【旅行記】Go To 夏旅2020 9日目(3)―アルプちゃんを探しに松本城めぐり

松本に来たからには、ここを抜きにしては帰れないでしょう。市のランドマーク・松本城です。

松本城を目指すついでに、市のマスコット「アルプちゃん」の情報を収集すべく、市役所にも立ち寄りますよ。なんでも市役所前に石像があるらしく、城と合わせて見ておかねばと思ったのです。あとはグッズ事情も知っておきたいです。

IMG_1678.jpg
▲松本城が見えてきた!

松本駅から20分ほど歩くと、やがて松本城の天守閣が見えてきました。インバウンドが全滅にもかかわらず、多くの来訪者で賑わっています。4~5月の悲惨な状況を知っている人からすると、夏場にここまで回復するとは思っていなかったでしょう。


▲松本城を背景に一枚

IMG_1681.jpg
▲止まれ表示はアルプちゃんのイラスト入り

松本市役所はお城のすぐ東側にあります。お堀端から道を越え、市役所に到着です。肝心のアルプちゃん像は、市役所の駐車場入り口に鎮座していました。周囲には花壇が造られ、大切に扱われている様子が見て取れます。

IMG_1682.jpg
▲松本市役所に到着!

IMG_1683.jpg
▲アルプちゃんの石像


▲アルプちゃん像と筆者

IMG_1684.jpg
▲松本城内に入るぞ!

その後、市役所周辺にある土産物店を一通り覗きましたが、アルプちゃんに関する商品は少なそう(ていうかない)でした。この辺の事情は弘前の「たか丸くん」に近いかもしれません。そうなると、期待できそうなのは城内の売店・・・か?

ならばと入場券を買い、有料エリアまで行ってみることにしました。

IMG_1685.jpg
▲お壕では鯉が餌を求めてパクパク

IMG_1686.jpg
▲松本城有料エリアへ突入!アルプちゃんパネルが出迎えてくれるぞ

門を抜けて有料エリアに入ると、そこにあったのは甲冑姿のアルプちゃんのパネル!これを見られただけでも、来た価値があるってもんです。

せっかく金を払ってきたからには、天守閣にも登っておきたいところ。さっそく列に並ぶと、係員いわく「1時間待ち」とのこと。なんでも、密集を避けるために入場制限をしているそうで、だから長蛇の列ができているのでした。

子供が泣き叫んでいます。カップルがため息をついています。混沌とした雰囲気が漂う中、それを打ち破ったのが「おもてなし武将隊」の一団でした。甲冑姿でさっそうと駆け付けた一団に、みな釘付けになったのは言うまでもなく、とたんに雰囲気が変わったのを感じました。


▲アルプちゃんパネルと松本城を背景に

IMG_1691.jpg
▲松本城天守閣から一枚

待つこと1時間、ようやく天守閣に入ることが許されました。警備員の方が古参の野球ファンらしく、僕のキャップを見て即座に福岡人だと見抜きました。いやいや、恐れ入ります・・・。ダイエーのガッチャマンヘルメット自体、使われたのは4年(1989~92)と短いですが、かなりのインパクトを残していったようです。

かなりダサイですが、同時にかなり目立つので最近よく被っています。ていうか、このキャップをトレードマークにして良いかも?キャライベント以外でも被っていこうかな(自宅近辺を除く)。

IMG_1696.jpg
▲松本城散策を終えて一枚

城の中はまさに歴史的価値の詰まった「宝箱」でした。柱の傷跡や色合い、そして古くなった木材の香り・・・。どれも鉄筋コンクリート造では味わえない、城の魅力そのものです。小峰城や弘前城にしてもそうですが、わざわざ見に来た価値がありました。

松本城散策のラストは売店視察です。小ぶりな建物に入ると、松本のご当地土産が所狭しと並んでいました。お城らしい土産物もあって、世代を問わず、見ごたえのある品ぞろえだと思います。その中に、アルプちゃんグッズがあるのを僕は見逃しませんでした。

予想通り、松本城売店にありました。アルプちゃんゲットだぜ!

たしか10年ほど前、YouTubeとブログで「アルプちゃん考」と銘打ち、アルプちゃんを激推しするブロガーさんがいました。面識はないものの、僕にかなりのインパクトを与えたのは事実です。その方が持っていたアルプちゃんと、まさに同じものがあるじゃないですか!

結局のところ、僕がアルプちゃんグッズを目にしたのは、松本城天守閣前の売店だけでした。探せば他にもありそうですが、僕が半日で探せるのはここまで。まあ手に入ったことですし、一情報として紹介しておきます。

IMG_1705.jpg
▲なわて通り商店街にぶらり

アルプちゃんを無事お持ち帰りしたところで、続いては「カエルだらけ」でひそかな注目を集めている、なわて通り商店街にやってきました。

横を流れる女鳥羽川にはかつて、カジカガエルという美しい鳴き声のカエルがいたそうです。再びカジカガエルが住める川になることを願い、商店街ではカエルをシンボルとして扱っています。

IMG_1710.jpg
▲カエルの置物

IMG_1709.jpg
▲なわて通りの顔出しパネル

IMG_1706.jpg
▲なわて通りのカエルを祀る祠

IMG_1711.jpg
▲松本のご当地マンホールはJリーグ松本山雅FCの「ガンズくん」デザイン

IMG_1712.jpg
▲バイオリンを持つ女性像とアルピコバス

松本城散策とアルプちゃん収集を終え、JR松本駅に戻ってきました。この日は松本駅前のカプセルホテルを予約していますが、まだチェックアウトには早すぎます。

ここでふと、旧松本電鉄(アルピコ交通上高地線)の存在を思い出しました。こういう時だからこそ、地方私鉄を乗って応援することも必要だと思い、早速新島々まで行ってみることに。JRとはまた違った雰囲気が待っていることでしょう。

JRと共用の改札を抜け、アルピコ交通のホームを目指しました。
~つづく~
旅のお供:武田菱丸&ぐんまちゃん(+アルプちゃん)

撮影日:2020年8月8日
関連記事
ゆるキャラ

Comment