お知らせ

4月11日:何度もテンプレートを変えてスイマセン・・・。野球がない腹いせに、南海ホークスをイメージしたレイアウトにしてみました。しばらくこれでやるつもり。
3月17日:ヘッダー画像を超絶シンプルにしてみました。
3月3日:ヘッダー画像を更新しました。~台湾新幹線の3並び~
1月1日:新年あけましておめでとうございます。
 

~wra的旅行リハビリ、ついに最終章へ~

少しづつ距離を伸ばしていきながら、旅人の勘を思い出しつつ、僕らしいネタを拾ってきました。世間は依然としてアレですが、僕自身は完全に元通りです。ということで、最後は新幹線を利用して熊本に向かいました。

JR九州の格安切符を使おう!

思い出してください。新幹線といえば速い分、運賃は決して安くありません。博多から熊本まで新幹線を利用した場合、運賃は下のようになります。高速バスという選択肢もありますが、今回は熊本に早着する必要があるため、対象外とします。

(博多~熊本間における新幹線の正規運賃)
運賃:4700円(片道)/9400円(往復)
内訳:乗車券2170円+自由席特急料金2530円(片道)

(参考:在来線で移動した場合の正規運賃)
運賃:2170円(片道)/4340円(往復)

(参考:西鉄高速バス「ひのくに号」で移動した場合)
博多BT⇔熊本駅前間運賃:2160円(片道)/4100円(往復乗車券)

しかしJR九州はちゃんと考えています。なんたって高速バスとの競合区間を含みますから、複数の格安乗車券が用意されているのです。今回はその中から、「ネット限定きっぷ」を利用しました。

この乗車券はインターネットで予約するもので、予約時期に応じて、

(1)九州ネットきっぷ
(2)九州ネット早得3
(3)九州ネット早得7


の3種類が用意されています。

詳しい説明は公式に譲るとして、簡単に言うと、このきっぷは早く購入すればするほど、お安く特急に乗れるという優れものです。区間によっては特急券の分が丸々浮き、3000円近くも安くなるのですから、使わないわけにはいきませんよね。

今回は博多~熊本間で(2)を利用しました。この場合、運賃は下のようになります。

(正規の運賃)
運賃:5230円
内訳:乗車券+指定席特急料金

(九州ネットきっぷを利用した場合)
運賃:3670円
内訳:乗車券+指定席特急料金

(九州ネット早得3を利用した場合)
運賃:3060円
内訳:同上

(九州ネット早得7を利用した場合)
運賃:2620円
内訳:同上

正規の運賃だと往復1万もするところ、わずか6000円に抑えることができました。早得3だとクレジット決済にしか対応していないので、そこんところ注意しましょう。

前置きはこれぐらいにして、そろそろ本題に入ります。

旅行リハビリの総仕上げスタート!!

博多⇒(九州新幹線)⇒熊本⇒(鹿児島本線)⇒小川




博多駅には8時20分に到着。これから「みずほ601号」で熊本に向かいます。まずは発券機で切符を入手しました。発券に際して、決済に使用したクレジットカードが必要です。くれぐれも忘れないように。

「みずほ」といえば今でも東京~熊本・長崎を走った寝台特急のイメージが強いですが、今や九州新幹線最速の超特急。山陽新幹線でいう「のぞみ」に相当します。


ホームに上がると、ほどなくして「みずほ601号」が入線。コンデジ自慢の望遠機能で、入線シーンを撮ってみましょう。ただし慌てると、このように斜める。


九州新幹線の指定席は2011年の開業日以来、9年ぶりです。この広々としたシートピッチと、高級感にあふれた内装は相変わらずといったところ。世間の状況が状況なだけに、乗車率はかなり悪いらしく、1車両あたりの乗客は5人ほどにとどまりました。

