【撮影記録】沖縄には青空が似合う!那覇市内でゆいレールを激写

前回の沖縄(2020年6月)では終始、梅雨末期の悪天候に悩まされました。最高のコンディションでゆいレールを撮影することはついにできず、新たな課題を残す形で福岡に戻りました。

それから3か月後。再び沖縄に足を下ろしたところで、今回の話はスタートします。

IMG_2802.jpg
▲那覇空港にて(1119Fかりゆし水族館)

天気は曇りでしたが、前回よりも悪くありません。那覇空港について早々、駅ホームで撮影しました。やってきたのは「DMMかりゆし水族館」のラッピングをまとう、増備車の1119Fでした。

IMG_2803.jpg
▲小禄にて(1110F)

那覇到着後、小禄のイオンモールで買い物をしたついでに、1110Fを見上げるように一枚撮りました。このあたりで徐々に天気が良くなり、翌日以降の好天へと繋がっていきます。

IMG_2804.jpg
▲小禄にて(1112Fキキララ)

前回、京急ラッピング編成を収めた小禄駅ホームでも、簡単に撮っておきます。てだこ浦西方面から来たのは、沖縄銀行のラッピング(キキララ)をまとう1112Fでした。

IMG_2811.jpg
▲美栄橋にて(1101F)

ホテル最寄りの見栄橋でも、下見をかねて撮影しました。ゆいレールは全体的に曲線が多いせいか、絵になる撮影ポイントがいくつもあるような気がします。

IMG_2814.jpg
▲壷川~旭橋にて(1101F)

個人的に気に入っているのが、明治橋横(壷川~旭橋)の大カーブです。

背景の看板類に注意する必要があるものの、それさえクリアすればいい写真が撮れます。夏場だと、夕方頃が順光になるのかな?

IMG_2818.jpg
▲美栄橋にて(キキララ)

沖縄に到着した翌日、あれだけ空を覆っていた雲は消えてなくなり、すっかり晴天になりました。この機会を逃すまいと、朝の那覇を舞台にゆいレールを撮影しておきます。

IMG_2819.jpg
▲旭橋にて(1105F)

壷川~旭橋間の大カーブを、今度は旭橋駅から眺めてみました。すると、セルラースタジアムが背後にデカデカと写っているではありませんか!おまけに朝ということで、光線状態も悪くありません。

IMG_2820.jpg
▲旭橋駅に到着する1105F

長居したい気持ちをぐっと抑え、1105Fの到着シーンを収めました。今回はこれで旭橋駅を離れましたが、次回はもう少し時間を設けて、撮影に再トライしたいところです。

IMG_2872.jpg
▲美栄橋~牧志にて(1116F)

沖縄滞在3日目も好天に恵まれました。この日は牧志駅周辺を舞台に、朝と夕方に分けて走行シーンを撮影します。まずは安里川の真横で1116Fを一枚、ISO感度を若干高めにして迎えうちました。

IMG_3007.jpg
▲牧志~美栄橋にて(1115Fかりゆし水族館)

最後は日没寸前の時間帯に、朝とほぼ同じ場所で別アングルから撮影しました。那覇空港行きの1115Fを収めた直後・・・。

IMG_3008.jpg
▲美栄橋~牧志にて(2編成すれ違い)

てだこ浦西行きが、立て続けにやってきました。目の前で2編成がすれ違うシーンを、夕焼け空をバックに撮影します。

これにて、3日かけて行ったゆいレールの撮影を終えました。沿線環境が一通り分かったところで、撮影地に関してもある程度、把握できたと思います。次回沖縄に行くときは、これまで目星をつけてきた場所に出向き、様々な角度から撮影・動画収録に挑戦するつもりです。

撮影日:2020年9月

関連記事
鉄道

Comment