坐摩神社(大阪府大阪市)―渡辺が番地になっているフシギな場所

「大阪市内に変わった番地名がある」

それを知ったのが、ここに来るそもそものキッカケでした。調べてみると、大阪市中央区久太郎町4丁目に、一つだけ数字ではない番地を発見しました。坐摩(いかすり)神社の周辺にだけ、「渡辺」という番地が設定されているのです。

渡辺という地名ならいくつもありますし、なんだったら福岡市には渡辺通がありますよ。しかし、ここは明らかに他とは違います。数字ではない番地ですよ?しかもそれが神社境内ですから、気にならないわけがありません。

ということで、渡辺という場所をさらに知るべく坐摩神社に行ってみました。

IMG_1979.jpg
▲坐摩神社入口

神社正面には壁と一体化した鳥居が立っていました。正確に言うとこれは「三ツ鳥居」というもので、全国にわずか数例しかないという珍しい鳥居です。明神鳥居の両脇に、小さな鳥居がくっついた形をしており、道教寺院などで見られる牌坊のような形に見えなくもありません。

IMG_1978.jpg
▲坐摩神社社号標

IMG_1980.jpg
▲この場所は久太郎町4丁目-渡辺-3というらしい

さっそく鳥居横に住居表示のプレートを発見しました。「渡辺-3」と表示されています。これが坐摩神社の住所なのでしょう。珍しいものを見ることができました。

IMG_1977.jpg
▲ここの狛犬は鳩胸が可愛い

IMG_1976.jpg
▲手水鉢が中央に置かれていないタイプの手水舎

IMG_1973.jpg
▲坐摩神社社務所

IMG_1974.jpg
▲坐摩神社社殿

当地は渡辺姓発祥の地として知られています。かつてこの地には、渡辺町という地名がありました。住居表示性の施行に伴い、この町名は消えることになりましたが、何とかして地名を残そうと運動が行われた結果、街区符号(番地名)として残ることになりました。

IMG_1975.jpg
▲社殿前にはさぎ草の白い花が展示されていた
坐摩神社の御神花だ


IMG_1972.jpg
▲上方落語寄席発祥の地

境内には「上方落語寄席発祥の地」の石碑もありました。ここは渡辺姓発祥の地だけでなく、上方落語にも深くかかわる場所だったのですね。

IMG_1970.jpg
▲坐摩神社社号標(裏側)

さて、続いては神社の裏口にあたる西側にやってきました。こちらにも社号標・鳥居が置かれ、境内末社「陶器神社」への実質的な入口になっています。

IMG_1966.jpg
▲立派な住居表示板を発見!
ここにも渡辺が記されている


IMG_1969.jpg
▲火防陶器神社社号標

IMG_1971.jpg
▲陶器神社社殿
灯篭は陶磁器製だ


西側の鳥居は通常の明神タイプでしたが、東側と同じように壁と一体化していました。そこから境内に入ると、すぐ正面には陶器神社の社殿があります。灯篭は陶磁器で作られており、その名にふさわしい造りになっていました。

ここまで、渡辺にある坐摩神社を見ていきました。一般的な神社では見られないものが目立ち、神社マニアでなくとも見る価値は十分にあると思います。

撮影日:2020年8月11日
関連記事
神社

Comment