【旅行記】Go To 夏旅2020 11日目(1)―中津川へショートトリップ

11日目は名古屋から京都まで行けば終わりという、かなりイージーな一日です。そのまま京都まで行っては面白くないですから、ここは一つひねって、中津川まで行ってみることにしました。

中津川といえばご当地キャラ「にゃかつがわ君」を擁する、かつての宿場町です。このマスコットが直接的なきっかけですが、中津川自体、前々から行ってみたかった場所ですし、行先としてはベストでしょう。

IMG_1844.jpg
▲ホテル1-2-3をチェックアウト

ホテル1-2-3は朝食コミということで、起床後1階のレストランに向かいます。バイキング形式で供されていますが、一つ一つ小分けされていました。ご飯をおかわりして準備は整いました。

地下鉄で名古屋駅に向かい、中央本線の211系に乗り換えます。もとセントラルライナー編成を期待していましたが、まさかのロングシートです。ありゃまぁ・・・。

IMG_1845.jpg
▲地下鉄丸の内駅から名古屋へ

IMG_1846.jpg
▲中央西線を東に進む

IMG_1849.jpg
▲中津川駅に到着!

名古屋を出て1時間が過ぎたころ、列車は中津川に到着。ここで改札を出て、1時間ほど中津川を散策します。向かい側のホームには、乗りたかったセントラルライナー編成が止まっていました。あっちに乗りたかった・・・。

さて、肝心のにゃかつがわ君はといいますと、あれ・・・どこにもいない。

個人的に、ご当地キャラクターの活用度を測るうえで、その自治体の玄関口にあたる駅での活用例を重視しています。ご当地キャラというのは、人の目につく場所で活用されてナンボだと思います。ネット上に限らず、駅や街中でどんどん使っていくべきではないでしょうか。

せっかく、ネット上でめちゃくちゃ発信しているのですから・・・。

IMG_1851.jpg
▲日の丸がはためく中津川の街並み

さて、肝心の街並みはと言いますと、もうパーフェクトです。駅を出ると古い町並みが広がっているではありませんか。さらに進むと宿場町エリアに入ったらしく、江戸時代の木造家屋が軒を連ねていました。

IMG_1853.jpg
▲宿場町時代の古い住宅が随所に残されている

山間の古い街並みに見とれているのもつかの間。凄まじい熱気が体力を削ってきました。それでも平地よりは涼しいはずですが、すっかりノックアウトです。早めに散策を切り上げ、中津川駅に戻ります。

IMG_1854.jpg
▲専用線の廃線跡を活用した遊歩道

IMG_1856.jpg
▲はやくうだつを上げたい俺の人生

IMG_1858.jpg
▲中津川村庄屋跡

中津川駅に戻ると、名古屋行きの出発まで20分残っていました。駅横にある土産物店に入り、めぼしいものを探してみます。やはり、にゃかつがわ君関連はありませんね・・・。自分が探し足りなかっただけかもしれませんが。

何か食材はないかと探していると、ここで岐阜名物の「鮎菓子」を発見!ひあゆ丸のモチーフとしてお馴染みの、ふんわりモチモチ食感が楽しいお菓子です。

それにしても、やけに怪しい婆さんとすれ違いますね。すれ違うたびに何かブツブツ言っています。何を言っているのか確かめるべく、すれ違いざまに聞き取ってみました。え、何だって?

「あんた泥棒はしたらいかんよ」

はぁ?ババア今何て言った!?

なんて文句は言いませんが、信じられませんよね。

見ず知らずの買い物かごと財布を持った人間を、泥棒扱いですよ。会計時にいろいろ手こずっていたので、認知症を患っているのだと察しました。身内にもこういう根性悪の婆さん(祖母ではない)がいるので、別に怒りもしませんが、まあなんというか・・・。

IMG_1867.jpg
▲多治見駅で途中下車

中津川散策を終え、やってきた名古屋行きで元来た道を戻ります。これから名古屋で快速「みえ」に乗り換え、桑名を目指す予定です。しかし、この列車に乗っても後の快速に乗っても、行程に支障がないことを知りました。

ならば、やなせたかし先生の傑作「うながっぱ」ネタを収集すべく、多治見で途中下車しますよ。躊躇しないのが今回の旅のルールです。

IMG_1862.jpg
▲多治見駅改札口

多治見駅の改札を抜けると、ムワンとした熱気が体を包みました。日本屈指の暑い街として有名な多治見らしい、激アツなお出迎えです。

コンコースに出ると、すぐ目の前に観光案内所がありました。入口にはうながっぱのパネルが置かれています。ここでグッズが手に入るみたいですよ。早速入ってみると、充実した品ぞろえに驚きました。

ご当地キャラはこうでなくっちゃ!うながっぱの作者やなせ先生も、草葉の陰から喜んでおられると思います。予定外の出来事でしたが、うながっぱを手に入れました。

IMG_1863.jpg
▲多治見駅観光案内所
うながっぱグッズはここで販売中!


IMG_1864.jpg
▲本日の多治見は気温36度!
体温とほぼ同じやないか


駅前に出ると、そこには温度計が置かれていました。11時33分の時点で気温はなんと36度!どおりでサウナのように蒸し暑いわけです。

中津川もかなり暑かったに違いありません。早めに中津川散策を切り上げて大正解でした。

IMG_1865.jpg
▲でかい・・・(どこが?)
大胸筋だよ!


IMG_1866.jpg
▲多治見市コミュニティバスはうながっぱ仕様

IMG_1869.jpg
▲中央西線で名古屋へ

多治見からは快速で名古屋を目指し、短い接続時間で快速「みえ」に乗り換えます。名古屋から先、関西本線をひたすら下り、奈良で桜井線に入る予定です。この日は関西本線・桜井線・おおさか東線を完乗するつもりでいます。

IMG_1870.jpg
▲名古屋で快速みえに乗り換えて桑名を目指す

名古屋からはキハ75「みえ」に乗って、ハマグリの産地・桑名で一旦降ります。ここで昼食を買うついでに、めぼしいネタを一つでも収集できればパーフェクト!さすがにハマグリは口にできないと思いますが、桑名には大いに期待しています。

~つづく~
旅のお供:アルプちゃん&うながっぱ

撮影日:2020年8月10日
関連記事
鉄道ゆるキャラ

Comment