【施設紹介】JR草津線/信楽高原鐵道/近江鉄道 貴生川駅(滋賀県甲賀市)

今回は滋賀県南部、甲賀市にある貴生川駅をめぐります。所属路線はJR草津線・信楽高原鐵道・近江鉄道本線。うち近江鉄道の駅にはOR37という駅番号が与えられています。

草津線列車のうち、半数に近い列車が同駅で折り返すなど、運行上の要地といえる駅です。

IMG_2722.jpg
▲貴生川駅南口
駅舎は橋上式で、東西方向に線路が、南北方向に自由通路が通っています。

IMG_2724.jpg
▲貴生川駅北口

北口は甲賀市中心部、言い換えると旧水口(みなくち)町中心部に面していますが、そもそもこの駅自体、市街地からだいぶ離れた場所にあります。発音は違うものの、水口といえば近鉄・オリックスにいた猛牛戦士、水口栄二選手を思い出すのは僕だけでしょうか?

IMG_2721.jpg
ここからは貴生川駅構内の様子を紹介します。

駅に入ると、まず目に飛び込んできたのは可愛らしいアートでした。甲賀というだけあって忍者のキャラクターのほか、市内のマスコット「ぽんぽこちゃん」(旧信楽町)、「にんじゃえもん」(旧甲南町)も描かれています。

IMG_2720.jpg
さらに進むと、忍者姿の信楽焼が置かれていました。

IMG_2723.jpg
改札口は信楽高原鉄鐵道と共用になっています。これなら信楽から草津・柘植方面に向かうとき、わざわざ改札を出なくてもいいので、便利ですよね。

IMG_2719.jpg
▲信楽高原鐵道は改札を出ずに3番のりばへ!

IMG_2718.jpg
▲草津線ホームは2面3線

貴生川駅はジャンクション駅というだけあって、広々とした構内が特徴です。起終点の草津・柘植両駅を除くと、駅舎・構内ともに草津線内屈指の規模を誇ります。かつては中線もありましたが、現在は撤去されています。

IMG_2716.jpg
3番乗り場のすぐ横には、信楽高原鐵道からの乗り換えがスムーズにできるよう、JRのICカードリーダー・改札機が設置されています。

IMG_2727.jpg
近江鉄道ホームは1面2線のシンプルな構造で、ほかにも使用されていない側線があります。雰囲気はどことなく、彦根駅や近江八幡駅と似通っているような気がしました。ホーム上に窓口があるせいでしょうか。

IMG_2725.jpg
▲土山たぬき(土山SAマスコット)ラッピング編成

総括

以上、3鉄道が合流する貴生川駅を見てきました。全体的に小さな駅が多いJR草津線ですが、その中でもずば抜けて大きな中間駅です。

ただし、水口市街地からは若干離れており、近江鉄道の水口駅が、中心部への最寄り駅になっています。

撮影日:2020年8月26日
関連記事
鉄道ゆるキャラ

Comment