博多を出ると、次の熊本までノンストップと速く、わずか30分で目的地に到着します。快適な乗り心地を楽しむ余裕もなく、あっという間に熊本駅へと降り立ちました。

IMG_0265.jpg
ガラ空きの車内もさることながら、ホームもガランドウとして寂しい。平時なら観光客でにぎわう熊本駅ですが、これはあまりにも酷い状況だと思いました。これが過剰自粛の結果です。

IMG_0266.jpg
それでも利点が無いわけじゃないんですよ。

通行人が殆どいないため、写真を撮るのに苦労しません。普段なら通行人に気を配り、時間をかけて撮るべきところですが、今回ばかりは短時間でやることを終わらせました。

IMG_0267.jpg
利用客の減少に伴い、だいぶ本数が間引かれているようです。ホームの電光掲示板を見上げると、4つの表示全てが「回送」になっていました。今は毎時2本程度しか列車が来ません。

IMG_0268.jpg
くまモン討ち取ったり!
今年は黒ナマコを見る日が来るだろうか・・・。

IMG_0269.jpg
熊本が最終的な目的地ではありません。ここから在来線に乗り換え、八代の手前にある小川(宇城市)を目指します。

ホームに上がると、回送幕の415系1500番台が動き出そうとしていました。時間帯からして、鳥栖発の普通331Mではないでしょうか。普段は2両ワンマンが主体の熊本地区ですが、ラッシュ時には415系が使われているのです。

IMG_0270.jpg
切り欠き式の2番乗り場から、普通八代行きに乗車します。車両は815系でした。登場から20年がたち、所々くたびれだしています。

IMG_0272.jpg
9時半ごろ、小川駅に到着。ここで一旦電車の旅を終え、徒歩に切り替えます。それにしても、やけにホームが低い駅ですね。客車時代の名残が色濃く残っている駅でした。

IMG_0276.jpg
まずは駅近くにあるイオンモール宇城に向かいます。駅前を通る県道184号のヘキサを撮って、それでは行動開始!

IMG_0277.jpg
この日の熊本は曇り気味で、雨が降り出さないか心配でしたが、杞憂に終わりました。蒸し暑い中、小川市街地を歩きだします。駅前には古い町並みが残され、雰囲気を味わいながら先に進みました。

~つづく~

撮影日:2020年5月

あとがき:国配布のマスクが届いた件

数日前の話ですが、宗像市にも国配布のマスクが届きました。いわゆる「アベノマスク」と揶揄されているものです。

東京の方はだいぶ早い時期に届いたようですが、地方部は配布までに時間を費やしました。


マスクは小学校の給食当番で付けたような、ガーゼタイプのものです。安倍総理が普段から着用されているものと似通っています。

これって洗うと縮むんですよね。小学校低学年の頃を思い出します。


パッケージ裏には、厚生労働省からのメッセージや使い方が記載されています。

みなさまへ

現下の情勢を踏まえ、新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言が出されました。

感染が拡大する可能性があることから、みなさまには、不要不急の外出を避けるようお願いします。

人と人との接触を7割から8割削減することで、感染者の増加をピークアウトさせ、減少に転じさせることができます。どうしても外出する必要がある場合には、すでに自分が感染者かもしれないという意識をもっていただき、症状がない人でもマスクを着用するとともに、「3つの密(密閉、密集、密接)」を避ける行動の徹底をお願いします。

この度、感染拡大防止を図るため、一住所あたり2枚の布マスクを配布いたします。十分な量でないことは承知しておりますが、使い捨てではなく、洗剤を使って洗うことで、何度も再利用可能ですので、ご活用ください。


旅行・観光業界が崩壊しないため、出来ることはとことんやろうというのが僕の方針です。国の方針とは相反する立場ではありますが、マスクは大切に使わせてもらいます。
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからYouTubeチャンネル登録できます。老舗チャンネルとしての誇りを胸に、背水の陣でYouTube続行中。どうか応援の方よろしくお願いいたします。
どんなに冷遇されても負けんばーい!

コメントを残す






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。