【施設紹介】JR予讃線 伊予西条駅(愛媛県西条市)―博物館が隣にある主要駅

今回は四国北部、愛媛県西条市にあるJR伊予西条駅をめぐります。
所属路線は予讃線、駅番号はY31。

全種別が停車するほか、多くの普通列車がここで折り返すなど、運行上の拠点としても機能しています。今治駅とともに、愛媛県東部を代表する主要駅といえるのではないでしょうか。

IMG_2181.jpg
▲伊予西条駅外観

駅舎は大きめながら、その大半がJRの業務施設にあてられているようです。そのうち乗客が利用できるスペースは、ほんの一部しかありません。

IMG_2179.jpg
▲伊予西条駅前ロータリー

駅前ロータリーには立派なバス停留所があります。比較的最近になってリニューアルされたらしく、まだ真新しさが残っていました。また、この場所には「うちぬき」と呼ばれる湧水があります。

IMG_2178.jpg
▲伊予西条駅改札口・待合室

待合室はこじんまりとしていますが、コンビニも併設しているなど、主要駅としての風格を見て取れます。改札口は自動化されておらず、ラッチが残っていました。

IMG_2177.jpg
▲伊予西条駅ホームと7000系

ホームは2面3線の国鉄型配線で、他にも電留線が数本設けられています。さすがは運転上の拠点だけあって、主要駅でも狭い構内が多いJR四国にしては珍しく、広々としていました。

IMG_2182.jpg
▲四国鉄道文化館の北館

駅横には「新幹線の父」十河信二を顕彰した、鉄道博物館「四国鉄道文化館」があります。建物は線路をまたいで南北に分かれており、うち南側にはフリーゲージトレインが展示されていました。

IMG_2185.jpg
▲伊予西条駅南側ロータリー

駅横の跨線橋を通って、線路の南側に到達できます。ここにも通勤通学・送迎向けのロータリーが設置されていました。

IMG_2184.jpg
▲四国鉄道文化館の南館に保存されているフリーゲージトレイン

跨線橋からの見晴らしは抜群でした。行きかう列車だけでなく、鉄道文化館に展示されているフリーゲージトレインを俯瞰することも可能です。

滞在時間は20分程度にとどまりましたが、伊予西条の魅力に少しだけ、触れることができたと思います。次回はぜひとも鉄道文化館で、保存車両にも目を通してみたいものです。

撮影日:2020年8月22日
関連記事
鉄道

Comment