【旅行記】Go To 夏旅2020 10日目(3)―名古屋駅前で絶品激辛ビリヤニを食べる

猪谷から高山本線を南下すること1時間。飛騨地方の中心地・高山に到着しました。列車は引き続き美濃太田まで走りますが、ここで23分間の長時間停車が用意されています。

暑い日差しを避け、そのまま車内で待機するのが一番賢い過ごし方ですが、そう滅多に来ない場所だからと、あえて駅周辺を散策することに。わずか23分でやれることはたかが知れています。しかし、何も見つからないはずがありません。意を決して駅改札を抜けました。

IMG_1820.jpg
▲国道158号線おにぎりをまた見ることになろうとは・・・

市街地に入ると、前日にも島々駅散策で通った国道158号線に合流しました。この道は福井市を起点に、高山を経由して松本にいたる国道です。まさか両日つづけてR158のおにぎりを見ることになろうとは・・・。

IMG_1821.jpg
▲高山市中心部を移動中!

駅から古い街並みが続くエリアまで500メートル離れています。なんとか行けそうな気がしましたが、ちょっと無理そうですよ。なんたって信号機の待ち時間が長すぎて、それが時間のロスに繋がりました。

駅から400メートル進んだところで引き返し、元来た道を戻ります。あと200メートル行けば観光エリアでしたが、本数の少ない高山線でリスクは選びません。

IMG_1822.jpg
▲角度によっては、高山市章にも雷鳥にも見えるオブジェ

IMG_1824.jpg
▲さるぼぼといっしょに写真を撮りませんか?

江戸時代からの古い町並みが残る高山といえば、さるぼぼという赤い人形が名物です。駅前には記念撮影コーナーもあって、なんとか高山らしさを感じたところで、23分の滞在を終えました。

高山を出ると風景は再度渓谷へと変わり、そのまま下呂を経て美濃太田に続きます。次に平地が現れるのは下麻生を過ぎてからでしょう。それまでの間、山深い中を進んでいきます。

IMG_1831.jpg
▲禅昌寺駅から見えた石柱群
どうやら「銀花荘」なる古民家オーナーの収集品らしい


IMG_1833.jpg
▲飛騨川を渡って下呂駅へ

猪谷を出て2時間半を過ぎたころ、列車は温泉地・下呂に到着。水害に遭ったばかりですが、ぱっと見だと平穏を取り戻しているように見えました。

今夏の豪雨で高山本線も被害を受け、一時は橋梁流失も心配されましたが、なんとか短期間での復旧が実現しました。

IMG_1834.jpg
▲美濃太田駅に到着!

外がすっかり暗闇に染まった頃、美濃太田駅に到着。19時8分のことでした。

ここで再び23分の待ち時間を経て、太多線から来た岐阜行きに乗り換えます。長良川鉄道のホームでは、単行のディーゼルカーがエンジンを鳴らし、乗客を待っていました。19時31分、キハ75の岐阜行きに乗車。

IMG_1835.jpg
▲美濃太田駅に停車中の長良川鉄道ナガラ307

IMG_1836.jpg
▲岐阜駅に到着!キハ75は快適すぎる

ロングシートのキハ25とはうって変わり、キハ75の移動は快適そのものでした。ふかふかした転換クロスシートに身を沈め、特急並みの静かさが眠気を誘います。

どうせなら、高山線のキハ25と太多線のキハ75をトレードすりゃいいのですよ。

IMG_1840.jpg
▲名古屋駅西口にあるインド料理店「ラジャラニ」で夕食

20時3分、岐阜に到着。これにて高山本線も無事完乗しました。列車に乗りながらの森林浴も悪くないです。

ここからは速くて快適な、東海道線の特別快速で名古屋を目指します。やってきたのは313系5000番台。相変わらず乗り心地の良い、JR東海区間のオアシスです。20時26分、10日目のゴール地・名古屋に到着。

今晩のホテルは名古屋市丸の内に確保済みです。まずは夕食をと、名古屋駅西口に出ました。なんでも、「ラジャラニ」という店のビリヤニが美味いらしく、さっそく食べに行きたいと思います。

IMG_1837.jpg
▲開放的な店内

その店は駅前から目と鼻の先にありました。

開放的な店内に入ると、奥ではインド系の店員が待機しています。店員が来たところでビリヤニを注文すると、辛さを聞かれました。激辛ビリヤニもたまにはよかろうと、辛さMAXで注文することに。

IMG_1839.jpg
▲夕食は激辛マトンビリヤニ!こんなに美味いビリヤニは久しぶりだ

調理には20分ほどかかりました。翌日のプランを考えながら過ごしていると、ようやく注文していたマトンビリヤニが到着。ライタとサラダ付きです。

バスマティライスはパラパラとしていて、スパイスとマトンが良い香り!さっそく一口すると、スパイスの旨味と同時に辛さがはじけました。これは容赦ない激辛じゃないですか。よしよし、ならば今度はライタをかけてみましょう。これで辛さはだいぶ和らぎます。

大盛りで激辛激ウマなビリヤニを堪能したところで、地下鉄に乗って丸の内に向かいます。今回の宿は「ホテル1-2-3名古屋丸の内」。禁煙&朝食付きプランが決め手になりました。

IMG_1841.jpg
▲丸の内駅前にある「ホテル1-2-3名古屋丸の内」に到着!

IMG_1842.jpg
▲名古屋で快適な夜をすごす

さっとシャワーを浴びてベッドに入り、疲れをとるべく早めに就寝しました。

11日目は18きっぷ最後の1回分を使い、中津川まで足を延ばしてから、ついで関西本線・桜井線・おおさか東線を完乗したいと思います。新たな旅のお供に出会えますように!

~つづく~
旅のお供:武田菱丸&アルプちゃん

撮影日:2020年8月9日
関連記事
鉄道グルメカレー

Comment