お知らせ

4月11日:何度もテンプレートを変えてスイマセン・・・。野球がない腹いせに、南海ホークスをイメージしたレイアウトにしてみました。しばらくこれでやるつもり。
3月17日:ヘッダー画像を超絶シンプルにしてみました。
3月3日:ヘッダー画像を更新しました。~台湾新幹線の3並び~
1月1日:新年あけましておめでとうございます。
 

じつは3か月も電車に乗っていません。

最後に乗ったのはたしか、2月20日のことです。これだけはハッキリと覚えています。なにせ、台湾旅行を終えて帰って来た日のことですから・・・。

あれから周囲の言うことを聞いて生活しました。御上や上司が不要不急の外出をするなと言えば、出勤と週一程度の外食以外はおとなしく、家の中で過ごしました。クロスバイクでガンガン出るようになったのは、4月の終盤からです。

さて、パンデミック騒動もひと段落してきたところで、私は一つ考えました。このまま自粛ムードが続けば、観光業界は完全につぶれてしまうと。いつまでも自粛しているわけにはいきません。

一旅人として、旅行業界にはこれまで沢山世話になってきました。やるならやらねば!世の中が落ち着いてきた今だからこそ、出来ることがあると思うのです。

もちろん、影響力のない一般人が出来ることはたかが知れています。でも僕と同じように考えている人は、決して少なくないと思います。塵も積もれば山となる・・・。そうです、塵を高く積み上げていきましょう。

IMG_0156.jpg
ということで、今回は電車に乗って北九州方面に向かいました。まずはSUGOCAに数千円チャージして、やってきた快速列車で折尾へ。

列車は811系更新車の8両編成でした。気が付きゃ、811系も更新車ばかりになってきました。更新されても五月蝿い走行音は健在です。ヒューヒュー五月蝿いジェット音が、ワンワン唸る重低音に変わったぐらいですよ。

道中、動画を録ってみようと4Kビデオも持参しましたが、結局最後まで手を付けることはなく終わりました。動画を録ってYouTubeに上げる気力がわいてこないのです。最後に動画をアップしてから1月半になりますが、依然としてマイチャンネルは放置しています。

一応、実況動画を含めてストックは数本ありますが、復帰はもう少し先になるかもしれません。少なくとも、現在の心境だとYouTubeには全く魅力を感じないです。このまま芸能人や上級国民に乗っ取られてしまうのだろうな・・・。

IMG_0158.jpg
そうこうしているうちに、列車は折尾駅に近づいていました。

筑豊本線の真新しいトンネルは、ポッカリとその口を開き、レールが敷かれるのを待っています。鹿児島本線の新ホームもだいぶ形が出来上がっているようで、新生折尾駅はまもなく完成を迎えようとしています。

IMG_0160.jpg
折尾からは「折尾シャトル」と呼ばれることの多い、415系の普通列車に乗り換えます。車内の座席モケットはなんと、813系と同じ赤色!国鉄型の415系にこれはチョット似合いませんね。

IMG_0165.jpg
終点小倉の一つ手前、西小倉で列車を降りて向かった先は「ギタンジャリ」というネパール料理店。こちらは所謂「インネパ店」ではなく、かなり本格的なネパール料理店なんだそうで、以前から気になっていた店です(写真上は店近くの古民家を写したもの)。

ギタンジャリには一風変わったメニューが多く、その中からカディパコラセットを注文しました。タイ米・ターメリックライスと総菜類の上に、ヨーグルトベースのカレーをかけたダルバートに近いメニューです。激辛にしたところ、予想以上の激辛に胃が踊りました。

胃が踊るって・・・う~ん、この感覚分かるかなぁ?

IMG_0167.jpg
カディパコラセットに満足したところで、再び電車の旅に戻ります。西小倉で列車を待っていると、小倉駅から415系が近づいてきました。先ほど折尾駅から乗ってきたFO123編成です。

IMG_0169.jpg
西小倉で門司港行きに乗って、そのまま終点門司港にやってきました。前に来たのが昨年3月でしたから、およそ1年ぶりですかね。列車を降りてしばらく移動すると、留置線に783系が止まっているのが見えました。

そういや20年前の1999年秋、「SLあそBOY」が門司港に入線した時のことを思い出します。SLを見に門司港駅まで行ったとき、ちょうど様々なイベントが催されていました。783系(おそらく「かもめ」編成)・485系「ハウステンボス」編成、そして883系が並んで置かれ、車内が一般開放されていたのです。

あの頃は「ハイパーサルーン」の愛称名で呼ばれていた783系も、あの頃に比べたら古さを感じずにはいられません。同世代のJR東日本251系が置き替えられた今、こちらも後継車の話が出てもおかしくない状況ですが、相変わらず元気に走り回っています。

IMG_0171.jpg
パンデミックの影響か、ありとあらゆる観光施設がシャッターを下ろし、門司港駅はガランドウとしていました。スタバすら開いておらず、レトロ駅舎の中は静まり返っています。

