【旅行記】Go To 夏旅2020 9日目(2)―青春18きっぷを使わない日

2007年にはじめて長野県を訪れた際、善光寺はスルーしていました。長野3度目にしてようやくの善光寺参拝です。日本屈指のパワースポットで見も心も清らかにして、旅後半も無事に過ごしたいと思います。

IMG_1649.jpg
▲善光寺本堂に到着!

長い参道を進むと、やがて古めかしい本堂が見えてきました。その前には大香炉があって、煙を身にまとうと無病息災の御利益があるとか云々。ならばと線香を買い、香炉に投げ入れ実践してみました。

う~ん、お香のいい香り。そこにいるだけで、身が引き締まるような思いがします。身も心も清らかになったところで、いよいよ旅の後半戦に入ります。


▲善光寺参道を背景に一枚

IMG_1658.jpg
▲古めかしい建物が並ぶ善光寺参道

善光寺から長野駅までは、表参道を歩いてみることに。道の両脇には土産物店が軒を連ね、長野名物を買い求めることができます。やがて土産物店からカフェやレストランへと風景が変わり、それもホテル・オフィス街に変わると、そろそろ長野駅です。

IMG_1659.jpg
▲98年長野冬季五輪の記念碑

IMG_1660.jpg
▲自衛隊長野地本のマスコット「しんちゃん」「なのちゃん」

IMG_1661.jpg
▲アルクマ自販機

IMG_1664.jpg
▲長野駅に到着!

長野駅からは普通に切符を買い、県下第二の都市・松本に移動します。

ふと見上げると、空は雲に覆われ、これから通る「姨捨の絶景」には期待できないことを察しました。停車中のE127系に乗り込むと、ボックス席はすでに埋まっており、しかたなくロングシートに腰を沈めます。

IMG_1663.jpg
▲長野駅に停車中の飯山線キハ110系
北陸新幹線の延伸で「花輪線状態」になってしまった


IMG_1662.jpg
▲長野駅で出発を待つ383系「ワイドビューしなの」

IMG_1665.jpg
▲「制御振子」確認よし!

IMG_1666.jpg
▲E127系で松本に向かう

IMG_1668.jpg
▲姨捨のスイッチバックから善光寺平を見下ろして

篠ノ井線に入った松本行きは、稲荷山から山奥へと入っていきます。山岳路線らしく、いくつものスイッチバックが存在したのは過去の話。今は桑ノ原信号場と姨捨駅を残すばかりです。

姨捨駅に入ると、眼下にはうっすらと善光寺平が広がっていました。天気が悪いながらも、なんとか絶景を見ることができました。本音を言うと姨捨に途中下車したいところですが、いかんせん本数が多くありません。今回は見送り、そのまま終点を目指すことに。

IMG_1670.jpg
▲松本駅に到着!
アルプちゃんとテレビ松本のマルル&アニーがお出迎え


松本駅に降り立つと、この日のJR線での移動は終了。あとは松本滞在に時間を割きます。

改札を出ると、さっそくアルプちゃんのイラストが出迎えてくれました。はじめて松本に足を下ろした2007年、すでにアルプちゃんは誕生していました。あれから13年がたち、今となってはすっかり松本の顔として定着しているようです。

IMG_1671.jpg
▲松本駅でいったんJRから離れて市内へ

IMG_1674.jpg
▲松本駅前のインネパ店「エベレスト」で昼食

腹が減っては戦が出来ぬ。まずは昼食にしようと駅前に出ると、ここでインネパ店を発見しました。店名を「エベレスト」という、名前からして分かりやすいインネパ系です。

ランチメニューがお得なので入るも、すっかり今日が休日ということを忘れていました。割高な休日メニューしかなく、ならばとカレー2種類のセットメニューを注文。ここはナンだけでなく、カレーも食べ放題という変わり種の店です。

IMG_1673.jpg
▲ナン&カレー食べ放題のセットメニューを注文
カレーが妙にシャバシャバしているのは気にしない


ナン字体はふっくらとして、全然悪くありません。食べやすいし、香りも良いし。

カレーはと言うと、味は全然悪くないのですが、かなりシャバシャバしています。おかげでナンに絡みやすいものの、何か物足りなさがあります。水で量を増やしているからこそ、カレー食べ放題でもやっていけるのかもしれません。

食事を終えたら、お次はアルプちゃんの情報収集に移りますよ。市役所に石像があるのは知っています。まずはそこから見ていきたいと思います。

~つづく~
旅のお供:ぐんまちゃん&武田菱丸

撮影日:2020年8月8日
関連記事
鉄道ゆるキャラグルメカレー

Comment