【旅行記】Go To 夏旅2020 11日目(2)―畿内の未乗区間を乗り潰せ!

三重県に行ったことがあると言っても、ほんの少しかすった程度でした。あれはたしか2018年の冬、近鉄旧東青山駅にいったときのことです。

今回は名古屋から関西本線を下り、三重県北部を走破します。県庁所在地の津にはいきませんが、途中の桑名で途中下車して、三重の魅力に少しだけ触れたいと思います。

IMG_1871.jpg
▲木曽三川を渡り三重県に突入!

鳥羽行きの快速「みえ」はエンジン音も豪快に、名古屋駅を出発しました。関西本線の名古屋~四日市間は、伊勢鉄道と共に紀伊半島のメインルートとして機能しており、特急「南紀」も駆け抜ける幹線です。

もっとも、その地位はけして高いとは言えず、近鉄名古屋線・山田線に比べると、いささか見劣りする点は否定できません。三重・奈良両県は近鉄王国なのですから。

IMG_1873.jpg
▲桑名駅で快速みえを降りる

青春18きっぷ利用者がそのまま伊勢鉄道を経由するケースが後を絶たないのか、車内放送では何度も釘をさすように、別料金が必要だとアナウンスされています。メインルートにもかかわらず3セク化されるとは、かつての伊勢線はどれだけ閑散路線だったのでしょうか。

桑名でいったん列車を降り、亀山行きが来るまでの30分間、駅周辺を散策します。もっとも、待ち時間が短いので、買い物をすればそれだけで時間が潰れてしまうでしょう。コンビニで弁当を買い求め、かるく駅前を散策して桑名滞在を終えました。

IMG_1883.jpg
▲青空に覆われた桑名駅前

IMG_1882.jpg
▲桑名のご当地マンホールは可愛いハマグリくん

桑名といえば東海道の海路「七里の渡し」と、名物焼きハマグリです。時間の関係上、ハマグリを口にすることはできませんが、代わりにハマグリデザインの可愛らしいご当地マンホールを発見しました。

続いて乗車する亀山行きは、313系の2両編成でした。ここでお待ちかねの昼食タイム。車内でコンビニ弁当と中津川で買った鮎菓子を開きます。

ひあゆ丸や岐阜まんまる団が宣伝しているように、鮎菓子はまさに「ふんわりもちもち」の食感!岐阜と三重の魅力を味わいつつ、亀山への道中を過ごしました。

IMG_1885.jpg
▲亀山行きの車内で鮎菓子くんを食べる

IMG_1886.jpg
▲ふんわりもちもち鮎菓子くん

亀山でキハ120の加茂行きに乗り換え、関西本線で最も閑散とした区間に入ります。急行「かすが」が走ったのも今は昔。青いキハ120がひたすら行きかうばかりです。

IMG_1887.jpg
▲国道25号「非名阪」と並走する
2ケタ国道とは思えない酷道ぶりで有名な区間だ


IMG_1888.jpg
▲柘植駅に停車

再び架線が見えてくると、草津線が接続する柘植駅に到着。向かい側には亀山行きが、奥には草津行きの113系が停車しています。

草津線も未乗区間ではありますが、今回は乗らずじまいに終わりました。それから2週間後、四国一周のついでに草津線を完乗したのは、また別の機会に書きます。

IMG_1890.jpg
▲柘植駅で草津線と別れる(草津線は8月末に完乗)

IMG_1891.jpg
▲加茂駅で大和路快速に乗り換え

加茂駅で大和路快速に乗り換え、ようやく近畿地方のアーバンネットワークに戻ってきました。ここまでくると、地元に帰ってきたようなものです。

木津でみやこ路快速に乗り換えて、宿泊先の京都に向かうのも悪くないですが、それでは18きっぷがもったいない。切符の恩恵を最後まで受けるべく、桜井線・おおさか東線を完乗することにしています。まずは桜井線に乗るべく奈良へ。