IMG_0172.jpg
まずは海を見ようと、唐戸行きの船乗り場に向かいました。巌流島には寄港しませんが、船の運航は続けられています。

IMG_0173.jpg
遠くに見えるのは関門橋。よく見ると足場が組まれており、改修作業が行われているようです。

IMG_0174.jpg
ありとあらゆる観光施設が息をひそめる中、観光地らしさは「顔出しパネル」ぐらいにしか残されていません。スナQも暇だよねぇ・・・。

しかしそんな中で、一つすばらしい発見をしました。町中がとっても静かだということです。普段なら大勢いる外国人(とくに中韓)が一切いないため、騒がしさがありません。

IMG_0175.jpg
当然、跳ね上げ橋も開くことはないので、難なく渡って和布刈方面へ。休日ということもあり、来訪者はそこそこいました。

外出を忌避する方がまだ大勢いらっしゃるため、日常通りになるまでは時間がかかると思いますが、少しづつ戻していきましょう。塵も積もれば山となります。そしていつかまた、台湾やインドに行ける日が来るまで・・・。

IMG_0176.jpg
海沿いの道を進むとコレがあります。かつて門司港駅前まで走っていた、西鉄北九州線の148号です。海に近いので状態が心配でしたが、定期的に保全活動が行われているらしく、前来たときとあまり変わりない姿でした。

IMG_0177.jpg
さて、続いては国道2号線の「九州区間」を走破したいと思います。大阪からはるばる続いてきた国道2号線は、ここ門司区で終点を迎えます。終点から逆向きに、関門トンネル入口までの数百メートルを歩きますよ。

IMG_0178.jpg
2号線との交差点に古い商家を発見!入口は固く閉ざされていますが、看板があるので一読してみましょう。元はどのような店だったのでしょうか?

IMG_0179.jpg
入口には「岩田商店」という看板が掲げられています。その正体は酒屋でした。

北九州市指定有形文化財(建造物)
岩田家住宅
主屋、土蔵


岩田家は明治32年(1899)から門司港地区で酒類の販売を行っていました。本店は平成3年(1991)に福岡市へ移転、以後門司店として営業を続けていましたが、平成12年(2000)に閉店しました。

現在の建物は、大正11(1922)に現在地へ新築移転したものです。小屋裏に残された棟札から大正10年(1921)4月16日上棟であることがわかります。

主屋に加え土蔵や防火壁の煉瓦塀も残っています。主屋は居蔵造という伝統的防火構造でありながら、近代の和風意匠と洋風意匠も積極的に取り入れられています。本市の近代を代表する町家建築として高い価値が認められます。


主屋
木造二階建、桁行12.0m、梁間9.3mで、屋根は片入母屋造桟瓦葺き、西側を切妻造、東側を入母屋造としています。外壁は鼠漆喰仕上げの居蔵造で、西側のみ煉瓦造二枚積み壁厚350ミリメートルの巨大な防火壁を建ち上げています。この防火壁と居蔵造によって、昭和7年(1932)の大火災や、昭和20年(1945)の門司大空襲から焼失を免れることができました。

柱は4寸角の杉材、大黒柱に7寸角の欅材を用いており、一階の店舗部分には煉瓦造の壁体を露出、大黒柱基礎の装飾や鏡天井等の洋風意匠がみられます。また、奥には和風意匠の続き間があります。

土蔵
木造二階建、桁行6.7m、梁間4.7mで、屋根は切妻造桟瓦葺き、外壁は大壁造白漆喰仕上げで西側と北側は煉瓦造となっています。内部の北面と西面は煉瓦造の壁体を露出させています。

ここからいったん道を戻り、国道2号線の終点「老松公園交差点」から和布刈方面を目指します。いったん歩き出すと止まらないのが僕の旅。今回はどこまで行けるでしょうか?

撮影日:2020年5月
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからYouTubeチャンネル登録できます。老舗チャンネルとしての誇りを胸に、背水の陣でYouTube続行中。どうか応援の方よろしくお願いいたします。
どんなに冷遇されても負けんばーい!

コメント(2)



名前:負鷺
タイトル:
自分は西鉄に依存してるんで出勤日は通勤に、休みの日でも飯食いに行くときなどほぼ毎日鉄道利用してます
シフト制勤務の人間なんで土日の凄まじい減便ダイヤには参りました
ちょうど今がGW休みの振替ということで休みを利用して三重(三岐鉄道、DD51、近鉄)に行こうかなと思ってましたが一応まだ県跨ぎの移動は自粛要請が出ているのと
そもそも飛行機がほぼ飛んで無かったんで断念しました

それにしても関門エリアも良いですね
門司港駅もすっかり綺麗になってしまいました(前の方が個人的には好きだった)
唐戸市場には安くふぐを食える定食屋があるようですし
リハビリがてら行きたくなりました
やっぱり旅は良いですね

新潟の115も良いし北海道も外せない
近鉄特急ももっと記録したい
間もなく引退する鉄道車両は山ほどいますが時間も予算も限られています
迷います…
2020年05月20日 18:10 | URL | #TxMwtzck [edit]
名前:wra
タイトル:負鷺さんへ
そうなんですよ、飛行機がない!

福岡~関西便が全く飛んでいないのには驚きましたよ。
ピーチがまた戻ってきたら、中学時代の修学旅行をやり直しに行こうと思っていますが・・・。

今の世の中、影響力を及ぼす有名人は行動を自制させられています。
幸い僕は何をやっても目立たないし話題にもならないので、なんだったらと色々やっています。

このコンテンツを通して少しでも多くの人が外に出てくれたら、そりゃもう願ったりですよ。
2020年06月06日 22:01 | URL | #9MBBB9Tg [edit]

コメントを残す






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。