【施設紹介】JR山陰本線/KTR宮豊線 豊岡駅(兵庫県豊岡市)

今回は兵庫県豊岡市にある、豊岡駅をめぐります。山陰本線東部にいくつかある主要駅の一つで、JR宮津線から経営移管されたKTR宮豊線が分岐しています。現在も運行上の拠点として機能しており、広い構内を有しているのが特徴です。

IMG_2667.jpg
▲豊岡駅を正面から

駅舎は今どきよくある橋上式です。1階のスペースにはキオスクが入居しています。最近の橋上式によくある構造といえるのではないでしょうか。

IMG_2665.jpg
▲豊岡駅自由通路・窓口など

階段を上がると、自由通路が駅をまたぐように伸びています。主要駅らしい、広々としたつくりになっていました。

IMG_2664.jpg
▲豊岡駅改札口

改札口は自動化されておらず、昔ながらのラッチ式です。

ご当地キャラ
(所謂ゆるキャラ®)が積極的に活用されている町では、玄関口となる駅構内に、マスコットのイラストやパネルが配されているものですが、ここにもちゃんと「玄武洞の玄さん」(豊岡市マスコット)の姿がありました。

IMG_2662.jpg
▲まさにリアル玄武洞の玄さん!

改札を抜けると、そこにも玄さんがいました。天然石をそれっぽくカットして、それに顔をペイントしています。これぞまさにリアル玄さん!

IMG_2674.jpg
▲豊岡駅ホーム

豊岡駅ホームは2面4線の配置になっています。そのうち1線がKTR用の行き止まり式です。宮津方面に向かう際は、いったんJRの改札を経由してから、ホーム上にある中間改札を通る方式になっていました。

ここで折り返す列車が多いため、留置線が何本も引かれています。特急列車も頻繁にやってきますし、主要駅としての風格は健在です。

IMG_2678.jpg
▲豊岡駅駅名標

IMG_2675.jpg
▲豊岡といえばコウノトリも忘れちゃいけない!

IMG_2669.jpg
▲車庫に留置中のうみやまむすび

IMG_2673.jpg
▲豊岡駅に留置中のDD51-1191号機

IMG_2676.jpg
▲こりゃまた珍しい!カバンの自販機

ホームにひときわ珍しい自販機を見つけました。よく見ると、カバンの自販機ではありませんか!様々なデザインの商品が販売されており、1500円程度で購入することができます。

今回、豊岡には短時間しか滞在できませんでしたが、駅を散策するだけでも十分に豊岡を観光した気分になれました。本当によくできた駅だと思います。また一つ、ご当地の魅力を知ったところで、豊岡駅を後にしました。

撮影日:2020年8月25日
関連記事
鉄道ゆるキャラ

Comment