IMG_1892.jpg
▲奈良駅で桜井線227系に乗り換え

奈良で待っていたのは真新しい227系でした。少し前に227系が導入されたことで、桜井線からオンボロ105系が撤退しました。車両が変わったことで、乗り心地だけでなく、路線に対するイメージも一変したと思います。

227系はゆっくりとした速度で、こまめに停車しつつ奈良盆地をグルリ半周します。距離の割には結構時間がかかりますね。髙田で和歌山線に乗り換え、王寺で関西本線(大和路線)に戻ってきました。

IMG_1893.jpg
▲王寺駅で再び大和路快速に乗り換え

IMG_1894.jpg
▲広い構内の王寺駅

王寺で後続の大和路快速に乗り、おおさか東線が接続する久宝寺で降ります。

待っていたのは緑色の201系でした。103系が引退した今、201系も徐々に居場所を狭めつつあります。そんなオンボロ電車が今も幅を利かせているのが、これから乗るおおさか東線です。

IMG_1895.jpg
▲久宝寺駅でおおさか東線に乗り換え

201系は爆音モーターを鳴らし、線路規格に見合わないゆっくりとした速度で、新大阪を目指します。都会の割にはやたら車内が閑散としていたのが気になりますが、おかげで気兼ねなく走行音を録音できました。

IMG_1898.jpg
▲大阪駅前で夕食のち京都へ

そろそろ夕食の時間です。昼が少なかったのか、だいぶ腹が減っています。こういうときは大阪駅前の「すた丼」でガッツリいくべきでしょう。さっそく、梅田のヨドバシカメラに入り、すた丼の飯増しをいただきました。

道行く若者は無表情でスマホの画面を見つめ、YouTubeに見入っています。大阪に入ってから、この光景を何度目にしたことでしょうか。都会の無機質さと窮屈さを感じずにはいられませんでした。

IMG_1899.jpg
▲本日の宿はホテルチェックイン四条烏丸

ついに青春18きっぷ2枚目の旅を終えるときが訪れました。今晩のホテルがある京都に到着です。今回は四条烏丸にある「ホテルチェックイン」に宿をとっています。地下鉄烏丸線に乗って四条で下車。

IMG_1900.jpg
▲妙にアパートっぽい客室廊下

ホテルに入ると、一階フロントにはジュースサーバーが置かれていました。利用者は自由に飲んでよいとのこと。

カードキーをもらい客室階に上がると、その雰囲気にビックリしました。まるでマンションの廊下です。配管はむき出しで、壁の隙間からは夜空が見えます。一応、玉砂利や壺が置かれ、ホテルらしさは演出されていますが、ちょっと心配になってきました。

IMG_1901.jpg
▲きれいな客室&大浴場でくつろぐ京都の夜

その心配も、部屋に入ると杞憂に終わりました。洋室ながら、和をイメージした落ち着いた造りになっています。ベッドもふかふかですし、最上階には大浴場まであります。これなら翌朝までゆっくり寛げるでしょう。

荷物を置いたところで、疲れをとるべく大浴場に向かいます。嬉しいことに貸し切り状態じゃないですか。気兼ねなく風呂に入れ、体の垢もキレイに落として、大満足のうちに風呂を出ました。

1階フロントにドリンクバーがあったのを思い出し、水分補給をかねてドリンクを注ぎ、部屋に戻りました。これにて11日目は終了!青春18きっぷを使っての移動は、ついに京都で終わりを迎えました。

~つづく~
旅のお供:アルプちゃん&うながっぱ

撮影日:2020年8月10日
関連記事
鉄道

Comment

hippopon

快適そうなベッドですね。
いい夢が見れそう。

東京はいたって静かで
昨日は通り雨が激しかったのですがおさまっています。

九州はこれかららしいので 十分に警戒してくださいね。

2020年09月07日(月)03:07
wra

wra

hippopnさんへ

自分の家を持ったような気分になれる、ちょっと変わっていてそれで楽しいホテルでした。

それにしても、あの台風は凄かったですよねぇ!
家が地震のようにガタガタいって、どうなるかと思いましたが・・・何とか無事でした。

2020年09月22日(火)00:47