お知らせ

4月11日:何度もテンプレートを変えてスイマセン・・・。野球がない腹いせに、南海ホークスをイメージしたレイアウトにしてみました。しばらくこれでやるつもり。
3月17日:ヘッダー画像を超絶シンプルにしてみました。
3月3日:ヘッダー画像を更新しました。~台湾新幹線の3並び~
1月1日:新年あけましておめでとうございます。
 

旅とは予定通りにいかないもの。今回もまさにその通りでした。

武庫川を出た時点で10時を過ぎていました。10時までには大阪に入る予定でしたが、これだと午後の京都着はいったい何時になることやら。これから先、いくつかの目的地に立ち寄るつもりでいます。具体的には以下の通り。

・日生球場跡地(もりのみやキューズモールBASE)
・大阪球場跡地(なんばパークス)
・藤井寺球場跡地
・奈良
・宇治(場合によっては飛ばすかも)


最終的に京都まで来れたら、あとは自由時間です。ホテルで休憩するもよし、京都を散策するもよし。なんだったら、修学旅行のやり直しをするもよし、と。

IMG_0628.jpg
まずは阪神電車で尼崎に向かいます。やってきたのは最新型のジェットカー5700系でした。嬉しいことに、ブルーリボン賞受賞ステッカーつきのトップナンバーではないか!

尼崎でなんば線に乗り換え、数駅して九条駅へ。

IMG_0629.jpg
九条でメトロ中央線に乗り換えるべく、地上に上がります。

IMG_0630.jpg
大阪メトロ中央線は近鉄けいはんな線と一体化しており、両線合わせて「ゆめはんな」と呼ばれることがあります。

中央線は地下鉄扱いながらも地上区間が多く、おまけにけいはんな線では高速運転が行われるなど、地下鉄というよりむしろMRTとしての性格が強い路線です。

IMG_0631.jpg
これから向かう旧日生球場は、中央線の森ノ宮が最寄り駅でした。駅を出たらすぐ目の前に球場があったそうですが、今はどうなっているでしょうか。

IMG_0632.jpg
出口から地上に上がると、眩しい日差しが目に飛び込んできました。目を細めつつ見渡すと、目の前にあったのは巨大なショッピングモールでした。この地がかつての日生球場、現在の「もりのみやキューズモールBASE」です。

南海・ダイエー時代からのホークスファンなら、日生球場と聞いて「あの出来事」を思い出すはず。

1996年5月に起きた「生卵事件」です。

僕がホークスファンになったのは翌97年からなので、具体的に知ったのは随分後になります。先人たちの口伝によると、1996年のダイエーは序盤から調子が悪く、最下位に落ち込んでいました。あまりにも不甲斐ないチームに憤ったのが、南海時代からのファンでした。

そして5月序盤に迎えた近鉄戦(日生球場)で、ついにファンの怒りが爆発します。あまりにも不甲斐ないプレーに、ファンは不満のヤジを連発。レフトスタンドの横断幕には

「南海復活」
「病原性敗北菌OH-89」
「門田助けてくれ!」


など、弱すぎるホークスを揶揄する文字が並んでいたようです。

YouTube上には5月7日の試合が公開されており、当時の殺伐としたレフトスタンドが詳細に記録されています。応援団も通常応援をボイコットして、南海時代の応援歌を演奏しだし、ラッキーセブンでは『南海ホークスの歌』を演奏する始末。あまりにも異様な状況だったと思われます。

ピッチャーが打たれると、

「おーい加藤伸一どこ行ったんや!加藤伸一投げさせぇ」
「広島や!」※前年オフに放出
「井上祐二どこや!?」
「広島や!」※94年シーズン中に放出
「ああほんま!?」
「うちはみなええピッチャー全部外や!」
「井上投げてくれー帰ってぇ!」
「田畑(一也)はどこ行った田畑はぁ?」※前年オフに放出、ヤクルトへ
「山本(和範)帰ってきてくれぇ~!!」※前年オフに自由契約、近鉄に出戻り


といったような、放出した選手を挙げて懐かしみつつ、チームを皮肉るヤジもありました。今となっては信じられないほど、凄まじいですね。
(YouTube動画「19960507 近鉄バファローズvs福岡ダイエーホークス(3)(日生球場)」を参照のこと)

この日の試合(敗戦)後、バスがファンに取り囲まれるという事態に至り、翌々日(敗戦)にも再度取り囲まれたうえ、ついには生卵まで投げつけられました。これが「生卵事件」と呼ばれる所以です。

96年シーズンは最下位に終わりましたが、生卵の屈辱をばねにチームは奮起。王監督と根本専務(当時)のもとで戦力強化がなされ、99年の日本一にいたります。

2020年シーズンが始まり、ホークスは借金を背負い続けています。温故知新ではありませんが、昔の弱いホークスを知ることで、また新鮮な気持ちで応援したいと思いここまで来ました。長い前置きになりましたが、それでは日生球場跡地に入りましょう。

※7月12日の対楽天戦で勝率5割に回復(借金完済)。

IMG_0633.jpg
キューズモールの正門は今でこそ北東側ですが、球場の正門は北西部に開口していました。ということで、北西側の入口から「入場」します。

足元の舗装ブロックを見ると、なんと日生球場の形をしているではありませんか!このデザインはキューズモール建設時にも踏襲され、新しい舗装面も同じ形状になっています。

IMG_0637.jpg
「もりのみやキューズモールBASE」は風通しの良い、明るい街のショッピングモールになっていました。球場時代の面影はどこにもなさそう・・・に見えましたが、そうでもなさそうですよ。

