す






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。