IMG_0635.jpg
中央部の中庭は多目的スペースとして使われています。当時の位置とは全然異なりますが、ホームベースも置かれていました。


日生球場跡地を背景に一枚。

IMG_0636.jpg
それともう一つ、ここのマスコット「モリスペクター」の格好に注目。キャップと服が1974~76年頃の近鉄のユニフォームっぽいですよ!さりげなくですが、日生球場&近鉄要素が盛り込まれていて、思わず嬉しくなります。

ちなみにキューズモールには店ごとにマスコットがいて、いずれもチャウチャウ犬をモチーフにしているんですって。豆知識だよ!

IMG_0639.jpg
森ノ宮から電車を乗り継ぎ、次に向かったのは南海難波駅。これから大阪球場があった「なんばパークス」に向かいます。

2018年夏に立ち寄って以来、およそ2年ぶりとなる大阪球場跡です。あの時はじっくり見ていないので、今回は30分かけて散策しますよ。

IMG_0640.jpg
まずはホームベース跡へ。ノムさんが亡くなってから、ここに来るのは初です。

IMG_0641.jpg
ついでにピッチャープレートも「撮りなおし」ました。前回の写真にはあまり満足してなかったもので・・・。杉浦さん、これでいいでしょうか?

IMG_0642.jpg
ここまで来たら、最上階の屋上庭園にも上がりますよ。

まずは急傾斜で知られた外野スタンドをイメージしたとされる、屋上ベンチに向かいます。ちょうどお昼時ということもあり、おじさんが一人、お弁当を頬張っていました。

IMG_0645.jpg
屋上といえばもう一か所。同じ屋上にあるミニ資料館「南海ホークスメモリアルギャラリー」にも入りますよ。

IMG_0646.jpg
強かった頃の優勝ペナントや、かつてのエースにして南海最後(ダイエー初代)の監督をつとめた杉浦忠氏のユニフォームなど、貴重な資料が展示されています。

前回から2年経過しましたが、展示内容や記述に変化はなさそうです。南海OB江本孟紀氏の働きかけで、なんとか「野村克也」の名前を刻もうという動きはあるものの、いまだ実現には至っていません。

IMG_0644.jpg
鶴岡親分こと、鶴岡(山本)一人監督が率いていた頃の南海は、まさに黄金時代を迎えていました。当時のホークスを知る人はみな高齢者になり、主砲・女房役をつとめた野村克也氏も2月に鬼籍入りしました。


南海の記憶が遠ざかっていく中で、ホークスというチームは福岡に拠点を移し、躍動し続けています。ホークスのルーツを胸に刻みつつ、メモリアルギャラリーを後にしました。

IMG_0647.jpg
なんばから電車で一駅移動して、新今宮でJRに乗り換え天王寺へ。地下鉄を乗り継いだ方が割に合っていますが、晴れているうちに南海電車の撮影をしておこうと思ったのです。新今宮で10分ほど撮影をしてから、JR線ホームに移動しました。

ここからは天王寺での乗り換えを挟み、かつて近鉄バファローズが本拠地を置いた藤井寺球場の跡地に向かいます。跡地は学校になっており、当時の面影はほとんど残っていないようですが、何かめぼしいものは見つかるでしょうか?
~つづく~

撮影日:2020年7月2日

関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからYouTubeチャンネル登録できます。老舗チャンネルとしての誇りを胸に、背水の陣でYouTube続行中。どうか応援の方よろしくお願いいたします。
どんなに冷遇されても負けんばーい!

コメント(2)



名前:さんいー
タイトル:いまや阪神だけ
こんばんは。
懐かしいですね~。
当時のパ・リーグは地方ではテレビ中継がありません。
オールスターと日本シリーズくらいでしょうか。
漫画”あぶさん”で魅力を覚えたくらいです。
”実力のパ・人気のセ””
今や野球の面白さも実力もパ・リーグにあるのでは?
と思います。
当時は親会社が私鉄の球団が多かったですね。
南海、近鉄、阪急、西鉄、阪神など。
今や阪神だけ。
今日はIT企業花盛り。
時代の移り変わりを感じます。
2020年07月13日 22:44 | URL | #- [edit]
名前:wra
タイトル:さんいーさんへ
たしか、あの頃は巨人戦ばかり流れていたみたいですね。アニメから漫画まで巨人、巨人・・・。
『あぶさん』を通してホークスのカッコよさを伝えた水島先生は、本当に素晴らしい存在だと思います。

今でもホークス戦に行くと、あぶさんの背番号90を付けた人がいますよ!


ここ数年は交流戦でパリーグが圧倒的な強さを見せていますし、さんいーさんを含む僕の両親世代の頃とは真逆といっても良いぐらい、時代は変わったんだなと痛感します。球団保有会社だってそう。鉄道系は西武・阪神だけになり、IT企業の保有球団が増えました。

今後、プロ野球はどう変わっていくのでしょうか。ますます目が離せません。
2020年07月13日 23:56 | URL | #9MBBB9Tg [edit]

コメントを残す






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。